リップヴァンウィンクルの花嫁の作品情報・感想・評価

リップヴァンウィンクルの花嫁2016年製作の映画)

上映日:2016年03月26日

製作国:

上映時間:180分

3.9

あらすじ

舞台は東京。派遣教員の皆川七海(黒木)はSNS で知り合った鉄也と結婚するが、結婚式の代理出席をなんでも屋の安室(綾野)に依頼する。新婚早々、鉄也の浮気が発覚すると、義母・カヤ子から逆に浮気の罪をかぶせられ、家を追い出される。苦境に立たされた七海に安室は奇妙なバイトを次々斡旋する。最初はあの代理出席のバイト。次は月100万円も稼げる住み込みのメイドだった。破天荒で自由なメイド仲間の里中真白(Co…

舞台は東京。派遣教員の皆川七海(黒木)はSNS で知り合った鉄也と結婚するが、結婚式の代理出席をなんでも屋の安室(綾野)に依頼する。新婚早々、鉄也の浮気が発覚すると、義母・カヤ子から逆に浮気の罪をかぶせられ、家を追い出される。苦境に立たされた七海に安室は奇妙なバイトを次々斡旋する。最初はあの代理出席のバイト。次は月100万円も稼げる住み込みのメイドだった。破天荒で自由なメイド仲間の里中真白(Cocco)に七海は好感を持つ。真白は体調が優れず、日に日に痩せていくが、仕事への情熱と浪費癖は衰えない。ある日、真白はウェディングドレスを買いたいと言い出す。

「リップヴァンウィンクルの花嫁」に投稿された感想・評価

ちよめ

ちよめの感想・評価

4.0
去年の今頃、電車に乗って劇場までこの作品を観に行く元気がなかった自分を元気付けたい。
二人がベッドで話してるシーンが好き。
hamoko

hamokoの感想・評価

3.6
最初は地獄のような映画だと思ったけど、どんどん柔らかい太陽光のような映画になっていった。
岩井俊二監督らしい作品。

真白の「あたしなんかのためにさ〜」という告白は、近いところにありながらまったく遠く、そういう世界の見方があるのだと心に来た。
久しぶりに邦画を見たけれど、優しく美しく哀しい世界で。久しぶりに見た邦画がこれで良かった
長い映画だったけど、その分濃厚。
綾野剛の演技がすごい。
mai

maiの感想・評価

-
Cocco...
姫

姫の感想・評価

4.3
記録
Tetsuhito

Tetsuhitoの感想・評価

3.7
最初しんどいけど最後まで見てよかった
taka

takaの感想・評価

3.5
透きとおるような、美しい映画。見応えのある3時間。一貫した映像美と心地よい音楽。それにしても、綾野剛は何にでも化ける俳優だなあ 笑
na52

na52の感想・評価

3.0
Cocco
moe

moeの感想・評価

4.6
Cocco演じる真白は圧倒的な説得力があった。
岩井俊二監督の作品は多感な時期に色々観て居ましたが「リリィ・シュシュのすべて」以降は辛くなりずっと観て居りませんでした。今作も情報は入れつつもきっと辛辣で重い気持ちになるだろうなと公開時もスルーし、今回ふと何かに惹かれて視聴してみました。

前半、黒木華さんの演じる主人公にもやもやしつつもCoccoさんが登場したら空気が一変して流れる様に引き込まれました。其処には現実から少し離れた世界が展開し、映像の甘美さと本当の幸せとは何だろうと考えさせられる仄かな思想が有りました。しかし劇中に度々仕組まれて居た『闇』が露わになり其の空気を打ち壊す事に。色々な人間模様、目を背けたい現実の中に暗闇から溢れる光を最後に見付けられた様な気がして観た後にはとても心が安らぎました。

黒木華さんの透明感の有る雰囲気は勿論Coccoさんはかなり素に近い演技でしたし(岩井監督はきっと本人の人柄を判った上で配役して居るのかなと感じました)、作中で有る意味スパイスに成って居る綾野剛さんのしたたかな存在感が有ってこその作品でした。
>|