リップヴァンウィンクルの花嫁の作品情報・感想・評価

リップヴァンウィンクルの花嫁2016年製作の映画)

上映日:2016年03月26日

製作国:

上映時間:180分

3.9

あらすじ

「リップヴァンウィンクルの花嫁」に投稿された感想・評価

エキゾチックな顔立ちのCoccoと純和風な黒木華、この対照的な2人の女性の組み合わせが好き。
逃げたけど立て直しとるわ
人のせいでもあり人のおかげである
めろん

めろんの感想・評価

3.5
綾野剛のキャラがどタイプすぎて、1時間で落とすとこみたい!濡れ場はよ!と内心、フラグも立ちまくってたのに真白がタイトルと結びついた瞬間察しました。。この結末に向かわされていたのかと思うと、序盤が非常に懐かしい遠さ。自立できない馬鹿女イライラしまくってたけど、大きくなっていく七海の声を答えとしたいのかと合点。
hirona

hironaの感想・評価

1.8

このレビューはネタバレを含みます

とにかく騙され続ける映画
本人は最後まで気づかない

色んな世界を知る
kiki

kikiの感想・評価

-
黒木華が歌う歌何だろ?超よかった
yunami

yunamiの感想・評価

4.8
綾野ファンとしてあらすじも見ずに視聴しましたが、あまりに衝撃。

現代の良いも悪いもが凝縮されて、リアル過ぎて…
何より全ての役がハマり過ぎ。3時間と長い作品だけど、教師辞めた辺りからかな。ガツンとのめり込む映画でした。
なんでも便利になり過ぎてるこの時代のドキュメンタリー観てるみたいだった。

観た後色々考えさせられるし、ゾッともするし、複雑な気持ちにもなるケド、嫌な感じじゃない。
ちょっと時間空けてもう一回観たい。次観た時また違う感覚なんじゃないかな。
映画の観点が変わった凄い映画でした。
スワロウテイルが好き過ぎるから当たり前か。岩井監督の作品片っ端から観よ。
よ

よの感想・評価

3.7

リップヴァンウィンクルの花嫁、3時間という長尺から避けていたけれどやっと鑑賞できた。
特徴的な題名なので、リップヴァンウィンクルって何?リップヴァンウィンクルの花嫁の花嫁ってどんな花嫁なの?って思いながら視聴し始めたらまさかの出会い系で男女が出会うっていうかなり現実的なシーンから始まった…。でも不思議の国のアリスみたいな終わり方、、、。私が見た物語は一体何だったんだ…?

ましろが出てくる前と後ではまるで違う物語を見ているようだった…本当におなじななみかな?ってなった。受動的な性格は変わらないけれど、周りに巻き込まれて生きてゆくのは変わらないけど、後半からは自分の意思で進んで巻き込まれていくみたいな…。

他の方のレビューに、この物語は異郷訪問譚の話型を取る事が書かれていてかなり納得した。
昔話で浦島太郎が亀というアイテムを使って竜宮城に行って帰ってきたように、ななみはSNSと言うツールから自分のワンルームを旅立ち、夫の実家、ホテル、城みたいな豪邸、最後にはまた自分(と、ましろ)の住む小さなアパートに帰っている。たしかになあ…。

SNSに着目すると、やっぱり登場人物のハンドルネームが気になってしまう。
宮沢賢治のやまなしに出る「クラムボン」は「かぷかぷ」笑ってたら、いつの間にか消えていて、銀河鉄道の夜の「カムパネルラ」は、ジョバンニと共に銀河鉄道に乗り込み旅をする存在で、最期は友達を救って自らが犠牲になってしまう。ななみはこの2つを自分の役目だと思っていたのかも知れないと考えると胸に来るものがある…😢

ランバ・ラルもwikiによると、アムロを精神的に成長させる父親的存在であると書かれているし、リップヴァンウィンクルは鴎外に海外版浦島太郎物語として翻訳されてるみたいで、色々当てはめてしまう、、、!

この他にも今話題のLGBTとかウエディングドレスとか色々語りたくなってしまうけど長くなりすぎるので終わりにしよう。。評価の高い理由がわかるとっても練られた構成の映画だった。
繊細な画で沢山の哀しみと優しさを見せてくれました。3時間の長尺をどう言葉にすれば良いか分からない。
marimurai

marimuraiの感想・評価

3.9
なんだなんだ、気になる〜〜!ってなって食い入るように見た前半。
コッコ出てきてからは蛇足だったなぁ〜〜

家族とは、みたいなとこに焦点当たってるんだと思ったけど、描き方独特だったや。

ちょこちょこ有名人がちょい役で出てきてた。
>|