コンカッションの作品情報・感想・評価

「コンカッション」に投稿された感想・評価

コンカッション=脳震盪
事実発覚から認められるまでに13年要している。
嘘つき呼ばわりされたこの期間は本当に悔しかっただろうとご心中お察しします。
諦めない力というのは本当に大事。

このレビューはネタバレを含みます

巨大組織はありとあらゆるやり方で
真実を隠蔽したり歪めたりするのは
どこの国も変わらないな。

一人ひとりの人間の弱さが生みだす悲劇。

本当に強い人や善良に生きようとしてる人が
悲しむ世の中にはしてはいけないのにね。

スポーツには危険がつきものだけれど
どんな危険があるか理解した上で
そのスポーツをやるかやらないか選択出来ることや
もし障害を負ったり後遺症が出た時に
家族も対応のしようがあるという意味では
やはり彼の功績は素晴らしいし
感謝したいなと思います♬

ウィル・スミス扮するDr.オマルはもちろんですが
個人的にはアレック・ボールドウィン扮する
Dr.バイレスの勇気や強さに感動しました♡

これまでの自分の生き様を否定し
間違っていたと認めることや
真実から目を逸らずに向き合う事は
よっぽと強くなきゃ出来やしない✧

今まで裕福な生活をしてきて
それを失うと覚悟した上で
アメフトの素晴らしさを誰より知ってる上で
旧友と真実を争う事になると分かってる上で
このような決断が出来る人間としてのカッコ良さと全うさ♡

こんな恥ずかしくない大人にならなくちゃなと身の引き締まる思いでした。
アメフト選手の不審死を突き止めるウィルスミス

スカッとジャパン!いや、アメリカ!!!!

すみません、少ししか覚えてないのです
記録
シュン

シュンの感想・評価

3.0
実話ベースと言うことですが、そもそもまだちゃんと解決してない事件なんですね(汗)

それを映画化しようと言うのだから恐れ入ります……。

観ていて一番グッときたのはウィル・スミスの演技でした!

観始めてからは、「あれ?こんな喋り方だっけ…?」と思いました。
それもそのはず、主人公のオマル医師はナイジェリア出身とのことで訛りなどを寄せているんですね。
英語ネイティブスピーカーではないので細かなニュアンスはわかりませんが素直に感心しました!

でも、この訛りなどオマル医師が「よそ者である」と言うことがこの映画を味わい深くしていますね。きっと製作者たちもそこにこだわったのではないでしょうか。

最後の最後にオマル医師がどうなるのかも含めて「アメリカ映画」でした。

重厚な映画が観たいときにオススメです!
Inoino

Inoinoの感想・評価

3.5
地味に良い映画でした🏈💀
やはりウィル・スミスは花がある
Crucial

Crucialの感想・評価

5.0
こういう事実を元にした社会派映画はとても好きです。現役時代には起こらない、何年も経って引退したあとに発症する時限爆弾みたいな病気。。。
いかにアメフトの試合が過酷であり、また長く何も対策が取られていなかったということがよく描かれている映画でした。
個人的にウィル・スミスはコミカルな俳優さんというイメージですが、こういった真面目な役柄もとても上手です。
千秋

千秋の感想・評価

3.2
どっちの意見も分からない訳でもないし、、。
ジーンとした

There is no coincidence in this world

この件でシステムが変わらないとしても、正しくて新しい認識が出来たことが一番の功績だと思う
Masa

Masaの感想・評価

3.5
原題: Concussion
直訳: 脳震盪

ー 挑んだのは、真実との戦い

実話ベース。(大好物)
ベネット・オマル医師が、元NFL(National Football League)選手の不可解な死を解剖したのが発端。医師とNFLがその原因の真実と虚偽を巡って闘う、という物語。

CTE: 慢性外傷性脳症
(Chronic Traumatic Encephalopathy)

病名一つ知っただけなのに、こういう映画を観ると少し賢くなった気がする。
あぁいう知的な人が主人公の映画も好き。

というか、現在もCTE患者がフットボール経験者にも多いところを見ると、なんか残念。
認めはしたけど対策は…って感じか。
国民的スポーツだししょうがないのかな。
選手も観客も、危険性があると知った上でプレイ、観戦するのはまた何か違うだろうし、その点においては変化があったのかも。
>|