リップヴァンウィンクルの花嫁(2016年製作の映画)

上映日:2016年03月26日

製作国:
  • 日本
  • / 上映時間:180分
    監督
    岩井俊二
    脚本
    岩井俊二
    原作
    岩井俊二
    キャスト
    黒木華
    綾野剛
    Cocco
    原日出子
    地曵豪
    毬谷友子
    和田聰宏
    佐生有語
    夏目ナナ
    金田明夫
    りりィ
    紀里谷和明
    野田洋次郎
    野間口徹
    桜井美南
    あらすじ
    舞台は東京。派遣教員の皆川七海(黒木)はSNS で知り合った鉄也と結婚するが、結婚式の代理出席をなんでも屋の安室(綾野)に依頼する。新婚早々、鉄也の浮気が発覚すると、義母・カヤ子から逆に浮気の罪をかぶせられ、家を追い出される。苦境に立たされた七海に安室は奇妙なバイトを次々斡旋する。最初はあの代理出席のバイト。次は月100万円も稼げる住み込みのメイドだった。破天荒で自由なメイド仲間の里中真白(Cocco)に七海は好感を持つ。真白は体調が優れず、日に日に痩せていくが、仕事への情熱と浪費癖は衰えない。ある日、真白はウェディングドレスを買いたいと言い出す。

    「リップヴァンウィンクルの花嫁」に投稿された感想・レビュー

    踊る猫
    踊る猫の感想・レビュー
    2017/02/25
    4.1
    「おっ! ラース・フォン・トリアー!?」と思わせる管弦楽器とスローモーションの結びつき、並びにせっかちなカメラワークは美しい。しかし、スマホの導入(それは撮影の媒体としても登場するので、これ自体は極めて野心的な試みだと思うが)や SNS での出会い、代理出席等など「リアル」な素材を用いながらファンタジックで激甘な「アンリアル」を描き出すところでジレンマに陥っているように思われる。言うなれば二本の映画(前半は主人公の離婚という悲劇、後半は許されざる結婚というロマンス)を繋いだかのような違和感が段々拭い去れなくなって結果的にこの点数になった。前半のスリルが見事だっただけに惜しまれる。悪意があるのかないんだか分からないキャラクター(アムロ)の行動もその「無理矢理」っぽさに色を加えているかのような……ただどっしりした安定感は流石としか言いようがない。これこそが岩井俊二作品の持ち味なのだと言われればそれまでなのだけれど……。
    まつ
    まつの感想・レビュー
    8時間
    4.2
    岩井俊二作品に自分が抱くイメージが形になっていたような作品

    現代における人間関係は、パーソナルな情報が嘘やニセモノでも成り立つ。
    しかし、そこに生まれる幸せが嘘やニセモノと言われたら、そうでもないのかもしれない。
    HIRO
    HIROの感想・レビュー
    9時間
    3.9
    リップヴァンウィンクとはアメリカの小説だが
    英語に置き換えれば『時代遅れの人』『眠ってばかりいる人』
    小説との関連性があまりなかったように個人的に思いました。

    (ネットで買い物するみたいにあっさり彼氏を選んだ)面白い表現でした。
    主人公は内気な性格でSNSで出会った彼と結婚
    今時のSNSでしか本音を言えないどこにでもいるような女子
    職業は安定しない臨時教師。
    そんな彼女に何でも屋と近く綾野剛
    結局綾野剛は何をしたかったのか彼女を不幸にしたり幸せにしたり。
    でも本当に綾野剛はいい役するな。顔だけじゃないとつくづく思った。
    黒木華とCoccoのベットでのシーンなんてセリフも絵も綺麗だった。
    が50過ぎのロン毛のおっさんが撮ったと思うと吹いてしまた。
    まぁそれでもいい。よかった。美しい。
    Coccoの笑顔が可愛すぎる。
    tama
    tamaの感想・レビュー
    9時間
    4.1
    岩井監督の中で少年はリリィ・シュシュで少女はリップヴァンで七海はこの世界を泳ぐが、その先を感じなかったのは何故だろう。
    自分と役という関係性のテーマでいうと紀子の食卓を越えず。
    yuki
    yukiの感想・レビュー
    9時間
    3.5
    記録
    Riiyu
    Riiyuの感想・レビュー
    9時間
    4.1
    記録
    よこみ
    よこみの感想・レビュー
    10時間
    4.0
    グッと引き込まれた。良い。
    stm
    stmの感想・レビュー
    13時間
    3.0
    綾野剛の演技が秀逸‼号泣するシーンも嘘泣き?と思うほど闇を抱えて掴めない役柄を演じきってる号泣するシーンはそれぞれの演技が素晴らしかった
    Naoka
    Naokaの感想・レビュー
    15時間
    4.1

    このレビューはネタバレを含みます

    終盤のウェディングドレスシーン、好きな映画シーン100リストに追加しました( ´ ▽ ` )ノそして、「友達とウェディングドレスを買って、来たまんまピカピカの車に乗って帰る」を、死ぬまでにやりたい100のことリストに追加〜

    このシーンの最後に、真白が七瀬に話すことがすごく好き。


    「私にはね、幸せの限界があるの。もうこれ以上無理〜っていう限界。で、そこらの誰よりその限界がくるのが早いの。ありんこより早いんだ、それ。限界がね。

    だってさ、

    この世界はさ、本当は幸せだらけなんだよ。みんながよくしてくれるんだ。

    宅配便の親父はさ、私がここっていったところまで重たい荷物を運んでくれるしさ、雨の日に、知らない人が傘くれたこともあったよ。

    でもさ、
    そんな簡単に幸せが手に入ったら、私壊れるから。

    だから、せめてお金払って買うのが楽。
    お金ってさ、多分そのためにあるんだよ、きっと。

    人の真心とかさ、優しさとかがさ、あんまりそんな、はっきりこっきり見えちゃったらさ、きっと、だってもうありがたくてありがたくてさ、みんな壊れちゃうよ。だからさ、それみんなお金に置き換えてさ、そんなの見なかったことにするんだよ。

    だから、優しいんだよ。
    この世界はさぁ。だから私は、お金払って買うんだ。お金払って買うの。だってもう限界なんだもん。」
    nao
    naoの感想・レビュー
    15時間
    3.4
    なんだかツラくて怖くて不思議な映画。
    何が本当で何が嘘で…ってわからなくなる。
    ベタが2匹。有毒の生き物。それと粗大ゴミ。全部意味ある感じだった。自分の中ではまだ拾いきれてないけれど…
    岩井俊二作品らしく静けさと光の使い方が素敵でした。
    >|