ミュージアムの作品情報・感想・評価 - 2ページ目

「ミュージアム」に投稿された感想・評価

カエルが妻夫木聡だってわからなかったな、特殊メイク、グロさはクォリティ良さげ。こーゆー刑事映画俺は好きだな
あき

あきの感想・評価

3.7
雨の日に現れる殺人者は、カエルの仮面をかぶり自らをアーティストと呼ぶ。
主役を演じる小栗旬の危機迫る演技が良かった。
久深

久深の感想・評価

1.9
気づいたら小栗旬が追い詰められてた。カエル男のアートを表現するのがいちばん力入ってていちばん怖かったね。あと小栗旬さんの演技も。カエル男は個性的で魅力的な殺人犯になって欲しかったけど、いまいち主張もアーティストだしか言わず何かしたいのか展望もわかんなくてカリスマ猟奇殺人犯になれてなかったのが残念だった。
最後息子も同じように心因性の悪意アレルギーになるってのは怖いオチなのかな。
黒さん

黒さんの感想・評価

4.2
全編通して降り続ける湿った雨の中での、乾いたアクションが魅力的。

ストーリー展開そのものは割と単純で、主人公の思い付きに頼ったような手掛かりもあったが、カエル男に翻弄されていくサイコサスペンスとしては、非常によくできていたと思う。
特にクライマックスにかけての小栗旬や尾野真千子の演技には、狂気溢れる迫力があり、魅力的だ。

レーディングがGでありながらも、暴力的なアクションや、グロテスクな死体描写などもきちんと表現されていて良かったし、カエル男に関しての下手な人間ドラマが一切無かったことも良かった。
れもん

れもんの感想・評価

3.5
予告編を見た時は「相当グロそうだな」と思ったけど、実際はそこまでグロくなかった。

ストーリーはなかなかご都合主義なところもあり…

小栗旬の高校生時代を演じるのが伊藤健太郎だったのはナイスキャスティングだと思った。

【2019.03.10.鑑賞】
【2019.03.14.レビュー編集】
Ritsu

Ritsuの感想・評価

4.0
カエル男って100%ふざけてんのかと思ったらちゃんとカエルって言う理由があったのね!
ハラハラしたりホッとしたり
事件とストーリー展開が波のように押し寄せる加速していく!
見せ方が上手い!
犯人役は、誰だ?
と思いながら鑑賞しつつ最後までわからずでレビューを見てびっくり‼︎
思い返しても面影がない…
凄いグロいけどハラハラ、ドキドキ引き込まれました。
最後のオチがさりげに鳥肌ものです。
大学の一限に向かう途中、観に行くことを我慢出来ず映画館に駆け込みました。正直想像以上に面白く、2度目は友人とバルト9で観ました。悪趣味なので昼食はハンバーガーを食べ、充足した休日を得ました。
とか言ってドアの後ろにいるってことないよな。
のシーン見たくて借りたがそこは全く怖く無かった。あのシーンで音入れる意味がわからない。無音で、あるよ。を期待した
an

anの感想・評価

3.0
グロいし怖いし、
不気味な映画やったけど
なぜかすごく引き込まれた。
猟奇的で異常でゾッとするシーンが沢山。