SouAzami

ジュラシック・ワールド 炎の王国のSouAzamiのレビュー・感想・評価

3.0
オーウェンとブルーの友情(親子?)物語!
何故か「遠い海からきたクー」を思い出した。

映画の観過ぎでB級よりの思考になってしまった!
その所為かあまり楽しめなかった。

最初は良かった「早く掴まれぇ!」「やったぁ!」「ぱくっ!」
このくだりすごい好きだったんだけどなぁ。
大自然をテーマにしてるのに、悪い人しか死なないってどうなんだろうって思った。
恐竜に襲われるんだからもっと無作為にやって欲しかったのが本音。
怖いはずの恐竜が怖くない。恐竜がヒーロー化してしまって、良いやつは襲われない安心感がスリルを無くしてしまった。

前作と比べて皆演技上手くなってるし、恐竜の迫力も凄い。脚本もしっかりしてるんだけど、何だろうこの安心感。この感覚は「ナイトミュージアム」を観ているときに味わった感覚だ。パニック映画で安心しちゃダメだよねってB級思考が呟いてしまった!

最後も最後で次回作に丸投げした感がある。この後どうするの?「ジュラシックワールドへようこそ」ってカッコよかったけど収集つくのだろうか?