イップ・マン 継承の作品情報・感想・評価

イップ・マン 継承2015年製作の映画)

Yip Man 3

上映日:2017年04月22日

製作国:

上映時間:105分

4.0

あらすじ

1959年。好景気に沸く香港は、その一方で、無法地帯になりつつあった。裏社会を牛耳る最凶の不動産王・フランクによる暴挙から町を守るため、静かな達人イップ・マンは立ち上がる。だがそれは、自身の家族をも命の危険にさらすことを意味していた。さらには、武術“詠春拳”の正統をめぐって挑まれた死闘・・・。果たしてイップは、人生において最も大切なものを見出し、守り、伝えることができるのか?

「イップ・マン 継承」に投稿された感想・評価

あまりにも素晴らしい映画に出逢うと心から誰に向けたらいいか分からない感謝の念が湯水の様に溢れ出てきます。冒頭のイップ師匠が木人を叩くシーンの時点で8兆点でした。
イップマンシリーズはドニーさんの中で初めて触れた映画で特に思い入れがあります。前2作も言葉にするのもおこがましい程素晴らしいものでしたが、今作イップマン継承はさらにその遥か遠く、もはや雲の上。神が造らせた映画なのではないかと思ってしまうほど神々しい逸品です。
アクションにおいて、もはや口にするのもバカらしい何でも良いからさっさと観てくれ!というのが本音ですが、、、多勢相手やムエタイ使い、マイクタイソンと様々なシチュエーションでまんまん満足お腹いっぱいになるまで魅せてくれます。もう何周も観たいです。こんなくだらねぇ感想書いてる時間があったらさっさと2周目観たいです。ドニーさんは当然素晴らしいのですが、もう1人。ドラゴンマッハ!で最強の敵を演じたマックスチャンが今作でも大活躍しています。この人のアクションも美しいのなんのって惚れ惚れします。
さて、こんな素晴らしいアクションがひったひたに映画の割合を占めているとストーリーが多少弱くなってもカンフー映画ファンとしては全然良いよという気持ちになるもんですが、イップマン継承を舐めないでいただきたい。コレはカンフー映画ではなく夫婦愛を描きに描いて描き散らかした映画と言っても過言ではない。イップマンが大事な決闘を放ったらかしてウィンシンと笑顔でダンスを踊るシーン。コレを涙と笑顔無しで見れますか?私は無理ですよ。泣きながら笑顔が込み上げて来るんですよ。精神崩壊ですよ。
イップマンを演じるドニーさんは美しい。相手を蹴り飛ばす時も美しい。煙草に火を付ける所作も美しい。妻にスープを飲ませてあげる時も美しい。イップマン継承はあまりにも美しく尊い。全ての人間はイップマン継承に足を向けては寝れない。これからも日々ドニーさんへのイップマン継承への感謝の気持ちを忘れず強く生きて行こう。
継承を一番はじめに観たんですよねー。3→1→2です。これもありかなと思います。
Suu

Suuの感想・評価

3.9
なんかもう、よくできすぎてて恐い
tsuta

tsutaの感想・評価

4.2
イップ・マン3作目。涙なしでは見られない…

アクション監督がサモハンじゃないのは残念だけど、1作目2作目と毎回新しいイップマンを見せてくれるからドニーさんの力は計り知れない。
1人対大勢、人を守りながら、特殊な場所で、どの闘いも美しく完璧にこなすイップ師匠かっこよすぎる!

対マイクタイソン戦は熱かったけど、あっさり終わってしまったので拍子抜け。。
対ムエタイも面白いんだけど、異種格闘技戦を見せたいだけで投入してる感が否めない。。
それ以上に詠春拳vs詠春拳がめちゃくちゃ熱かったのでメインでもっと観たかったな。マックス・チャン良かった。

イップマン夫妻とても好き。イップ師匠のダンスは永久保存したいくらい最高だ。
ドニーさんは勿論なんだけどマックス・チャン美し過ぎ。

滑らかな撮影も最高だなー。手持ちで誤魔化してない。
ピナコ

ピナコの感想・評価

3.8
ローグ・ワンからのイップ・マン
皆さんのレビューに出てきていたので借りてきた。

イップ・マンは何本かあるが観る順番あってたのかな~😓

優しく強く真面目なイップ・マン
カッコ良すぎるし〰️😄
奥さんからの願いの木人椿(モクジントウ)の切ない響き

マイク・タイソン出てた(俳優になったの?)
異種格闘技で『柔は剛を制す』かなと思ったが、
マイク・タイソンはなかなか強い
目覚まし3分のベルで終了。

正統を決める勝負は
男らしい戦い

愛だと語るイップ・マン

見ごたえあった。
我はフォースと共に
Hiroki

Hirokiの感想・評価

4.0
正直そこまでアガらなかった…

トランスポーターにセームシュルトが出てくるのは笑えるんだけど、イップマンにマイクタイソンはちょっとなぁ…対戦シーンはよかったけど!

マックス・チャンのこれからに期待!
文句なしに、ドニー・イェン!
tomoco

tomocoの感想・評価

3.7
ドニー・イェン版イップ・マン最終章。
度々出てくるマイク・タイソンが場違いな気がしましたがwww

イップ師匠の名が街中に知れ渡っていた頃、その評判が気にくわない輩がやはりいる訳で…。
今回も一難去ってまた一難があり…同じ武道宗派の強敵なライバルが現れたり…。
そして…後に後継するの1人のカリスマ的スーパースターが少し出てきます。

中盤〜は、普段語られないイップ・マンの悲しい愛の物語でした。。。

それにしても、ドニー・イェンの功夫はキレっキレですね。
俊敏な動きと、華麗な手さばきが素晴らしい。
ジェット・リー(リー・リンチェイ)の功夫も綺麗で好きだけど、ドニーもいいね!
>|