ロカタンスキー

ミュージアムのロカタンスキーのレビュー・感想・評価

ミュージアム(2016年製作の映画)
3.0

最初の方はまだ見てられる。
テンポはまあまあよく、とゆーかそれが仇になっている。先々と色々わかってしまってるから長ーく感じてしまうし、沢村刑事のアホっぷりむかついてくる。「こいつ怪しい」と思ったのに、その怪しいと感じる理由全部喋ってから、もう一回そいつの方に向いたら居ない。アホすぎる。
裁判員制度、あれは身内に警察関係の人がおれば選ばれても辞退させられるはず。


セブンに韓国バイオレンスの雰囲気も混ぜ込んでるんかしらんが、中途半端。

良いところもある!日常の1番幸せな瞬間と現実の絶望の瞬間との対比させるあのシーンはとても見事だなと思った。