リップヴァンウィンクルの花嫁(2016年製作の映画)

上映日:2016年03月26日

製作国:
  • 日本
  • / 上映時間:180分
    監督
    岩井俊二
    脚本
    岩井俊二
    原作
    岩井俊二
    キャスト
    黒木華
    綾野剛
    Cocco
    原日出子
    地曵豪
    毬谷友子
    和田聰宏
    佐生有語
    夏目ナナ
    金田明夫
    りりィ
    紀里谷和明
    野田洋次郎
    野間口徹
    桜井美南
    あらすじ
    舞台は東京。派遣教員の皆川七海(黒木)はSNS で知り合った鉄也と結婚するが、結婚式の代理出席をなんでも屋の安室(綾野)に依頼する。新婚早々、鉄也の浮気が発覚すると、義母・カヤ子から逆に浮気の罪をかぶせられ、家を追い出される。苦境に立たされた七海に安室は奇妙なバイトを次々斡旋する。最初はあの代理出席のバイト。次は月100万円も稼げる住み込みのメイドだった。破天荒で自由なメイド仲間の里中真白(Cocco)に七海は好感を持つ。真白は体調が優れず、日に日に痩せていくが、仕事への情熱と浪費癖は衰えない。ある日、真白はウェディングドレスを買いたいと言い出す。

    「リップヴァンウィンクルの花嫁」に投稿された感想・レビュー

    ちよめ
    ちよめの感想・レビュー
    2017/03/18
    4.0
    去年の今頃、電車に乗って劇場までこの作品を観に行く元気がなかった自分を元気付けたい。
    二人がベッドで話してるシーンが好き。
    yasaka
    yasakaの感想・レビュー
    14時間
    4.5
    簡単に手に入る幸せと、簡単に崩れていく平穏な日々。主人公はその真ん中で踊らされているはずなのにどこか他人事のようで、少し怖かった。それでも最後の表情は晴れやかで美しかった。見えない指輪を交換するシーンがたまらなく好きだった。
    あんずも
    あんずもの感想・レビュー
    16時間
    3.8
    今はまだ分からない気持ちも混ざってたから、もう少ししたらまた見たい。
    けど、後半とても感動した。

    記録
    seiji
    seijiの感想・レビュー
    22時間
    3.7
    3時間物だけど長さは感じなかった。
    色んな要素がありすぎて……もちろんいい意味で 笑 。
    七海と真白、不器用でピュアすぎる2人の友情、というか純愛、そしてウェディングドレスで戯れる2人が美しく印象的だった。
    ちゃーさん
    ちゃーさんの感想・レビュー
    1日
    3.5
    演出力の点数という感じがする。

    が、あそこまで凝っておいて最後あの終わり方はどうなの(というかないだろ笑)という印象。画面もストーリーも。

    だからオサレ映画になってるんだろうなと思った。

    でも!飽きずに見れたし、その前に見たマネーショートよりはしっかり見れていた。(マネーショートは見る側にも若干の知識を要求するから難しい)
    町田彩夏
    町田彩夏の感想・レビュー
    1日
    4.2
    優しさの対価にお金を払うんだよ、とCoccoさんが言っていた言葉に涙が溢れました。

    綾野剛さん演じる安室は、どことなく胡散臭くて、翻弄される黒木華さんはとても可愛かった。

    ツイッターみたいな短文投稿サイトや、結婚式代理出席サービスが、やたら近未来的なのに、どこかノスタルジックな湿度と温度が横たわる映画だった。

    普通にみていたらRADの野田洋次郎さんが出ていてびっくりしたよね。
    劇場版でもあんまり長さは感じませんでした。
    Kyohei
    Kyoheiの感想・レビュー
    1日
    -
    Coccoが良かった。
    うらちゃん
    うらちゃんの感想・レビュー
    2日
    3.7
    全てが自然すぎて、ホームビデオでもみてるかのような映画でした。見終わってからも、不思議な気持ちになるし、あれ、私こんな長い映画みてたんだ、、と思うくらい。綾野剛の、ああいう役だいすきです。いい人か悪い人かわからない感じ◎2人でドレスを着て寝てるシーンは美しすぎました!!
    こさ
    こさの感想・レビュー
    2日
    3.9
    すごい狭い世界でしか生きてない、それでも幸せだと思えるのってすごいことだと思う。
    私も今、幸せなんだなと思えた。
    >|