映画ドラえもん 新・のび太の日本誕生の作品情報・感想・評価

映画ドラえもん 新・のび太の日本誕生2016年製作の映画)

上映日:2016年03月05日

製作国:

上映時間:104分

3.6

あらすじ

「決心したぞ!僕は家出する!!」家でも学校でも叱られてばかりののび太は、家出をしようと思い立つが、どこに行っても持ち主のいない土地はないことを知る。そして、ドラえもん、しずか、ジャイアン、スネ夫もそれぞれの理由で家出を決心。みんなで行くところがなく途方に暮れていた。それならばいっそのことまだ誰も住んでいない太古の日本へ行こうと思い立ち、史上最大の家出へと出発することに!7万年前の日本を舞台に大冒…

「決心したぞ!僕は家出する!!」家でも学校でも叱られてばかりののび太は、家出をしようと思い立つが、どこに行っても持ち主のいない土地はないことを知る。そして、ドラえもん、しずか、ジャイアン、スネ夫もそれぞれの理由で家出を決心。みんなで行くところがなく途方に暮れていた。それならばいっそのことまだ誰も住んでいない太古の日本へ行こうと思い立ち、史上最大の家出へと出発することに!7万年前の日本を舞台に大冒険が始まる!!

「映画ドラえもん 新・のび太の日本誕生」に投稿された感想・評価

リリ

リリの感想・評価

3.7
泣かないつもりだったのに、泣いた〜。
のび太くんたちの優しさが大好き。
aea

aeaの感想・評価

3.3
記録
JF

JFの感想・評価

4.0
 かのドラえもん映画群の中でも珠玉の傑作と語り継がれるのは間違いない。間違いなく出来がいい(残念ながらここ数年のドラ映画は正直つまらないと感じるものが多かった)。登場人物の心情がまんべんなく描かれ、ペガ、グリ、ドラコに対する愛情を私たちはのび太と共有することができた。ストーリーに緩急がきき、飽きない。秘密道具も見たことのないものとおなじみのものが併用され満足。なんといってものび太たちが自力で(もちろんドラえもんの道具には頼るが)ギガゾンビを追い詰めていく様は痛快だった。
 理科的な地球の成り立ちの知識がちりばめられた感じもたまらなくよく、これをきっかけに地球の歴史に興味を示すお子様も多いのでは。思えば私も小さなころ、ドラえもんから学んだことは多かった(笑)。

 大人も楽しめる。完全娯楽大作。おススメする。
FT

FTの感想・評価

3.6
いやー、やっぱりいくつになってもドラえもんの映画観るのはなんか楽しいなー😄

ストーリーは、ある日のび太がいつも通りママに怒られて泣きじゃくるところから始まる。しかし、今回は相当カチンときたのか本気で家出を試みる。だが、今の時代どこも誰かの所有地でどこにも自由に住める場所がない。ならば、誰からも文句の言われない遠い昔にいこう!ということで日本が誕生したころにタイムマシンでタイムスリップする。そこである少年と出会い…

今回は、たまたまバイト先の小学生に勧められて鑑賞。結構クールな感じの子が"これはちょっと泣けた"と言ったのでそんなに泣けるのかーと思って見てみるとしっかり号泣😭。このテーマである親子愛について、のび太はストーリーの一部を通して親が子供にかける愛情を理解する。のび太のいいところは、なんだかんだ素直なとこなんだなあと思った。誰でも分け隔てなく接するし、心底優しいし、そういうところにグッときたなー🤣
>|