あざらし

ディセンダントのあざらしのレビュー・感想・評価

ディセンダント(2015年製作の映画)
3.0
「私たちでオラドンを乗っ取るため。」

ディズニー映画です。
昔々、遠い昔…といっても20年くらい昔。美女と野獣が盛大な結婚式を挙げました。野獣はいろいろな国をハネムーンとして周り、オラドン合衆国の王様になりました。
そのとき、マリフィセント始め悪い魔女たちは離れ小島ロスト島に閉じ込められました。

美女と野獣の子ども:王子とマリフィセントの娘が主人公の童話です。

ロスト島に閉じ込められた子どもたちを呼び寄せようと王子はします。さて…

ミュージカル調でストーリーは進みます。
カラフルな映像に歌に踊り…ディズニーらしい健全な夢のある映画です。

有名な童話の登場人物がたくさんでて来て、その個性的を存分に発揮してくれます。

いつもは脇役のいろいろな童話の悪い魔女や悪い女王などもたくさん。それだけで楽しいです。

「自由を手に入れられるかどうかはお前にかかっている…しくじらないでね。」