ジュラシック・ワールド 炎の王国の作品情報・感想・評価

ジュラシック・ワールド 炎の王国2018年製作の映画)

Jurassic World: Fallen Kingdom

上映日:2018年07月13日

製作国:

上映時間:128分

3.8

あらすじ

「ジュラシック・ワールド 炎の王国」に投稿された感想・評価

masa

masaの感想・評価

3.8
初めて4DX3Dで観賞。
すごい迫力だった!!
めちゃめちゃ揺れるし後ろからドスドスくるし。
オーウェン無敵すぎてすごい、ジョークを挟む余裕があるのがまたかっこいい😏
最後の終わり方は意外だった。
KCHAHAHA

KCHAHAHAの感想・評価

1.8
マジさ、このシリーズいつまで同じことやってるわけ?いやもうその展開やったじゃーんってのばっかりよ?
マヒロ

マヒロの感想・評価

3.0
前作の事件で、恐竜たちを残したまま打ち捨てられた「ジュラシックワールド」だったが、島の活火山が噴火の危機を迎えており、恐竜たちの身に危険が迫っていた…というお話。

幕開けでいきなりテンションMAXなアクションシーンをぶち込んで、こちらを一気に引き込む導入が良かった。かと思えば後半は初代オマージュっぽいお屋敷内での隠れんぼがあったりして、かつてゴシックホラーな『永遠の子供たち』を撮っていたJAバヨナの本領発揮という感じで、こちらもなかなか面白かった。

人間のエゴで振り回される恐竜という構図は相変わらずで、正直そろそろ食傷気味ではある。今作の悪役恐竜であるインドラプトルも、漫画かってくらい属性盛りだくさんだった前作のインドミナスレックスと比べると明らかにインパクト弱いし、新機軸といえば前述の洋館のシーンだったりもするけど、このシリーズでやることかと言われると微妙なところがあるし。
やたらとフィーチャーされる少女の正体も、ラストを見るに、そのオチを誰も批判されないように付けたいがためだけに生み出されたかのように思えて、そうでなかったとしても蛇足だろう。
(『エイリアンコヴェナント』でやたらとアンドロイド周りの話ばかり出てきたときのそれじゃない感と似てる)

といってもあの皮肉っぽいラストは結構好きで、最早あそこでシリーズ終わってたほうが綺麗なんじゃないか?という気すらした。
こうなってくるともう主人公たちの動向にもあんまり興味なくなってきたので、次回作では、散々人間に好き勝手された恐竜達が良きも悪きも関係なく喰い殺しまくるみたいな作品であれば溜飲も下がるけど…まぁそうはならないだろうな。

(2018.56)[20]
ゴ

ゴの感想・評価

4.5
ブルーとオーウェンのハートフルストーリー
これ、おもろいやん
前半、後半で見所が多すぎて2時間ずっと引き込まれました。
原作のテーマもなぞっており、科学の進歩を考えさせることが前作よりも多く良かった。
邦題の「炎の王国」は他になかったのかなと思いますがそれ以外は最高です
3104Arata

3104Arataの感想・評価

4.0
【アトラクション娯楽映画の域を超えた秀逸な作品】
・ジュラシックパークからジュラシックワールドになった意味が初めて分かった気がします。おそらくですが、「通常の世界に恐竜が放たれる」という意味かと。その為の前作からの続きの構成で最初から意図して2部構成で製作されているとしたら、かなりちゃんとした映画だなぁと思いました。

・映画を鑑賞する以外の情報は何も入れていないので本質はわかりませんが、個人的に何かを訴えようとしている映画ではないかと思い、ちょいとだけ考えてみました。

・この映画のテーマは「恐竜と人との共存」。ただそれだけでなく、それを取り上げることで、この先人類が向き合うべき恐竜以外の様々なもの(AIやクローン技術など人間自身が生み出しているもの)に対する警鐘を示唆しようとしているのではないかと。ジュラシックシリーズでは人間が恐竜をコントロールしようとして失敗しています。これは他のものにも同じように言えますね。それこそAIなど。それらも同じように気づいたら人間様がコントロールできずにただの脅威にしかなりえない可能性が高いのです。その脅威を伝えながらも、とはいえ、コントロールできずに滅茶滅茶になってしまうこの先を案ずるだけのでもなく、きちんと共存することへの希望を見出している物語構成に見えました。つまり、「何を生み出すのも仕方のないことだけれど、人間様がコントロールしようとする考えを一歩踏みとどまって共存することも考えながら生きていこうね」って言っているのではないかなぁと思いました。あってるか間違っているかは別として、ただのアトラクション娯楽映画以上にテーマを考えさせられてしまう面白みを感じずにはいられません。

・先述のテーマに、より納得感を持たせるために我々に「恐竜」を「犬」のような身近な・共感できる存在と感じさせることに注力した物語と演出がちりばめられていると思います。例えば、プラキオサウルスを「美しく」と表現した後で、火山噴煙に巻き込まれて消えゆく命を表現するシーン。ブルーと主人公が少しずつ主従関係を作り上げていく過去のビデオ映像。それを踏まえた上で、前作より一層、ブルーが主人公に従順になって自ら主人公のピンチを助けに来るシーン。茶目っ気たっぷりな行動をする「ステギモロク」と主人公が協力(とまではいかないが結果的に主人公の思惑通りに動いてくれていた)して悪だくみを邪魔するシーン。などなど。それらの積み重ねによっていつの間にか恐竜という存在が「恐怖の怪物」から「人間と深いかかわりのある大切な存在」に映っていました。

・総じて、今まで通りのアトラクション映画としての面白みに、ドラマ性とテーマ性を意図的に強く加えた映画だと思いました。初回のジュラシックパークから見ていて、悲しくなるシーンなんて今まで一つもなかったのに、この映画で初めてうるっときたのは、それ故なのではないかと思います。一見の価値はあると思います。
ika

ikaの感想・評価

4.0
きろくq
マー

マーの感想・評価

4.0

このレビューはネタバレを含みます

ブルーがいい奴すぎる。続きの展開が楽しみすぎて期待大。
ライ

ライの感想・評価

4.2
やっぱりこのシリーズは面白いし感動
>|