リップヴァンウィンクルの花嫁(2016年製作の映画)

上映日:2016年03月26日

製作国:
  • 日本
  • / 上映時間:180分
    監督
    岩井俊二
    脚本
    岩井俊二
    原作
    岩井俊二
    キャスト
    黒木華
    綾野剛
    Cocco
    原日出子
    地曵豪
    毬谷友子
    和田聰宏
    佐生有語
    夏目ナナ
    金田明夫
    りりィ
    紀里谷和明
    野田洋次郎
    野間口徹
    桜井美南
    あらすじ
    舞台は東京。派遣教員の皆川七海(黒木)はSNS で知り合った鉄也と結婚するが、結婚式の代理出席をなんでも屋の安室(綾野)に依頼する。新婚早々、鉄也の浮気が発覚すると、義母・カヤ子から逆に浮気の罪をかぶせられ、家を追い出される。苦境に立たされた七海に安室は奇妙なバイトを次々斡旋する。最初はあの代理出席のバイト。次は月100万円も稼げる住み込みのメイドだった。破天荒で自由なメイド仲間の里中真白(Cocco)に七海は好感を持つ。真白は体調が優れず、日に日に痩せていくが、仕事への情熱と浪費癖は衰えない。ある日、真白はウェディングドレスを買いたいと言い出す。

    「リップヴァンウィンクルの花嫁」に投稿された感想・評価

    踊る猫
    4.1
    「おっ! ラース・フォン・トリアー!?」と思わせる管弦楽器とスローモーションの結びつき、並びにせっかちなカメラワークは美しい。しかし、スマホの導入(それは撮影の媒体としても登場するので、これ自体は極めて野心的な試みだと思うが)や SNS での出会い、代理出席等など「リアル」な素材を用いながらファンタジックで激甘な「アンリアル」を描き出すところでジレンマに陥っているように思われる。言うなれば二本の映画(前半は主人公の離婚という悲劇、後半は許されざる結婚というロマンス)を繋いだかのような違和感が段々拭い去れなくなって結果的にこの点数になった。前半のスリルが見事だっただけに惜しまれる。悪意があるのかないんだか分からないキャラクター(アムロ)の行動もその「無理矢理」っぽさに色を加えているかのような……ただどっしりした安定感は流石としか言いようがない。これこそが岩井俊二作品の持ち味なのだと言われればそれまでなのだけれど……。
    ましろさんのいろんな言葉が頭に残って考えさせられる。なんでも屋さんの存在にどんな意味があったのか、、シーンごとの空気感とか雰囲気とか光の色合いとかのカメラの動きとかはさすが岩井俊二さんの個性が溢れていました。とても良かった!
    めいと
    3.3
    いつになったら理解できるのかな。
    山本
    3.7
    不幸萌え属性がある人ならとても、ない人でもかなり楽しめる。綾野剛の胡散臭さがたまらなくよい。主人公の、毎日を必死に生きていこうとする感じ、泣ける。結婚式の友人代行バイトで擬似家族を作るあたりから、主人公が「コレジャナイ」世界に突入し始めていくのがわかる。
    あまりにいい映画だったのでパンフレットを購入した。宮台真司の批評がとても納得いった。cocco演じる"女優"は、世界の無償の優しさ(贈与)に耐えられない。コンビニみたいに、サービスに対価を払うのなら納得できる。けれども実際には人は損得抜きに人を助ける。その世界で生きるのに耐えられない、というのだ。これはいろいろ考えさせられた。
    ハヤテ
    4.8
    雰囲気がとても好きな映画です。
    多様化する社会、人との繋がりを感じる事が簡単な様で難しくなった日常の中で流されながらも強く生きる黒木華。
    長いけど退屈しません。
    理想と現実、物語の明るさのバランスが絶妙で観ていて心地よかった。
    P
    3.6
    なんて不思議な感覚な映画!

    180分の壁があって
    なかなか踏み出せんかったけど、
    見て良かった!

    黒木華も綾野剛もCoccoも
    すごい自然すぎて😳
    Coccoほんますごい!
    演技なん?て感じ!!

    最初から次々に
    いろんなことがあって
    辛さもいっぱいあるのに
    黒木華がどんどんキラキラしてって
    すっきりリセットされた感!
    なんなんやろこの最後の爽やかな気持ち!
    とりあえず言葉にするのは
    難しすぎる(。-∀-)

    見たいけど180分がなー
    って思ってる人がいるなら
    見てみてほしい👌
    静かながらも見入れる作品!!
    96
    -
    観た。
    nananan
    3.8
    やりとりが本当に自然
    奇妙さと、儚さと、孤独と、愛と、いろんな感情がドカンとやってくる。
    人間の醜さ、弱さ、
    うまく言葉にできないけど、見いってしまった。
    >|