リップヴァンウィンクルの花嫁の作品情報・感想・評価

リップヴァンウィンクルの花嫁2016年製作の映画)

上映日:2016年03月26日

製作国:

上映時間:180分

3.8

あらすじ

「リップヴァンウィンクルの花嫁」に投稿された感想・評価

さ

さの感想・評価

3.7
喉の奥に絡まった痰がずっと取れない、みたいなもどかしさとか気持ち悪さがずっとあった。
言葉にすることの大切さ。主人公は生きるすべは持っているがそれ以外はなにも持っていない。何もかも人任せ。めちゃくちゃ鈍感だけど、もうそれでいいんだと思う。それがいいんだと思う。
ちょっとかじったいびつなクッキーみたいにボロボロボロボロどんどん崩れていく。何もかもがいびつだった。幸せの形は曖昧でいびつ。心に空いた穴の形もいびつ。わたしはそのいびつなかけらが心に刺さって痛かった。
どのシーンを切り取っても美しい夢のような世界はさすが岩井俊二。
saya

sayaの感想・評価

3.0
映画館で観てたら寝てたかもしれない…。
黒木華の透明感を堪能。綾野剛が胡散臭すぎて最高!
まー

まーの感想・評価

3.6
透明感のある作品。
黒木華さんの役は初めは少しイライラしてしまうとこもあったが徐々に変わっていく。綾野剛がなんとも掴みようのない役を演じる。 綺麗なようで残酷な部分もあるストーリーだった。
KIRYU

KIRYUの感想・評価

3.7
本編が3時間と少し長め。そのぶん主人公の性格や性質を丁寧に描写しているからキャラクターを掴みやすかったかも。
綾野剛のキャラは割りと好きだったけど、人情があるのかないのかよくわらからなかった笑

バー?でカラオケするシーンが印象に残った。黒木華が唄うぼくたちの失敗がノスタルジー。
mi

miの感想・評価

3.9
久しぶりの岩井俊二作品。苦手な毒味が今作も強いけど、光と影と掴みどころがあるような無いような、、、どちらかといえばとても好きな作品だけど、何回も観たくないっていうのが岩井俊二作品。

結果的にどこでも生き延びるナナミの逞しさと、飄々と生き抜く安室のしたたかさと、、真白さんの儚さ、、
お母さんたち、、、

ふぅぅ、、、つかれた。
一歩間違えたらすぐ隣で起きててもおかしくないような物語。

長くて休み休み鑑賞するくらいが自分にはちょうどいい。
つい引き込まれてしまったので、割と点数高めです。

大学の先輩がエンドロールに載ってるのを確認◎
黒木華という女優を見て「こんな映画作ろう」って感じで出来上がったんじゃないかと思うぐらいに黒木華を堪能する映画だった。そう思ってWikiで調べてみたら、どうやら監督が黒木華をイメージして作ったっぽいから自分は名探偵。当然主演の黒木華はハマっていたけど、そんな世界観に同じぐらいハマっていた綾野剛。特に好きでも嫌いでもない役者だったけど、この作品を通じて「いい役者だな」って思えた。

所々シュールな笑いがあるのも嬉しいところ。カメラマンが「キレイだね、どこかで見たことがあるような」ってセリフが絶妙に墓穴で笑った。
序盤の結婚式のシーンも演出がクサすぎて終始悪いにやけが止まらなかったけど、同時に自分は結婚出来ないし、呼ばれもしないだろうなって思って勝手に落ち込んだ。現に一度も結婚式に行ったことないし。

”AV女優”って要素が出た途端、急に自分の中でフィルターがかかり、あらゆる事に合点がいってしまう感じが妙に切なかった。
ire

ireの感想・評価

-
黒木華の透明感を覚えている
「あたしね コンビニやスーパーで買い物してるときね お店の人がさ あたしの買ったものをせっせとさ 袋に入れてくれてる時にさ あたしなんかのためにさ その手はせっせと動いてくれてんだよ」

しんど……
あー

あーの感想・評価

2.0
映画館
>|