リップヴァンウィンクルの花嫁の作品情報・感想・評価

リップヴァンウィンクルの花嫁2016年製作の映画)

上映日:2016年03月26日

製作国:

上映時間:180分

3.9

あらすじ

舞台は東京。派遣教員の皆川七海(黒木)はSNS で知り合った鉄也と結婚するが、結婚式の代理出席をなんでも屋の安室(綾野)に依頼する。新婚早々、鉄也の浮気が発覚すると、義母・カヤ子から逆に浮気の罪をかぶせられ、家を追い出される。苦境に立たされた七海に安室は奇妙なバイトを次々斡旋する。最初はあの代理出席のバイト。次は月100万円も稼げる住み込みのメイドだった。破天荒で自由なメイド仲間の里中真白(Co…

舞台は東京。派遣教員の皆川七海(黒木)はSNS で知り合った鉄也と結婚するが、結婚式の代理出席をなんでも屋の安室(綾野)に依頼する。新婚早々、鉄也の浮気が発覚すると、義母・カヤ子から逆に浮気の罪をかぶせられ、家を追い出される。苦境に立たされた七海に安室は奇妙なバイトを次々斡旋する。最初はあの代理出席のバイト。次は月100万円も稼げる住み込みのメイドだった。破天荒で自由なメイド仲間の里中真白(Cocco)に七海は好感を持つ。真白は体調が優れず、日に日に痩せていくが、仕事への情熱と浪費癖は衰えない。ある日、真白はウェディングドレスを買いたいと言い出す。

「リップヴァンウィンクルの花嫁」に投稿された感想・評価

ちよめ

ちよめの感想・評価

4.0
去年の今頃、電車に乗って劇場までこの作品を観に行く元気がなかった自分を元気付けたい。
二人がベッドで話してるシーンが好き。
良いけど長い。長いけど飽きないけど長い。映画館で見ていないためか?
主人公、そんなんで人生大丈夫か、?と思ってしまった。色々あったのはわかったが、最終的に成長したのかよく分からなかった。将来めちゃくちゃ借金とか作ってそう。
演出や独特の画角やところどころのシュールさや絵の綺麗さはやはり素晴らしかった。
最初の1時間は主人公にイライラしすぎて死ぬかと思った(他人事にも思えないけど…)
幻想的だけど凄くシビア
何でも屋が絶妙にいそうな線いっていた。面倒なことはサービスを買っていろいろ済まそうとしている自分にとって、考えさせられるところがあった

このレビューはネタバレを含みます

結局なにが言いたいのか分からず。
映画長いけど最初の学校でいじめられるシーンとか昔の同級生に会うシーンとか要らないような。なんなら旦那とのくだりもいらなかったような。
もっとななみとリップヴァンウィンクルの関係を深めて欲しかった。
なんか伏線張りっぱなしだったりしたし。

あとななみの、知りもしない相手が言うこと全部信じて言う通りにするキャラクター、ななみという役を侮辱したような設定だなぁと思ってしまいました。「そりゃお前あかんやろ!」と何回も心の中で叫んでしまった。

ただCoccoと黒木華の演技はよかったです。黒木さんのおとなしい演技も、Cocooさんもよかったなぁ自然体で。
furuno

furunoの感想・評価

-
ランバラルの友達ですから^ ^
小林

小林の感想・評価

3.6

このレビューはネタバレを含みます


最後の3人で卓を囲むシーンが本当によかった

声フェチとしては黒木華の空気多めな声がどストライクすぎて終始たまらんかったです。
歌声も聴けて満足 ◯
ヤマハ

ヤマハの感想・評価

4.4
全てが胡散臭くて、全てが現実離れしてて、そんな虚構の中でたじろぐ華ちゃん

ファンタジックな世界観に咲く一輪の美しい華ちゃん

清楚でキレイでかわいい華ちゃん

華ちゃん、、

はるちゃん、、、

ハルちゃん、、、、
すごい長いけど、苦にならなかった。岩井監督作品の独特の空気感というか雰囲気が好きな人は絶対好きと思う。
>|