リップヴァンウィンクルの花嫁(2016年製作の映画)

上映日:2016年03月26日

製作国:
  • 日本
  • / 上映時間:180分
    監督
    岩井俊二
    脚本
    岩井俊二
    原作
    岩井俊二
    キャスト
    黒木華
    綾野剛
    Cocco
    原日出子
    地曵豪
    毬谷友子
    和田聰宏
    佐生有語
    夏目ナナ
    金田明夫
    りりィ
    紀里谷和明
    野田洋次郎
    野間口徹
    桜井美南
    あらすじ
    舞台は東京。派遣教員の皆川七海(黒木)はSNS で知り合った鉄也と結婚するが、結婚式の代理出席をなんでも屋の安室(綾野)に依頼する。新婚早々、鉄也の浮気が発覚すると、義母・カヤ子から逆に浮気の罪をかぶせられ、家を追い出される。苦境に立たされた七海に安室は奇妙なバイトを次々斡旋する。最初はあの代理出席のバイト。次は月100万円も稼げる住み込みのメイドだった。破天荒で自由なメイド仲間の里中真白(Cocco)に七海は好感を持つ。真白は体調が優れず、日に日に痩せていくが、仕事への情熱と浪費癖は衰えない。ある日、真白はウェディングドレスを買いたいと言い出す。

    「リップヴァンウィンクルの花嫁」に投稿された感想・評価

    去年の今頃、電車に乗って劇場までこの作品を観に行く元気がなかった自分を元気付けたい。
    二人がベッドで話してるシーンが好き。
    綾野剛ってすごいな。
    3時間。長そうだな。フムフム。ホンホン。あ、終わった。

    突飛な展開や、最後まで明かされない綾野剛の思惑や、序盤張られていた(?)のに放ったらかしの伏線や、その他の色々なものに結局、取り残されてしまった。
    にも関わらずこの作品を身近に感じるのは妙にリアルな演技と雰囲気のおかげか、あるいは主人公たる黒木華ちゃんが僕ら鑑賞者と一緒に取り残されてくれるからだろうか。

    岩井俊二の映画を観ていると毎回あんまり好きじゃないなー、と思う。観終わると、めちゃめちゃ良かったなー、と思う。
    いい映画です。
    お金が人を繋いでいる。

    コンビニの店員さんが、私の為に買ったものを袋に入れてくれる
    運送屋のおじさんが私の為に重い荷物を運んでくれる
    その優しさを受取るのは幸せ過ぎてしまうからお金でごまかす。

    そんな風に考えたことがなかった。

    彼女が無理をしてでもお金を稼ぐのは、お金を支払って人と繋がりたいから。


    「私なんかの為に」普段言ってしまいがちなセリフだけど、それを聞く一緒にいる人は、とても悲しい気持ちになる。「私なんか」じゃないから一緒にいるのに。

    夢から覚めたような、スっとした気持ちになる映画。
    岩井俊二は、女優さんの魅了をひきだすのが本当に上手い。。黒木華ちゃんが本当に綺麗。紀里谷さん出てた^^ただ、長いので覚悟して見たほうがいいです。
    はい、観ましたよええ。
    正直、今までの岩井俊二作品の中では1番面白かったです。
    ただくそ長いので後半はかなりだれてきます。この内容だったらもっとコンパクトに収めても良かったんじゃないかなーと思ったんだけど、そこもリアリズム的なところを追求しての長尺とも考えられるからまあアリなんすかね。
    ストーリーは結構面白くて、僕は結構好きです。途中まで。途中から「はあ?」ってなって、そういうところが嫌いなんだよと思ったけど、観終わってから考える余白、もしくはこねくり回せるような弾力性がある話で、それを含め面白いのかなと。
    綾野剛演じる謎の便利屋がマジで新宿によくいるような裏稼業感が出てて、彼の真意が全く読めないし、後半の気持ち悪い世界観狙ってます感満載のシーンも、よくよく後から考えると、実はこういう意図だったのかなとか、岩井俊二嫌いとしては悔しいですが批判含めそうやってあれこれ触っていける映画でした。
    飛び抜けて面白い映画じゃないのに邦画の中では異色の存在感を持っていることは確かです。

    このレビューはネタバレを含みます

    映像が綺麗でおとぎ話みたいっていわれてるのがよくわかる お城で2人で暮らす場面がまさに どこかのバーでぼくたちの失敗歌う場面すごくよかった あんなに綺麗な歌声だって知らなかった 伴奏は野田洋次郎さん コッコの幸せの限界の話を何度も思い出してしまうその感受性が好き 最後のオチというかネタバラシというかびっくりした もう一回観たい
    後半の雰囲気が好き。役者と世界観と時間の流れと音楽がうまく噛み合っている。
    ストーリーどうこうよりも映画の完成度が高い。
    元気ない時に見たらだめ。
    ・前半重苦しくて「うわ、まじかー、」って感じだったけど、真白が現れた後半から雰囲気ガラって変わって一気に惹き込まれた。でも七海のナヨナヨした性格は最後まで好きになれんかった。
    ・キャラクターひとりひとりめっちゃリアル。
    ・綾野剛演技うまくね?営業得意そう。
    ・映画作品として素敵です。
    >|