リップヴァンウィンクルの花嫁の作品情報・感想・評価

リップヴァンウィンクルの花嫁2016年製作の映画)

上映日:2016年03月26日

製作国:

上映時間:180分

3.9

あらすじ

舞台は東京。派遣教員の皆川七海(黒木)はSNS で知り合った鉄也と結婚するが、結婚式の代理出席をなんでも屋の安室(綾野)に依頼する。新婚早々、鉄也の浮気が発覚すると、義母・カヤ子から逆に浮気の罪をかぶせられ、家を追い出される。苦境に立たされた七海に安室は奇妙なバイトを次々斡旋する。最初はあの代理出席のバイト。次は月100万円も稼げる住み込みのメイドだった。破天荒で自由なメイド仲間の里中真白(Co…

舞台は東京。派遣教員の皆川七海(黒木)はSNS で知り合った鉄也と結婚するが、結婚式の代理出席をなんでも屋の安室(綾野)に依頼する。新婚早々、鉄也の浮気が発覚すると、義母・カヤ子から逆に浮気の罪をかぶせられ、家を追い出される。苦境に立たされた七海に安室は奇妙なバイトを次々斡旋する。最初はあの代理出席のバイト。次は月100万円も稼げる住み込みのメイドだった。破天荒で自由なメイド仲間の里中真白(Cocco)に七海は好感を持つ。真白は体調が優れず、日に日に痩せていくが、仕事への情熱と浪費癖は衰えない。ある日、真白はウェディングドレスを買いたいと言い出す。

「リップヴァンウィンクルの花嫁」に投稿された感想・評価

linaa

linaaの感想・評価

4.5
フィルムっぽい写し方がとても素敵。
華ちゃんかわいい。
marica

maricaの感想・評価

3.0
まさか泣くとは思わなかったが、3回泣いた。真白が少女の顔に戻りウェディングドレスの店の前で足を止め、七海を誘って2人でふざけて試着をするところ。ウェディングドレスを着た2人は、驚くほどに神聖だった。2つめは、真白の死を目の当たりにした七海が、あの七海が感情をむき出しにするシーン。そして真白の母が全裸になるシーン。単なる酒浸りの薄情な母親なんかではない、むしろ誰よりも娘を愛する母親だった。G線上のアリアも良い感じ。
arisa

arisaの感想・評価

3.8
黒木華の魅力が詰まった作品
はな

はなの感想・評価

-
物語の起承転結が明確でストーリー性がある、というよりも、当代の社会や人そのものを描き出しているイメージがつよい、岩井俊二。

黒木華の泣き姿が魅力的なのはどうしてなのだろうか。
ズシミ

ズシミの感想・評価

4.8
インターネットでのコミュニケーションと現実世界…リリイシュシュ…となりながら。

とにかくCocco演じるマシロさんが魅力的。無自覚に周りの人を狂わせる全性別向けファムファタールって感じがしました。
それでいてとても綺麗な人。

ストーリーは「大人の不思議の国のアリス」と称されている通りなので省略。
視聴者は黒木華の自立心のなさに嫌な少女性を感じるも、翻弄され、共に「大人」とならざるを得ない境遇に立ち向かう。

「大人」になるってどんなことだろう?と思う人には沢山あるうちの一つの解となるであろう作品なので、ぜひ見て欲しい。
metamegane

metameganeの感想・評価

3.9
バーチャルで出会う表層的な人間関係、「映え」のためにお金が動く世界、暗示的な危うさが生々しく描かれる。
SNS普及以降の結婚式って、撮影どうぞ的な茶番が増えててゲロ吐きそうになる。
ハルコ

ハルコの感想・評価

3.5
不幸めな話だけど、画的に好き
佳子

佳子の感想・評価

3.0
黒木華の透明感。蒼井優といい、伊藤歩といい、こういう役者が好きなんだろうなぁ。コッコ病んでる人の役がはまりすぎる。騙され流される主人公にイライラしてしまって、好きになれなかった。
独特な世界観!
個人的には綾野剛のキャラクターが好きでした。
>|