リップヴァンウィンクルの花嫁の作品情報・感想・評価

リップヴァンウィンクルの花嫁2016年製作の映画)

上映日:2016年03月26日

製作国:

上映時間:180分

3.9

あらすじ

舞台は東京。派遣教員の皆川七海(黒木)はSNS で知り合った鉄也と結婚するが、結婚式の代理出席をなんでも屋の安室(綾野)に依頼する。新婚早々、鉄也の浮気が発覚すると、義母・カヤ子から逆に浮気の罪をかぶせられ、家を追い出される。苦境に立たされた七海に安室は奇妙なバイトを次々斡旋する。最初はあの代理出席のバイト。次は月100万円も稼げる住み込みのメイドだった。破天荒で自由なメイド仲間の里中真白(Co…

舞台は東京。派遣教員の皆川七海(黒木)はSNS で知り合った鉄也と結婚するが、結婚式の代理出席をなんでも屋の安室(綾野)に依頼する。新婚早々、鉄也の浮気が発覚すると、義母・カヤ子から逆に浮気の罪をかぶせられ、家を追い出される。苦境に立たされた七海に安室は奇妙なバイトを次々斡旋する。最初はあの代理出席のバイト。次は月100万円も稼げる住み込みのメイドだった。破天荒で自由なメイド仲間の里中真白(Cocco)に七海は好感を持つ。真白は体調が優れず、日に日に痩せていくが、仕事への情熱と浪費癖は衰えない。ある日、真白はウェディングドレスを買いたいと言い出す。

「リップヴァンウィンクルの花嫁」に投稿された感想・評価

xi

xiの感想・評価

3.4

このレビューはネタバレを含みます


『あたしにはね、幸せの限界があるの。』

ましろちゃんは
つついてしまっただけで死んでしまいそうな、切なくて儚い子だと思いました。

『人の真心とか優しさが、そんなにはっきりくっきりみえちゃったら、人は有難くて有難くてみんな壊れちゃうよ。

だからみんなそんなのお金に置き換えて見なかったことにするんだよ。
だからあたしはお金払って買うんだ。』

そう言った彼女はきっと、ナナミにお金を払うことで愛することや愛されることを許せたんだろうな。
優しさだけを受け取ることは怖かったんだろうな。

世界はさ、本当は幸せだらけなんだよ

なんて言葉はどの映画にも出て来そうな気がするけれど、このセリフは彼女が言ったのだからまたその映画との意味は全く別物になるんだろうなと思います。

観終わってじわじわ満たされているような不思議な気持ちです。

黒木華ちゃんの泣いている演技や声がすごく素敵でした。

アムロは私は好きでしたし、もし何かがあった時嫌いになっても憎めはしないんだろうなと思えます。
sunao

sunaoの感想・評価

3.5
coccoが出てきてから
もち

もちの感想・評価

3.7
やっと観た
Coccoじゃん、、、
TF

TFの感想・評価

4.7
ものすごいよかった
かなみ

かなみの感想・評価

3.8
最初は七海の意思のなさにもやもやするも多数の出来事を経由して成長していく様が良い。丸く収まるようで所々不可解な点があり、考察を深められるのも良い。視覚も聴覚も美しさを感じられる贅沢さよ。
しほ

しほの感想・評価

3.5
Coccoと黒木華、妙にしっくりきて良かった
灯

灯の感想・評価

3.0
ピアノやバイオリンの旋律が優しくて好きだった。

そっか。彼氏もタッチひとつで手にできる時代なんだ。なんか悲しいな。大切なものが落ちていく音が聞こえました。
なんかタッチしかしてないから、確信が持てなくて、疑っちゃう。ひとつ疑うと何も信じられなくなる。

ただ友達がほしい。
幸せが簡単に手に入るのが怖い。

簡単な感情に対して捻くれた態度を取ってしまう、もっと素直に生きたいと思うけど、それが難しい。

2人で踊ってるシーン、
最後、悲しくて寂しい気持ちを表に出せてしかも共有までできたシーンは素敵だった。
zak

zakの感想・評価

4.6
何やろ。(っていう書き出しも意味不明ですけど。笑)
自分的には近年観た邦画の中では間違いなく傑作!

180分の映画ですが、その長さは全く苦になりませんでしたね。
黒木華の声が妙に心地良くて、ずっと聞いていられるからかもしれません。
そして、黒木華は声が小さくて、生徒から舐められる教師とかメイドさんの役が毎度とても良く似合う。(笑)
でもダメな人は観てるだけでイライラしちゃうんだろうな〜。(イメージですけど、特に同性からね)

前半と、Coccoが出てきてからの後半では違う映画を観ているよう。もちろん伏線で繋がってはいますが。
体感的には映画2本、いや3本観たぐらいのボリュームに感じられました。(長さではなく、濃密なストーリーという意味合いで)

特にCocco演じる真白の言葉は、演じているんでしょうけど、彼女そのもののようでもあり、イチイチ響きました。
途中からの2人は演技なのか、素なのか、もはや分からない空気感を醸し出していて、非常にファンタジーな気分を味わっていました。

そして綾野剛の胡散臭い役柄も最後まで謎のままで、観終わった今も不思議な後味として残っています。
あとその綾野剛のやたらガンダムネタ押しもね。(笑)
役名が安室行舛(アムロいきます)とか、紹介したのがランバラルとか、やってるサービスがアズナブルとか。(笑)

ちょっと脱線しましたけど、この映画の魅力を語るのは非常に難しいです…。
まあ一つ言えるのは、黒木華演じる七海は、最初と最後では表情も声の出方も変わってきています。
それが果たして成長なのか再生なのか何なのかはハッキリ分かんないですけど、妙な後味の清々しさを物語っているように思えました…

個人的邦画オールタイムベスト級。
病みレベルがヤバすぎ、闇レベルも高すぎて、コッコの演技とかスタイルとかマジで神レベル!なんだろ、あーなんか私病んでるなーとか全然ありんこ。いやいやありえないだろってこと、意外と実際に起きてたりするから、ありえるんだろうなー。急に野田洋次郎とか。ってかあのピアノ伴奏カラオケ行きたい。もうなんか色々ダメだってなった時に。
記録

記録の感想・評価

4.2
3時間の長編だったけれど、片時も目を離したくないと思った
>|