ジュラシック・ワールド 炎の王国の作品情報・感想・評価 - 3ページ目

ジュラシック・ワールド 炎の王国2018年製作の映画)

Jurassic World: Fallen Kingdom

上映日:2018年07月13日

製作国:

上映時間:128分

あらすじ

前作でハイブリッド恐竜インドミナス・レックスとT-REXが死闘を繰り広げ崩壊したテーマパーク<ジュラシック・ワールド>を有するイスラ・ヌブラル島で<火山の大噴火>の予兆が捉えられていた。迫り来る危機的状況の中、人類は噴火すると知りつつも恐竜たちの生死を自然に委ねるか、自らの命を懸け救い出すかの究極の選択を迫られる。そんな中、恐竜行動学のエキスパート、オーウェン(クリス・プラット)はテーマパークの…

前作でハイブリッド恐竜インドミナス・レックスとT-REXが死闘を繰り広げ崩壊したテーマパーク<ジュラシック・ワールド>を有するイスラ・ヌブラル島で<火山の大噴火>の予兆が捉えられていた。迫り来る危機的状況の中、人類は噴火すると知りつつも恐竜たちの生死を自然に委ねるか、自らの命を懸け救い出すかの究極の選択を迫られる。そんな中、恐竜行動学のエキスパート、オーウェン(クリス・プラット)はテーマパークの運営責任者だったクレア(ブライス・ダラス・ハワード)と共に、行動を起こす事を決意。島へ向かったその矢先に火山は大噴火を起こし、生き残りをかけた究極のアドベンチャーが遂に幕を開ける!

「ジュラシック・ワールド 炎の王国」に投稿された感想・評価

4DX3Dにて鑑賞。
やっぱりアトラクション気分で楽しむのに最適な映画だった。
水の演出が多いので注意。寒い。
ランペイジでは多用された森の香りがジュラワにはほぼ無し。残念。
火山の熱気を感じたかった。4Dに熱はないのか…

炎の王国とはいうものの大自然、火山、海みたいなシーンは割と序盤で終了。
後半は屋内(大半地下)が舞台になるので閉鎖感あり。
その為、主な恐竜は小型〜中型が活躍する。
どこから恐竜が出てくるんだろうって感じのドキドキ、ワクワクは少ない。
みんな捕まってるから。
ブルー以外の恐竜の頭が悪い。
前作までの恐竜達もう少し警戒心とか知能高かった気が…
それにしてもちっこい頃のブルーの愛らしさに身悶えた。
前回美味しいところをもっていったモササウルスは本件とほぼ関係ないところでちょっぴり出演。

クリス・プラットはやっぱりかっこいい。
頼れるにいちゃん。かっこいい。
出会ってすぐの子供にも頼られる。
この人といれば安全だと思わせるオーラ全開。
それにしてもクレアの吹き替えはなんとかならないのか。

今作は比較的被害者が少ない気がした。
閉鎖空間だしね。人も恐竜も少ない。

最後はあの人がきっちり締めてくれます。
あの人の出演にシリーズファンとしてはやっぱりテンション上がった。
なお

なおの感想・評価

3.7
めっちゃ疲れた。身体に力が入り過ぎて、息もなんだか上手く出来なくて(笑)
怒涛の2時間だった。
やっぱり3Dで観なくて良かった。危うく心臓が停止するところだった…確か前作も映画館で観て、私はDVDで丁度いいって思ったのに、忘れて今回も映画館で見てしまった(笑)
後半もドキドキは止まらないけど…少し落ち着いて観れた…

ブルーいたいた!
前作もブルーに助けられて、今回もまた。
島を出る時、マグマに囲まれて出航した船を眺めながら崩れ落ちていくブラキオサウルスがめっちゃ悲しかった。ブルーのちっちゃい時の首を傾げる姿可愛かったし、今もなお助けようとするブルーの健気さが切なかった
規模は違うにしても動物園だって同じ、ペットだって同じ。そう考えると人間ってエゴイストだよね。
でもそう考えると、次作はどんな風になるんだろう…既に解き放たれた恐竜たちがいるのは紛れもない事実(><)
Shirota

Shirotaの感想・評価

3.0
クリス・プラット不死身かよ。
あの透明のボール型乗り物乗ってみたい♫
ブルー可愛かった。
メイジー、いろんな意味で大活躍💧

次はベガスで大暴れ?
オーシャンズ11(種)か?
2018 190本目

今年1番楽しみにしてました。
期待が強かった分、うーん…となってしまった。
前半の島の部分は凄く良かったんですが、後半部分は個人的には好きじゃないかな。
それでもジュラシックシリーズは面白いです。
yoshi44

yoshi44の感想・評価

3.5
幼い頃は、古生物学者にもなりたかった。

映画の内容はもうどうでも良いくらいどうでも良いんだけどあえて書くなら、
・シリーズ通して、いつまでたっても同じこと繰り返す愚かな人間ども。のび太くらい成長しないなお前ら
・敵も味方も、揃いも揃ってみんなバカ
・新種創造って前回やったやん
・屋敷の地下にあんな施設作れるか
・ご丁寧にドクロマーク付きのガスボンベw
・やたらと胸を強調する衣装
・邦題は絶対「滅びゆく王国」にすべきだった
・この後広げた風呂敷どうします?

でもブルーが可愛すぎてオールオッケー。
もしヴェロキラプトルと心を通わせることができるなら、すべてを投げ出したっていいと思ったりもする。
前作の続き。恐竜を保護するために別の島へ移送しようと思ったら売人に騙されてえらい目に遭う話。

ありがちなシーンの応酬話法。新キャラ2人がただの御都合主義。唐突な設定が多すぎて興醒め。伏線の張り方が絶望的に下手。この後死ぬんだろうなあ→死ぬの繰り返し。
インスタントラーメンを700円で提供されたような映画。
655321

655321の感想・評価

3.3
三部作の真ん中として、J・A・バヨナ監督はこれ以上ないと思えるくらい頑張った!

恐らく壮大になる次作への溜めとなる今作は、後半から一軒の家が舞台に。
前作からはもちろん、一本の映画の中でも後半に入って規模が小さくなるという難題をホラー演出で別ベクトルに恐怖を保ったのは凄い。
影を使って姿を見せずに恐怖感を演出。
爪で床をトントンするのはエルム街のフレディを連想。
少女メイジーの登場ごときを音で驚かせてきたのはちょっと腹が立ったり笑

「ようこそ、ジュラシックワールドへ」
このセリフからも今作が繋ぎであることがよく分かる。
あと絶対アンタ前日からそれ言おうと決めてたでしょ!笑

今から次のジュラシック・ワールドが楽しみ。
優しくて喧嘩が強いマッチョは最高。最高すぎるので子供もすぐなつくし、一人で家も建てられる。

落語みたいなオチだっだ
これが本当のジュラシックワールド…

このレビューはネタバレを含みます

ブルーが元気そうでよかった。
後半のホラー感好き。
クローンが出てくるといっきにテーマが重たくなりますね。
うめ

うめの感想・評価

-
オープニングから、
ありゃまぁ、とんでもないことになっちゃいますのね。
とわかるので、あとはもう
ブルーよ、健やかに!
と祈るのみであった。