ジュラシック・ワールド 炎の王国の作品情報・感想・評価 - 4ページ目

ジュラシック・ワールド 炎の王国2018年製作の映画)

Jurassic World: Fallen Kingdom

上映日:2018年07月13日

製作国:

上映時間:128分

あらすじ

前作でハイブリッド恐竜インドミナス・レックスとT-REXが死闘を繰り広げ崩壊したテーマパーク<ジュラシック・ワールド>を有するイスラ・ヌブラル島で<火山の大噴火>の予兆が捉えられていた。迫り来る危機的状況の中、人類は噴火すると知りつつも恐竜たちの生死を自然に委ねるか、自らの命を懸け救い出すかの究極の選択を迫られる。そんな中、恐竜行動学のエキスパート、オーウェン(クリス・プラット)はテーマパークの…

前作でハイブリッド恐竜インドミナス・レックスとT-REXが死闘を繰り広げ崩壊したテーマパーク<ジュラシック・ワールド>を有するイスラ・ヌブラル島で<火山の大噴火>の予兆が捉えられていた。迫り来る危機的状況の中、人類は噴火すると知りつつも恐竜たちの生死を自然に委ねるか、自らの命を懸け救い出すかの究極の選択を迫られる。そんな中、恐竜行動学のエキスパート、オーウェン(クリス・プラット)はテーマパークの運営責任者だったクレア(ブライス・ダラス・ハワード)と共に、行動を起こす事を決意。島へ向かったその矢先に火山は大噴火を起こし、生き残りをかけた究極のアドベンチャーが遂に幕を開ける!

「ジュラシック・ワールド 炎の王国」に投稿された感想・評価

wk

wkの感想・評価

4.0
ジュラシックパークから今まで今作品は全作品よりしっかりと話が繋がっていたような気がする。ジュラシックシリーズ特有のスリル感と現実にあり得そうであり得ない恐竜との共存がしっかり描かれており2時間があっという間だった。確実に全作品よりパワーアップしたのは間違いない。家族全員でも、友達とでも楽しめる作品だった。
りりん

りりんの感想・評価

4.3
恐竜パニック映画ジュラシックワールドの2作目。
コメディ風味の強かった1作目とは打って変わって、ゴシックホラーの香りを感じるほど
ちゃんと、怖い。
冒頭から引き込まれる脚本、俳優陣は伸び伸びとナチュラルに演じていて、
恐竜たちの心情までしっかり伝わる。
「パーク好き」がニヤリとするサービスも。
個人的に、1作目よりもずっと面白かった。

このレビューはネタバレを含みます

自分用







なんだか前作が大好きだったから残念だなぁ…。
全体的に残念。前と比べるからだろうけど、なんだかチープな感じになっちゃった。

ブルー前作の時に男性でエコーかデルタが女の子な印象だったからなんかそれで引っかかっちゃったし、インドラプトルがあんまり怖くない。
怖さ求めてるわけじゃないけど、インドミナスレックスの方がもっと賢そうだったし十分脅威だった。
恐竜がさらに知能あるとこ見せたかったのかもだけど、死んだふりはまだいいとしてニヤリって…。もうただのエイリアンというか、表現がただのホラーというかSFというか。インドミナスレックスの方があんな表現ないのに十分知能が高く出してはいけないもの的な表現ができていた。

大体ラプトルをインドミナスと掛け合わせたって言ってたけど、もともと入ってるって言ってたし入れたからどうしたみたいな。
インドラプトルにしても今更ブルーに母親って言っても、もうでかいし。インドラプトルの子供作ってそれを育てさせる感じ?
いうこと聞く恐竜的な怖さ出したかったのかもだけど、そんないうこと聞いてないし結局みんな全部食べてるし他の肉食との差がよくわからない。

毎回こどもも出てくるし、恐竜となると子供も出して欲しいけど、今までで1番謎な設定。クローンである意味が弱い。最後の扉開けさせる用の設定なだけで、それ以外にわざわざそうした意味がよくわからない。だから?みたいな。人間の過ちが今回のテーマだから的な?こじつけ感半端ない。
お母さんの顔全然出さない、瓜二つだとかでなんとなくクローンとかなのかなって想像できちゃうからふーんだし。おじいさんの娘一人作り出しちゃったところで、あんなに恐竜出してる世界でなんか悲しかったんだね〜、くらいで終わってしまうよ。
みんなとあうシーンもオーエンに会った時も好感をビデオみて持ってたんだから早く出てこいよ。
みんながみんな中途半端に出てきて、ちゃうと半端に活躍しちゃってなんか嘘くさいんだよなぁ…。
無駄な感じがちらほらあって書ききれないけどなんだかなぁ…。

炎の王国だからもう島を脱出したあたりで終わりでよかったよ。
あのオークションも別にうわー!ってなる展開じゃないからいらなかったし。もはや、島が噴火の危険とかは最初にあったけどそれを聞いてあの人たちが金持ち連れて現地で直接見ながらオークションしてるっていう情報を聞きつけて、みんなが助けに行くとかのがまだよかったなぁ…。
後半で噴火してきて、やばい時にラプトルがまだ!みたいになってオーエンとの絆再確認的な感じでなんとか逃げ出して、その時にオークションで捕まえた子達と結局脱出してあの用意してたっていう島にみんな解放して終わりとかがよかったなあ…。

地球に恐竜解放してわぁこわーいって、もう空からシャーク降ってくるのと同じチープさだよ。怖がらせたいだけっていうか。
結局隔離された島にちっぽけな人間が入っちゃって、どうにか脱出するのがジュラシックシリーズな訳で。何度か出てきた恐竜もいたけど、せめてクライマックスだったしなぁ、何匹かだし。
あと後半でもうあんな屋敷にいっぱい恐竜きちゃったけど、それで壮大さが半減したなぁ。首長竜入れられる施設ってなんぞ?あの屋敷そんなデカかった?そんな感じ全然しないし、屋敷の中で恐竜に追いかけ回されても、なんてジェイソン?って感じなんだよな…。
恐竜もナワバリってあるからその利を活かして狩をしてくるからの怖さというか…。

まぁまぁよかったのはオーエンと子供のラプトル達のふれあいと、冒頭のTレックスが肉食系倒すとこくらいかなぁ…。前作ではそんなにビシって整列なんかしなかったし、Tレックスもはや人類の味方的な感じはあったけど。

全体的にチープで非現実的なこじつけ感半端ない映画。
やっぱり買収されたからなんか変わったのかな…
ミー

ミーの感想・評価

4.6
本当泣いた…😭
前作とは違った号泣(´;ω;`)

とにかく恐竜好きとしては怒り心頭、ブルーちゃんちょっとは怒ってもいいよレベル…😭

恐竜がそれぞれ沢山良いシーンがあって本当夢のようなシリーズだからこれからも期待してます🦖🦕
misato

misatoの感想・評価

4.0
ストーリーが前作よりも濃い。

人間にもスポットを当てていて、スリル重視の空っぽの映画でははなく、物語としてよかった。

映画館で鑑賞してたのですが、知らない3歳程の女の子が「可哀想。可哀想」と言っていたので、子供にも理解出来るストーリーなのだと思います。
ふち

ふちの感想・評価

4.0
シリーズ一貫したシナリオ。
いつも通りの流れだなぁと安心して観ました。
恐竜の瞳や仕草から感情が感じられ、リアルでドキドキしました。
最後の「ジュラシック・ワールド」の発言でこれからどうなるのだろうと想像が広がります。
yumiko

yumikoの感想・評価

3.5
このシリーズには神の領域に踏み込んだ人類の愚かさと悲劇をまざまざと突きつけられてきたけれど、まだ懲りないか人類!と拳を握りしめる。手に負えない力を手にした代償はどこに収まるのか。ジュラシックワールドの真の意味に愕然。

このレビューはネタバレを含みます

わい、このシリーズ好きですわ。。
でも炎の王国なのは前半だけであって、後半は恐怖の館でしたわ。
YuyaFukuta

YuyaFukutaの感想・評価

3.7

このレビューはネタバレを含みます

淘汰、支配の世界から共存の世界へ…

いや、共存ていうのか…?w
JunHonma

JunHonmaの感想・評価

3.4
2017.07.18鑑賞

前作のロストワールドからの続編になる作品

テーマソング聞くのやっぱりテンション上がりますね。

ジュラシックパークから全部見てるので恐竜のリアルさがかなり上がっていて技術の進歩をすごく感じます。

前作で恐竜の暴走により放棄した島が活火山状態にあり、恐竜が絶滅するかもしれない状況から始まります。

世論はぜつめつさせるべきか保護すべきかの議論の中、保護するべきとして島に乗り込んでいきます。
前作から出ていたベロキラプトルのブルーを保護するを最優先に行動しますが、火山活動か激しくなっていく中の創作はかなり困難を極めます。

なんとか保護?に成功したが本当の目的は違うとこにあった…として物語は核心に迫っていきます。


前作で島を放棄しているため、恐竜に対してはネガティブなイメージしかないところから始まります。
恐竜と共存か絶滅か、もし本当に恐竜たちがいきていたら人間はこんな議論していたんでしょうか?と感じました。

敵となる恐竜が出でくるのは中盤以降になりますが、人間はわかっていても間違いばかり起こしてしまう生き物なんですかね…
どうしても展開が予想できるフラグをバンバン立てて来ます(笑)
幅広い年代に見てもらう想定なのかなと考えれば身を終わった後のモヤモヤ感などはないのでいいのかなと思います。

恐竜好きなら肉食と草食がどれなのかわかりますが、あまりそういた説明がないので初めてこのシリーズを見るという方は置いてけぼりをくらいそうです。

娯楽映画としては楽しく見れるので是非ご覧ください!