映画ドラえもん 新・のび太の日本誕生の作品情報・感想・評価

映画ドラえもん 新・のび太の日本誕生2016年製作の映画)

上映日:2016年03月05日

製作国:

上映時間:104分

3.6

あらすじ

「決心したぞ!僕は家出する!!」家でも学校でも叱られてばかりののび太は、家出をしようと思い立つが、どこに行っても持ち主のいない土地はないことを知る。そして、ドラえもん、しずか、ジャイアン、スネ夫もそれぞれの理由で家出を決心。みんなで行くところがなく途方に暮れていた。それならばいっそのことまだ誰も住んでいない太古の日本へ行こうと思い立ち、史上最大の家出へと出発することに!7万年前の日本を舞台に大冒…

「決心したぞ!僕は家出する!!」家でも学校でも叱られてばかりののび太は、家出をしようと思い立つが、どこに行っても持ち主のいない土地はないことを知る。そして、ドラえもん、しずか、ジャイアン、スネ夫もそれぞれの理由で家出を決心。みんなで行くところがなく途方に暮れていた。それならばいっそのことまだ誰も住んでいない太古の日本へ行こうと思い立ち、史上最大の家出へと出発することに!7万年前の日本を舞台に大冒険が始まる!!

「映画ドラえもん 新・のび太の日本誕生」に投稿された感想・評価

ジャイアンの奴隷解放宣言と、どらえもんのネズミ嫌いを知っておきながら躊躇いなくハムスターを見せる鬼畜ママが本作の最大の見所。

日本誕生の目的の一つである、日本は狭くて私有地と公有地以外に自由な土地がないという冒頭は中々にヘビー。旧作を見た当時、ぼんやりと日本の土地問題を意識したのを思い出す。しかしここから飛躍させるのがドラ映画の真骨頂であり、土地の所有権が生まれる前に行くという発想はかなりダイナミックだと思う。タイムスリップと家出という非日常と日常を繋げるスケールのデカさがたまらない。

のび太が着想を得るシーンと、家出を心配する両親にハムスターを絡めた改変は上手い。ちょっとあざとい気もするが、新ドラはちゃんと帰る場所を意識した話作りになっている。

子供なら誰もが憧れたであろうダイコンは本作も健在である。しかしドラえもんでも屈指のチート武器である名刀電光丸をあんなことに使うとは思わなかったw

本作のボスであるギガゾンビはその謎めいた正体もさることながら、大塚芳忠が声を吹き込むことで華のある悪役に仕上がっている。時を止めればどうにかなるという子供の浅知恵を木っ端微塵に砕いたシーンと、それがすなわちギガゾンビの正体に繋がっているという伏線も上手い。

クライマックスの巨大マンモスとドンブラ粉はオリジナルだが、これは原作版夢幻三剣士のジャンボスの倒し方から着想を得たのだろうか。本物の石槍で偽史を打ち砕くというまとめ方も素晴らしく、テーマは新作の方がより明快になっていると思う。

最後、まさかTPぼんのリームが出るとは思わなかった。マニアはニヤリとするゲストである。まさに藤子・F・不二雄ユニバース。旧作ではそこまで感動作という印象はないのだが、新作は不覚にも感動してしまった。丁寧な話作りの光る秀作だと思う。
なーち

なーちの感想・評価

3.5
久々にドラえもんの映画観た。新シリーズは初。いつまで経ってもドラえもんはドラえもんだったし、ストーリーも筋が通っていて面白かった。ドラえもんの映画は子供向けながら毎回テーマがあるからいいよね、今回だと「生」とか「文明」、「進化」とかかな。
riri

ririの感想・評価

-
のび太の作った3匹の動物達がかわいすぎる。
エリー

エリーの感想・評価

3.1
全部アマゾンに上がってたので鑑賞

冒頭のび太がどこでもドアで逃げた
忘れ去られた田舎のダムに沈んだ村

ほぼ地元ですがそれは…(´ー`)ふぅ

テレビ観てなくて知らなかったけど
オープニングの「ドラえもーん!」の後に
もうあのメロディは流れないのですね…切ない

最後の山崎まさよしはズルいわ〜

このレビューはネタバレを含みます

・ペガサスとグリフィンと竜の3匹の空想動物が良いアクセント
・7万年前の旧石器時代が舞台で、ラスボスのギガゾンビがドラえもんより1世紀先から来たからより知的レベルが上などなかなかぶっ飛んだSFをさらっと入れてくるところにドラえもんの面白さがある
・秘密道具のチート感が今回は強かった
・3年ぶりの映画版ドラミが最後に活躍
新ドラ最高傑作といってもいいだろう!!

日本誕生を忠実にリメイクをしつつ、原作で説明不足だったシーンやあまりメインのストーリーと噛み合っていなかった部分をうまく拾い、全てきれいに昇華している。
また、一部キャラクターは現代の価値観にしっかりと合うように設定を変更するなど脚本がよく練られている。(原作では大した活躍の無いとあるキャラクターの視点を入れたのは、ドラえもんというコンテンツが前回の日本誕生からいかに大きなものになったのかを感じることができるのも良い)

また、原作では迷言とまで言われたあのセリフにものすごく燃えてる展開でアンサーを出したのには感動以外の言葉は見つからない。
しかもそれが映画のテーマとも合致し
ているのだ!

まさにリメイクのお手本ともいえるような名作だ
最近のドラえもんは秘密道具に夢がない。昔の秘密道具はどこでもドアやタケコプターのような夢を見させてくれる道具が多かったと思う。今作で最も驚愕したのが、ウルトラストップウォッチである。そんなものがあったら無制限に万事解決となりそうである。
あとタイムマシーンの設定が謎だった。序盤に元の世界の同じ時間軸にしか帰れないような設定を仄めかしていたのに、中盤では元の世界の別の時間軸に旅行帰りのような感覚で帰っていた。子供でも疑問を抱きそうな設定の甘さである。

最近立て続けにドラえもん映画を見過ぎたせいか、展開が同じ過ぎて心が全く動かなかった。たまに見るから面白いのかもしれない。
mayuge

mayugeの感想・評価

3.6
感動した
次男

次男の感想・評価

3.4
新ドラえもんを観てみた。
ぬるぬるときれいに動いていた。僕は、いまだに「声の変化に慣れない」とか言うタイプの人間だ。
そしてドラえもんにもマジレスするタイプの人間でもある。

◆◆

「日本誕生」と銘打ちながら、ぜんぜんその設定を使えてなくて、すごくもったいないなあ!タイムマシンで原始時代に行くのなんて何度も観たし、ラスボスのギガゾンビくんの目的も手段も凡庸で「日本誕生さ」に欠けるし、「日本誕生」って言葉にすごく期待してたのになあ。うーん。

新シリーズは泣かせが必須なのかな。ククルくんとのドラマを主軸になるべきなのに、(内容に対してあまり必然性のない)空想獣三匹との強引なウェットが最後を飾って、あれーそれでいいのかなあ。「元の時代に戻ることで離れ離れ」ってピー助とまったく同じだしよう。うーん。

◆◆

ほんと新しい文化にぶちぶち言うなんてクソみたいな懐古主義者みたいってわかってるんだけどさーーなんかやっぱさーーーーうそんくさくない?新シリーズ。抗菌って感じ。子供らしからぬ礼節をもった子役って感じ。作り笑顔をみてるみたいなさー。そんなふうにいろいろちゃんとしてるから、上で書いたみたいなことをネチネチ言いたくなるのかなあ。
ってそういえば旧シリーズもそんな観たことないや。
>|