Yolice

ジュラシック・ワールド 炎の王国のYoliceのレビュー・感想・評価

4.0
ジャパンプレミア TOHOシネマズ六本木 スクリーン7にて


まさかまさかのゲスト登壇のジャパンプレミア試写会に当たってしまいまして…!行ってきました…!!
まさか肉眼でクリプラとブライスを拝める日が来るとは思わなくて、全然現地味が無かったです…今でも実感わかない…
クリプラもブライスもバヨナ監督もコリン・トレボロウも本当に素敵な方達で、イベント中ずっとニコニコ楽しそうで、きっと撮影現場もとてもいい雰囲気だったんだろうなとほっこりしました

前置きが長くなりましたが… ここから本編の感想を簡単に(公開まで意外とまだまだなので、今回はざっくりな感想でまとめさせていただきます)

TCXの巨大スクリーンと音響での鑑賞でしたが心臓バックバクです… これはぜひ映画館の大きいスクリーンと音響で見てほしい、さらに欲を言えばぜひIMAXで見てほしい作品です

ネタバレになるので具体的には言えませんが、ジュラシック・パークのオマージュシーンが散りばめられていてファンとしてはとても嬉しい!
もちろん前作のジュラシック・ワールドから見始めた方でも十分楽しめるかと!

今回の大きなテーマは "人間が生み出した生命の行く末を自然に委ねるべきか、それとも救うべきか" というもの
最後の選択に関してはもちろん人によって賛否両論があると思います
それを差し置いても、自ら生み出した恐竜という生命を制御出来なくなる人間というシリーズ通しての恐竜映画の構図と、イヤなやつがパクッと喰われるスカッと感も健在なので、皆さんぜひ劇場で楽しんでください!

(ちなみに今回のヒロインはクレアじゃないです!ラプトルのブルーです!生まれたての頃からオーウェンとだんだん絆を育んでいく様子が…泣ける……)


2018.07.18 1@ 立川シネマシティ CINEMA TWO
極上爆音上映にて