トッド

ディセンダントのトッドのレビュー・感想・評価

ディセンダント(2015年製作の映画)
4.0
「もしもディズニーキャラクターに10代の子供達がいたら」
というコンセプトで作られた今作は面白くない、わけがない‼︎

そして鑑賞後の率直な感想は、、、面白すぎでした‼︎
DCOM史上最高じゃないでしょうか‼︎(そんなに本数観てませんが)

ベルと結婚し王国を築いたビースト国王はプリンセスやプリンス達のいる「オラドン島」ヴィランズを閉じ込め魔法もWi-Fiも使えなくした「ロスト島」の二つの島に分けました。

そのヴィランズの子供達4人はビーストの息子(次期国王)の計らいによりロスト島からオラドン高校に転校して勉強やスポーツ、差別や恋愛と学園ものの王道を突っ走って成長していく物語。

言うまでもないくらいベッタベタな展開ですが、しっかり感情移入して笑いまくりの涙腺が緩みまくり!

オープニング、オラドン島の前置きからの「Rotten To the Core」は最高の一言!(ある意味ここが最高潮)

サントラ欲しい!

あとヒット・ガール以来、紫頭に目がない僕にとってあのダヴ・キャメロンは反則。

各ディズニーキャラクターの性格を受け継いだ子供達のセリフや行動、様々な小ネタはディズニーファンの方なら楽しめること間違いなし!必見です!






決まった!でしょ!