リップヴァンウィンクルの花嫁の作品情報・感想・評価

リップヴァンウィンクルの花嫁2016年製作の映画)

上映日:2016年03月26日

製作国:

上映時間:180分

3.9

あらすじ

舞台は東京。派遣教員の皆川七海(黒木)はSNS で知り合った鉄也と結婚するが、結婚式の代理出席をなんでも屋の安室(綾野)に依頼する。新婚早々、鉄也の浮気が発覚すると、義母・カヤ子から逆に浮気の罪をかぶせられ、家を追い出される。苦境に立たされた七海に安室は奇妙なバイトを次々斡旋する。最初はあの代理出席のバイト。次は月100万円も稼げる住み込みのメイドだった。破天荒で自由なメイド仲間の里中真白(Co…

舞台は東京。派遣教員の皆川七海(黒木)はSNS で知り合った鉄也と結婚するが、結婚式の代理出席をなんでも屋の安室(綾野)に依頼する。新婚早々、鉄也の浮気が発覚すると、義母・カヤ子から逆に浮気の罪をかぶせられ、家を追い出される。苦境に立たされた七海に安室は奇妙なバイトを次々斡旋する。最初はあの代理出席のバイト。次は月100万円も稼げる住み込みのメイドだった。破天荒で自由なメイド仲間の里中真白(Cocco)に七海は好感を持つ。真白は体調が優れず、日に日に痩せていくが、仕事への情熱と浪費癖は衰えない。ある日、真白はウェディングドレスを買いたいと言い出す。

「リップヴァンウィンクルの花嫁」に投稿された感想・評価

xy

xyの感想・評価

3.4

このレビューはネタバレを含みます


『あたしにはね、幸せの限界があるの。』

ましろちゃんは
つついてしまっただけで死んでしまいそうな、切なくて儚い子だと思いました。

『人の真心とか優しさが、そんなにはっきりくっきりみえちゃったら、人は有難くて有難くてみんな壊れちゃうよ。

だからみんなそんなのお金に置き換えて見なかったことにするんだよ。
だからあたしはお金払って買うんだ。』

そう言った彼女はきっと、ナナミにお金を払うことで愛することや愛されることを許せたんだろうな。
優しさだけを受け取ることは怖かったんだろうな。

世界はさ、本当は幸せだらけなんだよ

なんて言葉はどの映画にも出て来そうな気がするけれど、このセリフは彼女が言ったのだからまたその映画との意味は全く別物になるんだろうなと思います。

観終わってじわじわ満たされているような不思議な気持ちです。

黒木華ちゃんの泣いている演技や声がすごく素敵でした。

アムロは私は好きでしたし、もし何かがあった時嫌いになっても憎めはしないんだろうなと思えます。
つくし

つくしの感想・評価

4.3
非現実的なのに飲み込まれる
せがわ

せがわの感想・評価

5.0

このレビューはネタバレを含みます

前半は主人公にイライラしてしまった
旦那と信頼関係がないまま結婚したから、嘘をついたり偽物の親族を入れたり、最初は主人公が悪いんじゃ…てなってしまった

ホテルのシーンも綾野剛じゃなくて旦那に助けを求めてれば、罠にハマらずに浮気疑惑も晴れたかも…離婚とか浮気疑惑とかはちょっと主人公の対応が悪かったような…

後半はめちゃくちゃ面白い
映像も綺麗だし、雰囲気も素敵
メイド服姿もかわいくて主人公がどんどん可愛く見える
やっと真白さんと住むようになって幸せがやってきた
綾野剛も真白さんも魅力的

二人でウェディングドレス着て車に乗るシーンと寝転がってキスするシーンが好き
はな

はなの感想・評価

3.7
幸せの絶頂に達してそのまま死ねるなんて最高のオーガズムじゃないの〜
「何でもアリ」の世界が現実だと気付かされる。
Coccoの役がギラギラにチャーミングでとてもハマっていた
りー

りーの感想・評価

4.1
あっという間に終わってしまう映画の一つ
Mika

Mikaの感想・評価

3.7
野田洋次郎さんのピアノで
黒木華ちゃんが
『ぼくたちの失敗』を歌ってるシーンと、
ウェディングドレス姿でベッドに
2人で寝転んでるシーンが好き。
この切ない感じ◎

でも、3時間は長い。
い

いの感想・評価

4.0
大切な映画。大好き。
黒木華さんがハマり役すぎて〜〜〜
こんな人生の形もあるしほんとにいるんだと思う
生きてればいつかいいことがあるなんて考えるのは残酷だと思った

水槽に手を入れるシーンが印象的でした
yumi

yumiの感想・評価

4.1
⑅◡̈*
>|