リップヴァンウィンクルの花嫁の作品情報・感想・評価

リップヴァンウィンクルの花嫁2016年製作の映画)

上映日:2016年03月26日

製作国:

上映時間:180分

3.9

あらすじ

舞台は東京。派遣教員の皆川七海(黒木)はSNS で知り合った鉄也と結婚するが、結婚式の代理出席をなんでも屋の安室(綾野)に依頼する。新婚早々、鉄也の浮気が発覚すると、義母・カヤ子から逆に浮気の罪をかぶせられ、家を追い出される。苦境に立たされた七海に安室は奇妙なバイトを次々斡旋する。最初はあの代理出席のバイト。次は月100万円も稼げる住み込みのメイドだった。破天荒で自由なメイド仲間の里中真白(Co…

舞台は東京。派遣教員の皆川七海(黒木)はSNS で知り合った鉄也と結婚するが、結婚式の代理出席をなんでも屋の安室(綾野)に依頼する。新婚早々、鉄也の浮気が発覚すると、義母・カヤ子から逆に浮気の罪をかぶせられ、家を追い出される。苦境に立たされた七海に安室は奇妙なバイトを次々斡旋する。最初はあの代理出席のバイト。次は月100万円も稼げる住み込みのメイドだった。破天荒で自由なメイド仲間の里中真白(Cocco)に七海は好感を持つ。真白は体調が優れず、日に日に痩せていくが、仕事への情熱と浪費癖は衰えない。ある日、真白はウェディングドレスを買いたいと言い出す。

「リップヴァンウィンクルの花嫁」に投稿された感想・評価

踊る猫

踊る猫の感想・評価

4.1
「おっ! ラース・フォン・トリアー!?」と思わせる管弦楽器とスローモーションの結びつき、並びにせっかちなカメラワークは美しい。しかし、スマホの導入(それは撮影の媒体としても登場するので、これ自体は極めて野心的な試みだと思うが)や SNS での出会い、代理出席等など「リアル」な素材を用いながらファンタジックで激甘な「アンリアル」を描き出すところでジレンマに陥っているように思われる。言うなれば二本の映画(前半は主人公の離婚という悲劇、後半は許されざる結婚というロマンス)を繋いだかのような違和感が段々拭い去れなくなって結果的にこの点数になった。前半のスリルが見事だっただけに惜しまれる。悪意があるのかないんだか分からないキャラクター(アムロ)の行動もその「無理矢理」っぽさに色を加えているかのような……ただどっしりした安定感は流石としか言いようがない。これこそが岩井俊二作品の持ち味なのだと言われればそれまでなのだけれど……。
椿

椿の感想・評価

-
現実というか、どれだけ理不尽なことが起こっても日常は続いていくという現実。回想みたいなものは一切なくて淡々と日常を描いているようなのにその日常は鮮やかで美しいものになっていく。雰囲気もすごく好きで3時間もあったのにずっと美しい映像とピアノの音で最高でした。
よぬ

よぬの感想・評価

4.0
西郷どんを見て黒木華さんが好きになったらしい母チョイスでレンタルしました。
起承転結がはっきりしてないと嫌な方は苦手かもしれませんが、私はこの雰囲気嫌いじゃなかったです。周りから幸せだと思われている事より、自分で幸せだと感じることが大事だなぁと考えさせられました。黒木華さんももちろんですが、綾野剛の掴み所のなさすぎる演技が素晴らしかったです。
ナツ

ナツの感想・評価

3.9

皆さんのレビューを読んでびっくり、この作品180分もあったんですね(笑)

じんわりと黒木華ワールドに浸っていたら気付けば終わっていました。

花とアリスの蒼井優を見た時のような衝撃でした。華さん、岩井俊二作品のために存在しているのではと感じるほど空気感がぴったりです。
こんな私にさえ世界は優しすぎるから、その代償を払わなくては正気を保てない。

大きな大きな代償を、一生かけて払い償い生きていく。



ねぇ、信じられたなら、心から信じたのなら、嘘だって真実になるよ。

だからあなたは仲間で、だからあなたは恋人で、だからあなたは頼れる人で、だからあなたは家族で、だからあなたは友人で、だからあなたは…
yuuna

yuunaの感想・評価

3.1
snsと人間のつながりに恐ろしさを感じた。ものすごく、重い。見終えたいま心が苦しい
人間の怖さと優しさ
tmck

tmckの感想・評価

3.8
女性の幸せ。

綾野剛が掴めない。
Hal

Halの感想・評価

4.4
黒木華やっぱりおとなしい人がハマっていて素晴らしい。
えみ

えみの感想・評価

4.1
観終わって、どっと疲れた…。
あまりにも物語に引き込まれて、集中してたみたい…。
凄く見応えあり。
でも感想を述べるのが難しい…。んー、現実と非現実が混合してて、人も家も町並みも不安定で全てが儚く見える。
静かだけど、心の奥底を揺さぶられる感覚を抱えながらずっと見てた。
>|