コンカッションの作品情報・感想・評価

「コンカッション」に投稿された感想・評価


不都合な事実を隠す組織と
事実を伝えたい個人の闘い

こんなことがあったということを
知らなかった、つい最近の話。

最後は選手たちが声を上げたね
組織って聞くと良いイメージが無い

何かしら悪いことをしてるイメージ
自分たちの利益を守ろうとする
hamabondz

hamabondzの感想・評価

3.5
話はなかなか難解でしたが面白かった。
ただ、ウィルスミスはバチバチのアクションの方が好きです。
実話を元にしてるから
観ている途中辛くなった
NFLの隠蔽に立ち向かう医師
よく気づいてくれて、戦ってくれた(T_T)


ウィル・スミスの映画って外れないな~( ¯꒳¯ )
やっと観れました。

全米に大論争を巻き起こしたNFL(ナショナル・フットボール・リーグ)の隠ぺい問題に立ち向かう実在の医師。

ナイジェリア出身の医師オマルは、心臓発作で亡くなったという元NFLスター選手の遺体を見て疑問を抱く。彼の死は心臓発作ではなく、フットボールのプレイ中に受ける激しい脳への衝撃が原因ではないのか。

この恐ろしい事実を世間に公表しようとするオマルに、次々と障害が襲いかかる。ゴールデングローブ賞最優秀主演男優賞ノミネート作品。

選手の命よりの商売を優先する関係者たちの姿勢に寒気がした。何をしてでも勝つ。ベストを尽くせば報われる。この根拠のない目先だけを見た利己的な考えが、その後の選手の人生を狂わせていくのか…

子どもたちがNFL選手に憧れプレーにのめり込んでいくのが一番怖かった。

あとスミスさんの訛りが良かったです笑

ぜひ!
巨大過ぎる組織にひとりで立ち向かうというような構図で見せるアメリカの闇の部分を描いたヒューマンドラマ。そういう役柄をいつもコミカルに演じて来たウィル・スミスが一切のユーモアを抑え誠実に真実を追求していく。これも彼の映画でよく観る気がするが、“さあ、これからだ!”というところまでで話が終わる(だったり経過報告)。きっと単純にスポーツ界だけでなく、アメリカ社会全体に大きな影響を与えるという、コトがコトなだけに、解剖医ひとりの動きから明るみになるまでにはトンデモない壁と苦労があったであろうというのは感じれた。登場した瞬間から完全に悪役側だと思っていたアレック・ボールドウィンのバイプレイヤーっぷりが光った。
2018.12.28.
WOWOW(吹替え
あおい

あおいの感想・評価

3.8
内なる強い情熱を持ったオマル医師を演じたウィル・スミス、アフリカ訛りの抑え目な演技は見事でした。

彼が自分自身の口で真実を言えて本当に良かった。原因不明の苦しみと闘った過去の名プレーヤー達とその家族を想うと、胸がつまります。

アメリカンフットボール選手たちが若くして亡くなる原因を突き止めたナイジェリア出身の医者の話。

アフリカ系であることから医者であることも疑われ、NFLからはさまざまな圧力によってないものにされようとする。
オマル医師は正義感が強いために煙たがれることが多く、そして移民であり、アメリカンフットボールを知らないから逆風も強かった。
でも、そういう人だからできたことだなぁ…と思った。

(たしかオマル医師の上司かベイルズ医師がオマル医師に言った)君こそがアメリカ人だよと言った言葉が好き。
YK

YKの感想・評価

3.8
NFL vs 科学

スポーツ問題にビジネスが絡んでくるとこがアメリカぽい。
ゾロ

ゾロの感想・評価

3.5
実話だという事、また予告編通りにストーリーが淡々と進む
当然、特別な華やどんでん返しも無い

アメフト選手の脳障害よりも利益追求と隠匿する体制がアメリカっぽい
利潤を求める協会が邪魔をする王道ストーリーだが、こんな歴史があり、まだ進行中の問題であることを認識

実映像などが要所で流れるが、選手や家族の葛藤や不安は、映画の時間枠で表現するには重すぎる問題だと思う
これは僕個人の見解なんだけど、ウィルスミスがアメフト知らない人役なの無理あるんだよね。
ぱっと見天才コーナバックなのは誰も否定できないと思うんだよね。
>|