リップヴァンウィンクルの花嫁の作品情報・感想・評価

リップヴァンウィンクルの花嫁2016年製作の映画)

上映日:2016年03月26日

製作国:

上映時間:180分

3.9

あらすじ

舞台は東京。派遣教員の皆川七海(黒木)はSNS で知り合った鉄也と結婚するが、結婚式の代理出席をなんでも屋の安室(綾野)に依頼する。新婚早々、鉄也の浮気が発覚すると、義母・カヤ子から逆に浮気の罪をかぶせられ、家を追い出される。苦境に立たされた七海に安室は奇妙なバイトを次々斡旋する。最初はあの代理出席のバイト。次は月100万円も稼げる住み込みのメイドだった。破天荒で自由なメイド仲間の里中真白(Co…

舞台は東京。派遣教員の皆川七海(黒木)はSNS で知り合った鉄也と結婚するが、結婚式の代理出席をなんでも屋の安室(綾野)に依頼する。新婚早々、鉄也の浮気が発覚すると、義母・カヤ子から逆に浮気の罪をかぶせられ、家を追い出される。苦境に立たされた七海に安室は奇妙なバイトを次々斡旋する。最初はあの代理出席のバイト。次は月100万円も稼げる住み込みのメイドだった。破天荒で自由なメイド仲間の里中真白(Cocco)に七海は好感を持つ。真白は体調が優れず、日に日に痩せていくが、仕事への情熱と浪費癖は衰えない。ある日、真白はウェディングドレスを買いたいと言い出す。

「リップヴァンウィンクルの花嫁」に投稿された感想・評価

linaa

linaaの感想・評価

4.5
フィルムっぽい写し方がとても素敵。
華ちゃんかわいい。
黒木華とCoccoが出ているだけでもみる価値のある映画だった。
koba

kobaの感想・評価

3.8
あれ?これ映画だったんだ。
Netflixでドラマとして6話構成で見ました。

黒木華ってあまりよく知らなかったけど、演技が素晴らしかった。
素でそういう人なのかと思うほど自然な演技で、終始感心してました。

そしてCOCCOの曲が素晴らしい。
劇中の音楽もピアノを基調とした曲が多かったように思えるが、映像と合っていて心地よかった。

泣けるシーンはいくつかあった。
本当の家族愛とは?と考えさせられる。

さらに、目の前に見えている現実と虚構について。何が本物なのだろうか。目の前に見えているものが偽物でも、みんなが幸せであれば(少なくともそう見える)それでいいのかもしれない。
嘘から始まる愛、友情。そういうのもアリなのだろう。

綾野剛に狙いがあるようで、無いような、、、よく分からなかった。
少なくとも前半では狙いがあるような風に見えたが、、、結局よく分からず。

とか、よく分からない点は残ったが、、、映画としてい見てみたかった、、、気もする。
々

々の感想・評価

3.2
映像美
現代版不思議の国のアリス。
黒木華が素朴ないい表情を時々みせてくれるんだよ。
3時間見ても飽きない。この後どうなるのか気になって。もっとこの世界にいたいと思いました。
岩井俊二、最高!
わたし誰よりも幸せの限界がくるのがはやいの
tora

toraの感想・評価

3.7
文学みたいな、説明されない余白のある映画。
観ている人の、思考とか気持ちとかを置くスペースがあるっていうのかなー。

それぞれ登場人物に 名前がいくつもあってそれが示唆する所が何かと思いながら観るのがまた文学っぽいかも。

ステレオタイプみたいな堅牢な価値観の中身が実はスカスカで、あっという間に足場が崩れ去る。
これまでの価値観とは似ても似つかないものを持つ人達の生き様が、色々考えさせられる。
良いとか悪いとか、敵とか味方とか、正しいとか間違ってるとか、そーいうのじゃないんだよね。

世界観が独特で、よく練られた話だなーという印象!

観ていて、ノルウェイの森を思い出した。
あっちとこっちを行き来するみたいな。

静謐で、ちょっと壊れてて、不思議な魅力を持つ、また観たくなる映画!
hach

hachの感想・評価

-
最高の百合。高い演出力に圧倒される映像美。
えんや

えんやの感想・評価

3.5
歌ってるシーンいいね
>|