ジュラシック・ワールド 炎の王国の作品情報・感想・評価 - 20ページ目

ジュラシック・ワールド 炎の王国2018年製作の映画)

Jurassic World: Fallen Kingdom

上映日:2018年07月13日

製作国:

上映時間:128分

3.8

あらすじ

前作でハイブリッド恐竜インドミナス・レックスとT-REXが死闘を繰り広げ崩壊したテーマパーク<ジュラシック・ワールド>を有するイスラ・ヌブラル島で<火山の大噴火>の予兆が捉えられていた。迫り来る危機的状況の中、人類は噴火すると知りつつも恐竜たちの生死を自然に委ねるか、自らの命を懸け救い出すかの究極の選択を迫られる。そんな中、恐竜行動学のエキスパート、オーウェン(クリス・プラット)はテーマパークの…

前作でハイブリッド恐竜インドミナス・レックスとT-REXが死闘を繰り広げ崩壊したテーマパーク<ジュラシック・ワールド>を有するイスラ・ヌブラル島で<火山の大噴火>の予兆が捉えられていた。迫り来る危機的状況の中、人類は噴火すると知りつつも恐竜たちの生死を自然に委ねるか、自らの命を懸け救い出すかの究極の選択を迫られる。そんな中、恐竜行動学のエキスパート、オーウェン(クリス・プラット)はテーマパークの運営責任者だったクレア(ブライス・ダラス・ハワード)と共に、行動を起こす事を決意。島へ向かったその矢先に火山は大噴火を起こし、生き残りをかけた究極のアドベンチャーが遂に幕を開ける!

「ジュラシック・ワールド 炎の王国」に投稿された感想・評価

Fuka

Fukaの感想・評価

4.0
映画自体は前作の方が個人的に好きやけど、とにかく恐竜さんがとっても可愛いのでいい映画だなと思いました
五作目にして、『ジュラシックパーク』もそろそろ限界だと感じた。まず、映像的に恐竜に圧倒されることはなくなり、ストーリーとしても人間が如何にして恐竜を使って儲けるかという話の繰り返しになってしまった。
今回のインドラプトルは、人の殺傷を目的として品種改良された生物兵器。もとから、資本主義社会的な上昇思考や、行き過ぎた科学への警鐘というのがテーマの作品ではあるが、前作でキメラ恐竜を登場させて、本作でも似たようなやつを使ってしまったことで、完全に持っている手札を使い切ってしまったようだ。舞台設定を洋館にして、ラストであんなことをされても、世界が開かれるわけではない。もうこれからは磨耗していくしかないシリーズになってしまうのは、大ヒット作の続編の定めなのだろう。
あるシーンでは恐竜をアニマトロニクスで作っており、もう一度、実物を作ってそれを動かす表現に回帰しているが、そのティラノサウルスレックスがCGだろうと実写だろうと、同じものが見られるのなら観客にとって「どう撮ったか」なんてことはどうでもいいことなわけで…。このシーンが実物でなければならない価値は、残念ながら感じられなかった。
ラストの結末も予定調和というか、あの女の子の物語を恐竜島脱出と平行して描いていたのは、このラストがやりたかったための口実だろう。「ストーリーのためにいる」キャラクター設定は、その人物に思い入れがもてないし、気に食わない。
mrkk

mrkkの感想・評価

3.5
ブルーほんまええやつ😢
人間よりも😢
島を離れるシーン、辛かった
恐竜映画で泣きそうになったの初めて。
PARADISO

PARADISOの感想・評価

2.5
愛息と二人で吹替2Dで。
周りの親子連れは未就学児系が多。

設定から起承転結からこの時代のCG感からすると、アリエナイだらけなんだが、そこはストーリーの分かりやすさとテンポの良さでカバー。息子もキャーキャー言って楽しめ、意外と周りのお子さんたちも泣き出す子は少なく。

なんといっても前作同様、吹替ご両名の棒読み感がハンパなくって、その時点で半減。
親子で楽しむコンテンツとしては申し分なし。
恐竜のパックンチョ!とか、暗くて狭い所での見つかっちゃったー!とかはハラハラして面白かったんだけど、、、なんか、、、恐竜が人間味あり過ぎというか。
恐竜達が凄い演技してて、感情表現してるのが違和感あって、うーむ乗れない。という感じ。
ラストのオチは、私はあり!です。
Anna

Annaの感想・評価

4.0
面白かったです。
今までのシリーズを完全に観てきた人ならもっと面白いかもしれない。私はちょくちょく観てるだけなので🙌

実際に恐竜がいたらすごいなぁと毎回思わされますね。
それにしても大自然が美しいし、人間も自然には敵わないなと実感します。

最後も自分的には自然の摂理って感じで良かったです。
個人的には1の方が面白かった!!

これ次回作、展開どうなっちゃうんだろう…

なんかバイオハザード思い出した(笑)
まりな

まりなの感想・評価

4.0
これ、ブルー好きにならない人いるの?
ジェラシックワールドのワールド感が出て来た!!
tofu

tofuの感想・評価

2.8
※致命的なネタバレはしませんが、作品のテーマ、メッセージ性、構成などを主観でレビューしますので、未見の方は自己責任で、ご覧下さい。





安定の面白さとスケールはお見事だと言える。しかしながら、個人的にはシリーズ全5作品の中でワーストとなった。

2作目『ロストワールド』とやっていることが同じで、尚且つストーリーが薄い。ジュラシック外伝であれば納得だが。

生命の尊さ、化学進歩による弊害、強欲者の顛末…などのメッセージ性がエンターテイメント性を上回ってしまい、かつて興奮のるつぼであった『ジュラシックパーク』らしさは微塵も無かった。
酷評も目立つ2作目『ロストワールド』を大きく下回ったと感じた。こちらでは狩猟チームと恐竜の掛け合いがしっかりと描かれていたが、今作はそこをバッサリと省略していて狩猟チーム(ヒール役)の強さや残忍さが欠けていた。この部分の掘り下げが浅い為、狩猟チームの崩壊が盛り上がらなかった。

主人公によるラプトル(以下ブルー)の成長記録シーンがあり、彼らの親密度を表す描写も投げっぱなしだ。あの心を打つシーンを何故、終盤に再現しなかったのだろう。重ねてブルーの活躍は素人でも予想できるレベルで驚きも感動も皆無であった。

前半の噴火シーンは画面全体に躍動感があって素晴らしいが、そこからは最後まで盛り上がることもなかった。

敵役に関しても中途半端さが目立った。
資産も権力も恐竜に対する知識があるはずなのに、お粗末な管理施設しか用意しなかったのと動機の不透明さが気になった。客人を招いての○○のシーンもベタな構図でゲンナリである。

それと今回の目玉悪役恐竜も「またこのパターンか…」と溜息。これも前作の焼き直しである。またシリーズ通してTレックスがここぞという場面で登場、活躍するのをバッサリと削除した点はファンとして非常に失望した。

…と色々と不満点が多い今作。あくまで個人の主観なので満足した方はそれで良いと思う。

最後に断っておきたい。
冒頭でも書いた通り、一定レベルの面白さと興奮は得られるので普通に勧められる作品であることには違いない、と。
内藤

内藤の感想・評価

3.0
オーウェンとブルーが
絆を深めた過去にはジーンとした😢💕
ブルーだからこそ育めた友情。やっぱりあの子は特別だったんだ。はぁ可愛い...♡

JWシリーズは恐竜が脅威というより
人間に利用されて可哀想。

遺伝子操作に対する懸念は
品種改良が当たり前の今
考えさせられるものがあったし、
興味本位の開発が改悪されるのも
歴史あるあるかも😢

とはいえ悪役がハッキリしていて
ありふれた展開なので
もう少し捻って欲しかった。


追加。島に取り残されたブラキオサウルスがたまらなく可哀想で、暫く脳裏に残りそう!