リップヴァンウィンクルの花嫁の作品情報・感想・評価

  • Filmarksトップ
  • リップヴァンウィンクルの花嫁の作品情報・感想・評価

リップヴァンウィンクルの花嫁2016年製作の映画)

上映日:2016年03月26日

製作国:

上映時間:180分

3.9

あらすじ

舞台は東京。派遣教員の皆川七海(黒木)はSNS で知り合った鉄也と結婚するが、結婚式の代理出席をなんでも屋の安室(綾野)に依頼する。新婚早々、鉄也の浮気が発覚すると、義母・カヤ子から逆に浮気の罪をかぶせられ、家を追い出される。苦境に立たされた七海に安室は奇妙なバイトを次々斡旋する。最初はあの代理出席のバイト。次は月100万円も稼げる住み込みのメイドだった。破天荒で自由なメイド仲間の里中真白(Co…

舞台は東京。派遣教員の皆川七海(黒木)はSNS で知り合った鉄也と結婚するが、結婚式の代理出席をなんでも屋の安室(綾野)に依頼する。新婚早々、鉄也の浮気が発覚すると、義母・カヤ子から逆に浮気の罪をかぶせられ、家を追い出される。苦境に立たされた七海に安室は奇妙なバイトを次々斡旋する。最初はあの代理出席のバイト。次は月100万円も稼げる住み込みのメイドだった。破天荒で自由なメイド仲間の里中真白(Cocco)に七海は好感を持つ。真白は体調が優れず、日に日に痩せていくが、仕事への情熱と浪費癖は衰えない。ある日、真白はウェディングドレスを買いたいと言い出す。

「リップヴァンウィンクルの花嫁」に投稿された感想・評価

ちよめ

ちよめの感想・評価

4.0
去年の今頃、電車に乗って劇場までこの作品を観に行く元気がなかった自分を元気付けたい。
二人がベッドで話してるシーンが好き。
すごい
引き込まれた
moco

mocoの感想・評価

3.4
彼と映画館にて。レイトショーで見ました。映像が綺麗で少し難しいけれどじっくり考えてなるほど、、って感じです。終電をなくして、地下鉄烏丸線上を歩いて帰ったのがセットの思い出。
Yui

Yuiの感想・評価

4.5

このレビューはネタバレを含みます

ぬるぬるっと話が展開していく気持ち悪さと、3時間があっという間だった驚きと。

ウェディングドレス姿の二人がベットで語らうシーンと、母親のシーンが印象的だった。真白と七海のシーンぜんぶ好きだったかなあ。

あとは、安室の不気味さがずっとつきまとっていて怖かった。綾野剛凄いなあ。
松本

松本の感想・評価

-
「わたしこの涙のためならなんだってできる」って台詞が良かった
juneatkins

juneatkinsの感想・評価

4.0
最初はこんなアホな女性がいるんかいな!と家人と話しながら観てましたが、真白さんが出てきて話がどんどん展開し、引き込まれました。3時間の長編ですが長さを感じさせない。最後にやっとタイトルの意味がわかりました。バックに流れる音楽のセレクトがうまい。それにしても綾野剛くん、いい味でてます。
岩井俊二ワールド。
不思議と180分という長さを感じない。
ありそうでないような、ないようでありそうな世界を行き来する。
もどかしさも飲み込む浮遊感ある映画だった。
nanao

nanaoの感想・評価

3.4
一体いつから岩井監督作品をナナメから観ちゃう自分になっちゃったんだろう〜。
kentou

kentouの感想・評価

5.0
邦画のなかで一番好きな作品
>|