リップヴァンウィンクルの花嫁の作品情報・感想・評価

リップヴァンウィンクルの花嫁2016年製作の映画)

上映日:2016年03月26日

製作国:

上映時間:180分

3.9

あらすじ

舞台は東京。派遣教員の皆川七海(黒木)はSNS で知り合った鉄也と結婚するが、結婚式の代理出席をなんでも屋の安室(綾野)に依頼する。新婚早々、鉄也の浮気が発覚すると、義母・カヤ子から逆に浮気の罪をかぶせられ、家を追い出される。苦境に立たされた七海に安室は奇妙なバイトを次々斡旋する。最初はあの代理出席のバイト。次は月100万円も稼げる住み込みのメイドだった。破天荒で自由なメイド仲間の里中真白(Co…

舞台は東京。派遣教員の皆川七海(黒木)はSNS で知り合った鉄也と結婚するが、結婚式の代理出席をなんでも屋の安室(綾野)に依頼する。新婚早々、鉄也の浮気が発覚すると、義母・カヤ子から逆に浮気の罪をかぶせられ、家を追い出される。苦境に立たされた七海に安室は奇妙なバイトを次々斡旋する。最初はあの代理出席のバイト。次は月100万円も稼げる住み込みのメイドだった。破天荒で自由なメイド仲間の里中真白(Cocco)に七海は好感を持つ。真白は体調が優れず、日に日に痩せていくが、仕事への情熱と浪費癖は衰えない。ある日、真白はウェディングドレスを買いたいと言い出す。

「リップヴァンウィンクルの花嫁」に投稿された感想・評価

linaa

linaaの感想・評価

4.5
フィルムっぽい写し方がとても素敵。
華ちゃんかわいい。
tmck

tmckの感想・評価

3.9
女性の幸せ。

綾野剛が掴めない。
Hal

Halの感想・評価

4.4
黒木華やっぱりおとなしい人がハマっていて素晴らしい。
えみ

えみの感想・評価

4.1
観終わって、どっと疲れた…。
あまりにも物語に引き込まれて、集中してたみたい…。
凄く見応えあり。
でも感想を述べるのが難しい…。んー、現実と非現実が混合してて、人も家も町並みも不安定で全てが儚く見える。
静かだけど、心の奥底を揺さぶられる感覚を抱えながらずっと見てた。
びぃ

びぃの感想・評価

3.0
現代ってかんじ!
hachi

hachiの感想・評価

4.7
ずっと"結婚式"をあげる意味がわかりませんでした。みんな籍を入れたら当たり前のように結婚式を挙げて、純白のドレスを身に纏ってあたかもそれが幸せの象徴です、私は女の幸せを手に入れました、てなんの疑いもなく受け入れちゃってて。なんかそういうの気持ち悪い、とかひん曲がった性格をしてたんですけど。

やっと意味がわかったような気がします。別に挙げたければ挙げればいいし、したくなかったらしなくていいんだと。画面上の彼女たちはそれはそれは幸せそうで、というかさいっこうに楽しそうで。あー、結婚式も悪くないななんて思っちゃいました。
きっと私は当たり前を当たり前に受け入れちゃわないぞ、他とは違う自分みたいなのを演出したかっただけで。色々と内省させられました。

全然映画の趣旨とはたぶん違う感想ですが、やはり岩井俊二監督は最高ということです。
岩井俊二監督映画すき!すごく不安定な中で主人公が生きていく様子とか、だんだん強くなっていく様子が素敵だった。ヒリヒリした!

このレビューはネタバレを含みます

特に脚本は緻密でめっちゃ丁寧に作られた映画だなぁという印象。
だからこそ3時間という長さを感じなかった。
リップヴァンウィンクルよりも主人公の名前に示されているように宮沢賢治(銀河鉄道の夜)が下敷きになっている感はすごくあった。
ラストのcoccoの「幸せすぎる」セリフと綾野剛らが号泣しながら裸になる無礼講シーンは涙なしに観ることはできない。
skitties

skittiesの感想・評価

3.5
ありえないストーリー展開で、コロコロと展開が変わっていき、ファンタジーのような、なんとも不思議な感覚の独特な映画。
3時間があっという間。

七海が周りに流されがちなお人好しすぎて若干イライラするも、なぜか憎めない。
真白は儚げで魅力的なキャラクター。
真白との出会いを通じて、七海は、もう流されずに生きていけるようになったんだなと最後の表情から感じた。

真白と母親の再開のシーンで、母親が娘を理解しようとする姿に感動。
RYO

RYOの感想・評価

3.5
人と人の繋がりとは何なのか考えさせられる内容だった。花嫁姿での2人ドライブのシーン良かったなぁ。
>|