ジュラシック・ワールド 炎の王国の作品情報・感想・評価 - 3ページ目

ジュラシック・ワールド 炎の王国2018年製作の映画)

Jurassic World: Fallen Kingdom

上映日:2018年07月13日

製作国:

上映時間:128分

3.8

あらすじ

「ジュラシック・ワールド 炎の王国」に投稿された感想・評価

anco

ancoの感想・評価

3.5
大自然のなかに足を踏み入れたときにみる
恐竜たちと人間界のせまい空間のなかにみる
恐竜たちとではやっぱ迫力がぜんぜん違う。
次につながるエピソードだから仕方ないけど
汚いおとなたちの思惑ばかり見せつけられて
恐竜たちがかわいそうにしかみえなかった。

ブルーがいてくれてよかったよ。。
思ったのと違ったけど面白かった。

しかしなんか最後イライラする🥺

まーあの女の子はトラウマ級に怖い思いしたな(´Д` )

可哀想に(´Д` )

あとあの悪いおじさん檻の中で早々に死んでくれてなにより🥺
GijoeGo

GijoeGoの感想・評価

3.6
製作予算を前半に大振りしており、後半の失速ぷりは残念だが辛うじて面白いのが救い。

恐竜という題材で狭苦しいお屋敷で人間と対決というダイナミックさに欠ける展開はいかがなものか?
人間より能力が高い恐竜なのに、逃げてる人間に追いつかないように壁にぶつかったり転んだりと必死に忖度してるように見える所が多々あるのが残念。

A級タイトルがB級並みな展開とオチでがっかりした。
シナリオは何となく良くても映画としての面白味がかなり欠けているのでは。

これならジュラシックシリーズでやらなくても良いような印象を受ける。

オチがロストワールドに似ており新鮮味も無い。まだロストワールドの方が良かったかも。
せっかくジェフ・ゴールトブラムが出てるのに絡み方が浅すぎてこれなら出ない方がマシかと。

役者の演技もおかしい所が随所に見受けられだんだん冷めてきた。

前作が良かっただけに非常にもったいない。
あさひ

あさひの感想・評価

4.0
ジュラシックパークはやっぱり興奮しますね。
見たことあるシーンも含めて、面白いです。
m

mの感想・評価

3.7

火山の噴火と共にTレックスがガオー!のシーン(ジャケット写真になってるシーンですね)と、インドラプトルをやつけてブルーがガオー!するシーンがテンション上がりました(^ ^)

他のシーンはハラハラしたけど特に印象には残らなかったかな〜。
ジュラシックワールドのわくわく感が結構好きだったので、ちょっと物足りない!
前作のラスボスの方が強くなかった?笑
最後のシーンと映画の終わりは良かった
前半、噴火が迫るジュラシック島からの脱出シーンがクライマックス!
ディザスタームービーとしてもスリルを味わえる!!



けどその先のグダグダ感w
正直観てるのしんどかった~σ( ̄∇ ̄;)

火山の前でT.レックスがギャオ~っ!と格好良く吠えるシーンすらあざとく見えてしまってね。
ジャケのこれこれ


クリプラとブルーの繋がりは微笑ましいし新種の恐竜は狂暴だし見所はあるけども…

前作ほどのワクワク感は芽生えなかったな~


あ~でも島を去っていく時に取り残された恐竜の最期はじーんときました…

やっぱ前半パートがクライマックスだな( ̄▽ ̄)b
ゆ

ゆの感想・評価

4.0
大作娯楽映画に自身の作家性をするりと忍ばせることに成功している秀作
Raul

Raulの感想・評価

3.6
面白くないわけじゃないよ。
恐竜みたいから観るけど、いいかげん悪役の流れ変えた方がいいと思ったら…毎回おんなじパターンで、お前もか!!って思ったw

あと海の恐竜のやつ最後だけかい!?CMでの期待感があったので残念でした。
さぁ、MEGに期待しよう。
是非ご覧ください。
fusemasa

fusemasaの感想・評価

3.8
別に気にしてなかったし、わりと中途半端だけど今気付いた。記念すべき400作品目のレビュー。

そして、なんだこれは、、、。
火山バックのティラノのイメージがめっちゃカッコいいと思ってたらそんなすぐ噴火すんだって感じでそれこそ冒頭でおれが楽しみにしてたところ終わっちゃった。
そして、ティラノサウルス。なぜあんなにもカッコいいのか。ピンチにさりげなく助けてくれるのはイケメンすぎるが、、、いや食え!クリスプラットを食え!助けてくれるのはありがたいけどなんでも食うんじゃねぇのか!と思わせるほどのティラノの仲間感がある。それどーなんだろ、、、。

あと、新種作ればいい感どーなんだろね。今度はクローン人間まで作っちゃって、ほんと残酷な内容だし、ラストの女の子の判断もなかなかにヤベェことしてるけど、今作はむしろ設定に深みが増したように感じた。人間ってなんでこんなにも強欲なんだろうか。やだやだ、ニンゲンキライ。