リップヴァンウィンクルの花嫁の作品情報・感想・評価

リップヴァンウィンクルの花嫁2016年製作の映画)

上映日:2016年03月26日

製作国:

上映時間:180分

3.9

あらすじ

「リップヴァンウィンクルの花嫁」に投稿された感想・評価

linaa

linaaの感想・評価

4.5
フィルムっぽい写し方がとても素敵。
華ちゃんかわいい。
みつこ

みつこの感想・評価

3.8
長かったけど飽きなかった。

見終わった後に前半のストーリーを思い出すと、あぁそんなこともあったなぁと思ったのだけど、人生ってまさにそんな感じだなぁと。たった今起こった出来事もいつかは過去の話になる。忘れたい過去はなかなか忘れられないけどいつかは笑い話になるし、忘れたくない過去はふと思い出して幸せになる。

披露宴後の帰り道が楽しそうで良かった。
楽しくて笑えるのがやっぱり幸せだなー。

主人公のおろおろしている感じを見てると自分を見てるようでイライラしてくる。
だからましろのざっくりした感じが凄くいいと思ったけど彼女の方が何倍も繊細で苦労してて。

タイトルの付け方が秀逸だなぁと思った。
risa

risaの感想・評価

4.7
儚く美しく悲しい映画。すごく好み。
まず黒木華のあの壊れそうな感じがとても良い。繊細で美しいからこそ際立つ綾野剛の胡散臭さもまた良い。
この映画、何が本当で何が嘘か分からないけど、この世界ってそんなもんだよね。
七海は真白に出会えて良かった。というか初めからこうなる事は決まっていたのかもしれない。
さすが岩井俊二監督です。
切ないけどなんだか前向き
Coccoもめちゃ良かった。
ピエロ

ピエロの感想・評価

3.7
不思議で不気味で序盤軽くいらいらするけどその結末が悪くなくてホッとした

1時間見終えて半分くらいきたかと思えばあと2時間続くと知ってうっかり笑った
この作品は、綺麗だけど真っ白じゃなく暗くて少し霞んだ白みたいな色遣いがなんとなく好き
撮り方も好きだけど言葉選びも繊細で 耳に残るんだよね

主人公のようなの声の高さで声が小さくてゆっくりな口調で話されたら多少イラつくよね、鈍感なのかなー
運が良いのか悪いのか周りに流され辿り着いた先で出会ったのが真白で良かったですね
それにしても真白のような考え方をもつ人間もいるのかな、と
『この世界は優しさで溢れすぎている』
『幸せの限界がくるのが早いんだ』
って
そうすると幸せの基準が違うと世界の見え方も全然違うんだろうな
ちょっと見てみたいな

綾野剛の演技がすごく自然だった

でもあんなお屋敷に1人はやだなぁ~と

浮気調査があるのは知ってるけど
別れさせ屋とか披露宴代理出席サービス、葬式で親族を演じる人とかすごくありそうで怖い
無理に解釈しようとすればできなくなくもないが、それをするのもダルいような無駄に長い映画だった。見るんじゃなかった。

黒木華が苦手。こんな話し方でこんな女近くにいたらイラ付いて仕方ないわ。これがトラウマになって今後彼女の作品見れそうもない…
doko

dokoの感想・評価

3.7
人をイラつかせる才能を持った女の話
良く言って純粋、悪く言って鈍感。初めは主人公の会話の間とか、雰囲気とか表情がゆっくりで、相手との会話がテンポよく進まない感じがイラついた。全体的に、何となく流されるように生きているけど、行き着く場所とか、そこで出会う人は運命なのか運なのか、、、巡り合わせってすごいよなあと改めて考えました。あと、幸せの基準 という言葉が耳に残った。人によって目で見えるものが少しづつ違うように、感じ方も違くて、基準の違いで世界は違ってみえるのかなと思った。長めで、ゆっくりな映画だからこそ、当たり前におこる奇跡だったり幸せだったりを考える機会がおおかった
ても

てもの感想・評価

2.4
綾野剛の絶妙な胡散臭さが無ければ、この長尺は観ていられなかった。
長くて途中つまらないと思った。
綾野剛が演技が上手いのではと思うに至った映画
>|