リップヴァンウィンクルの花嫁の作品情報・感想・評価

リップヴァンウィンクルの花嫁2016年製作の映画)

上映日:2016年03月26日

製作国:

上映時間:180分

3.9

あらすじ

舞台は東京。派遣教員の皆川七海(黒木)はSNS で知り合った鉄也と結婚するが、結婚式の代理出席をなんでも屋の安室(綾野)に依頼する。新婚早々、鉄也の浮気が発覚すると、義母・カヤ子から逆に浮気の罪をかぶせられ、家を追い出される。苦境に立たされた七海に安室は奇妙なバイトを次々斡旋する。最初はあの代理出席のバイト。次は月100万円も稼げる住み込みのメイドだった。破天荒で自由なメイド仲間の里中真白(Co…

舞台は東京。派遣教員の皆川七海(黒木)はSNS で知り合った鉄也と結婚するが、結婚式の代理出席をなんでも屋の安室(綾野)に依頼する。新婚早々、鉄也の浮気が発覚すると、義母・カヤ子から逆に浮気の罪をかぶせられ、家を追い出される。苦境に立たされた七海に安室は奇妙なバイトを次々斡旋する。最初はあの代理出席のバイト。次は月100万円も稼げる住み込みのメイドだった。破天荒で自由なメイド仲間の里中真白(Cocco)に七海は好感を持つ。真白は体調が優れず、日に日に痩せていくが、仕事への情熱と浪費癖は衰えない。ある日、真白はウェディングドレスを買いたいと言い出す。

「リップヴァンウィンクルの花嫁」に投稿された感想・評価

踊る猫

踊る猫の感想・評価

4.1
「おっ! ラース・フォン・トリアー!?」と思わせる管弦楽器とスローモーションの結びつき、並びにせっかちなカメラワークは美しい。しかし、スマホの導入(それは撮影の媒体としても登場するので、これ自体は極めて野心的な試みだと思うが)や SNS での出会い、代理出席等など「リアル」な素材を用いながらファンタジックで激甘な「アンリアル」を描き出すところでジレンマに陥っているように思われる。言うなれば二本の映画(前半は主人公の離婚という悲劇、後半は許されざる結婚というロマンス)を繋いだかのような違和感が段々拭い去れなくなって結果的にこの点数になった。前半のスリルが見事だっただけに惜しまれる。悪意があるのかないんだか分からないキャラクター(アムロ)の行動もその「無理矢理」っぽさに色を加えているかのような……ただどっしりした安定感は流石としか言いようがない。これこそが岩井俊二作品の持ち味なのだと言われればそれまでなのだけれど……。
Yoshi

Yoshiの感想・評価

-
2017/09/23 WOWOW
モ

モの感想・評価

3.9
やっと見た、とっても面白かったけどましろと仲良くなる前までイライラしてしまった
綾野剛ってすごい
りん

りんの感想・評価

-
どんな映画だったのか、正直はっきり分からない。前半と後半で少し色が違った。でも一定の世界観はずっと存在していて、何だか分からないけど黒木華ちゃんに魅入ってしまう。エンドロールが終わっても、不思議な余韻が残っている。

このレビューはネタバレを含みます

この子はだまされている、きっとどこかで痛い目に遭う、と思っていたけれどそんなことはなく、それはきっと岩井俊二の優しさなのだろう。
甘く、弱く、そこそこ優しい人びとへ。
安室さんがどういう人なのか最後までわからなかった。すべての行動がうさんくさいけど被害を与えることはなく、誰かのためというわけでもない。この人だけ、ヒトではないような。海辺のカフカのカーネルサンダースのようなものだろうか・・・
途中のカメラワーク、酔う

このレビューはネタバレを含みます

なんどか怖っって思った
流れていく映像や音楽が美しいな

長いけど飽きなかった
ニモ

ニモの感想・評価

3.8
自然体で、美しい世界観。
日常では無い事象ばかりだけど、多分 皆が考えたことがある幸せの定義。
体裁に流されている自身や世界の価値に疑問を投げ掛け。見ないようにしている事を考える機会になる映画。


綺麗。
clarice

clariceの感想・評価

3.6
主人公の七海は愛情が深い人物だ。目の前にあるものに惜しみなく愛情を注ぐ。しかしそれは受け取る側の器次第で、価値が変わってしまう。
母の愛情で器が十分満たされていたマザコン夫にとっては取るに足らないものだった。愛情を受け取る器すら持たない安室にとっては付け入る隙でしかなかった。小さくて空っぽの器を持つ真白にとっては、まるでまたたびのような効果があった。
消費され堕ちていった七海だが、最後の表情は柔らかい。消費されたはずの愛情や優しさは、彼女からは少しも減っていないのだ。
序盤は、しっかり地に足をつけていないといとも容易く騙されるんだという教訓的に見ていたが、最後になって、騙されることに怯えて堅くなるのではなく、騙されても陥れられても平気な人間であることの方が大切だと言われている気がした。
>|