イップ・マン 継承の作品情報・感想・評価

イップ・マン 継承2015年製作の映画)

Yip Man 3

上映日:2017年04月22日

製作国:

上映時間:105分

4.0

あらすじ

1959年。好景気に沸く香港は、その一方で、無法地帯になりつつあった。裏社会を牛耳る最凶の不動産王・フランクによる暴挙から町を守るため、静かな達人イップ・マンは立ち上がる。だがそれは、自身の家族をも命の危険にさらすことを意味していた。さらには、武術“詠春拳”の正統をめぐって挑まれた死闘・・・。果たしてイップは、人生において最も大切なものを見出し、守り、伝えることができるのか?

「イップ・マン 継承」に投稿された感想・評価

おかき

おかきの感想・評価

3.7
ブルース・リーの扱い雑すぎて草www
あと、ドニーイェン演技うますぎ、奥さんとの物語が映えてた!
ふみを

ふみをの感想・評価

2.7
正直、ラストアクションだけ4.5点、それ以外のアクションと相殺するのでこの点数というか。
最後の殺陣のクオリティだけ段違いですね。勿論ドニーとマックスも最高です。

設定上、無敵のヒーローにはなり切れないイップマンの映画らしく、とても切ないところも好きです。
なかを

なかをの感想・評価

4.2
前2作よりも家族との愛とかにフォーカスしててストーリー性も上がっていた気がする。かつアクションシーン一つ一つクオリティも高くて全部見応えがあった。音楽もとてもよかった。

社交ダンスのシーンはギャップありすぎて笑ったけど
ささき

ささきの感想・評価

3.7
一番痺れた
日本軍将校の空手、舶来のボクサーときてタイソンでまたボクサー?と思ったら違った。チンピラの小学生への攻撃がえげつな過ぎる。そもそも火付けた奴らに売るかね?詠春拳が最強と言うことを他流試合ではなく内ゲバで済ますとは。
前作まではちょろっとだったブルースリーも本筋に関係ないのに露出も多め。2作を観た人が大半なんだし関係性をそこまで出さなくても。
アクションもマンネリになりつつあるし…と思いきやまさかのドニー兄貴のぎこちなさ全開の社交ダンス!はにかむドニー。手を繋ぐドニー。からの哀しみを孕む木人椿。良いもの観させてもらいました。
Haru

Haruの感想・評価

3.8
タイソンがいい。
Barolo

Baroloの感想・評価

4.5

冒頭、壮麗なテーマ音楽をバックに、葉問は木人椿を相手に黙々と鍛錬を続ける。その姿は、秘めたる詠春拳への情熱か、はたまた鎮魂歌か・・・。

ついに3部作の最後へ突入。これで最後かと思うと、惜しい、惜しいぞ、ドニー・イェン!!貴様との決着はまだついてはおらぬというに。

イップマンは、変わらず強く優しい。あの噛みつき狂犬大魔神、マイク・タイソンにすら情をかける。タイソンが幼子と妻が一緒にいるのを見たイップマンは、タイソンを倒さず、ひたすら3分間堪え抜く。実は勝とうと思えば勝てたのであるが、それをしない。流石だ、我がイップマン!

イップマンは、闘いを好まない。例え、詠春拳の正当後継者を名乗るものが出てきても、残された短い時間を最愛の人と過ごす方を採る。が、そのイップマン最大の理解者は、彼が武闘家としての生き様を全うすることを望む。その声に応えてイップマンは立ち上がる。

跡目を決める闘いにおいて、最初の棒では互角、次の双剣ではイップマンが押していく、が、素手の闘いでは、逆に視界を奪われ絶体絶命のピンチに!!果たしてイップマンは勝てるのか?最愛の人の運命やいかに!!

決して、これで終わりではない。イップマンはきっと帰ってくる。この平成の羅将ハンと呼ばれたバローロは、日々の鍛錬を絶やさず、特注の木人椿を相手に稽古をしながら、ひたすらイップマンがもどってくるのを待つのである。

ちなみに、私の木人椿は、シリコン製で、外国語でダッチワXイフというらしい。

むほほー♪( ´θ`)ノ
二作目ほど酷くはなくてよかった。
マイクタイソンと真の詠春拳争いとでテーマが二分化されてたけどどっちかでよかったんでねーかと思った。
階段で刺客と戦うシーンは好き。俯瞰でカッコよく撮れてた。
>|