おぎゃあ

パラダイス・ロスト:ザ・チャイルド・マーダーズ・アット・ロビン・フッド・ヒルズ(原題)のおぎゃあのレビュー・感想・評価

4.5
「ウェスト・メンフィス3事件」に関しては以前から興味がありました。

この事件について2014年に映画化された「デビルズ・ノット」。
コリン・ファース主演で、登場人物を実名で映画化した作品ですが、残念ながら内容の濃いものとはいえない出来でした。

その後、2013年に製作された「ウェスト・オブ・メンフィス」というピーター・ジャクソンが製作に絡んでいるドキュメンタリーを鑑賞しました。
こちらはとても内容が濃く、素晴らしい作品でした。
(ピーター・ジャクソンがマジで素晴らしい)

そして今回
「 Paradise Lost : The Child Murders at Robin Hood Hills(1996年)」
と、その続編である
「Paradise Lost 2 : Revelations(2000年)」
の2本がセットになっているDVDを購入しました。

「メタリカ:真実の瞬間」などで注目されたジョー・バーリンジャー監督作品です。
こちらは3部作となっており、ウェスト・メンフィス3事件を18年間も追い続けたドキュメンタリーで、とても突っ込んだ取材により、真犯人に迫っていく大変興味深い作品です。

残念ながら、パート3である
「Paradise Lost 3: Purgatory」
はまだ購入していないのですが、パート2より更に真犯人に迫るものになっているようです。
(裁判は開かれないので、真相は闇の中ですが、真犯人と思われる人物にかなり迫ったドキュメンタリーのようです)

早くパート3も購入したいと思っています。