イップ・マン 継承の作品情報・感想・評価

イップ・マン 継承2015年製作の映画)

Yip Man 3

上映日:2017年04月22日

製作国:

上映時間:105分

4.0

あらすじ

1959年。好景気に沸く香港は、その一方で、無法地帯になりつつあった。裏社会を牛耳る最凶の不動産王・フランクによる暴挙から町を守るため、静かな達人イップ・マンは立ち上がる。だがそれは、自身の家族をも命の危険にさらすことを意味していた。さらには、武術“詠春拳”の正統をめぐって挑まれた死闘・・・。果たしてイップは、人生において最も大切なものを見出し、守り、伝えることができるのか?

「イップ・マン 継承」に投稿された感想・評価

あまりにも素晴らしい映画に出逢うと心から誰に向けたらいいか分からない感謝の念が湯水の様に溢れ出てきます。冒頭のイップ師匠が木人を叩くシーンの時点で8兆点でした。
イップマンシリーズはドニーさんの中で初めて触れた映画で特に思い入れがあります。前2作も言葉にするのもおこがましい程素晴らしいものでしたが、今作イップマン継承はさらにその遥か遠く、もはや雲の上。神が造らせた映画なのではないかと思ってしまうほど神々しい逸品です。
アクションにおいて、もはや口にするのもバカらしい何でも良いからさっさと観てくれ!というのが本音ですが、、、多勢相手やムエタイ使い、マイクタイソンと様々なシチュエーションでまんまん満足お腹いっぱいになるまで魅せてくれます。もう何周も観たいです。こんなくだらねぇ感想書いてる時間があったらさっさと2周目観たいです。ドニーさんは当然素晴らしいのですが、もう1人。ドラゴンマッハ!で最強の敵を演じたマックスチャンが今作でも大活躍しています。この人のアクションも美しいのなんのって惚れ惚れします。
さて、こんな素晴らしいアクションがひったひたに映画の割合を占めているとストーリーが多少弱くなってもカンフー映画ファンとしては全然良いよという気持ちになるもんですが、イップマン継承を舐めないでいただきたい。コレはカンフー映画ではなく夫婦愛を描きに描いて描き散らかした映画と言っても過言ではない。イップマンが大事な決闘を放ったらかしてウィンシンと笑顔でダンスを踊るシーン。コレを涙と笑顔無しで見れますか?私は無理ですよ。泣きながら笑顔が込み上げて来るんですよ。精神崩壊ですよ。
イップマンを演じるドニーさんは美しい。相手を蹴り飛ばす時も美しい。煙草に火を付ける所作も美しい。妻にスープを飲ませてあげる時も美しい。イップマン継承はあまりにも美しく尊い。全ての人間はイップマン継承に足を向けては寝れない。これからも日々ドニーさんへのイップマン継承への感謝の気持ちを忘れず強く生きて行こう。
異種格闘はいいよね。
マイクタイソンいかつすぎるわ
川井さんのおなじみのテーマ曲に、ドニー・イェンが木人椿打ってるだけで胸を打つ「葉問」シリーズ3作目。今回は奥さんとの夫婦愛に主軸を置いた構成。相変わらず悪役がちょっと芝居大きめで間抜けなのが香港映画らしくて好き。町を牛耳る外国人役にマイク・タイソンが特別出演。芝居できないのはしょうがないとして、顔の入墨はなんとかして欲しかった。建前上実話ベースの作品にキワモノ入って萎える。誰がどういうつもりでキャスティングしたんだ?集客につながるの?見せ場のはずのイップ・マンとの戦いも勝ち負けはっきりさせず気持ち悪い。前作の勧善懲悪感が良かったんだが…。ともあれ今作でもイップ・マン無双は十分堪能できて満足。息子たちを救いに行く造船所での戦いが圧巻。敵のチンピラ大軍相手に孤軍奮闘、縦横無尽、八面六臂の大活躍。今回は全編通してハシゴ、階段、エレベーターとアクションに高さが加わって上を下への大騒ぎ。あの大人数で誰が何やってるか分かるように編集してあって見事。クライマックスの「詠春拳」同門対決も棒やら剣やら道具使いも増えて、飽きさせないようアクション進化させてて感心。有事以外のイップ・マンはいつも武館で一人お茶飲んで呑気なもんだが、いつ弟子に指導とかしてんのか?どうゆう収入源なのか気になるところ。他の師匠は傘張りしてたり生活苦も描かれてんのに。今後もシリーズは続いて欲しいが、今作で登場したあのチャラいブルース・リーが関わってくるのかな?ちょっとやだな。
人としてかなり徳が高くて
おまけに強い。
全作通して、なかなか波瀾万丈な人生だったにも関わらず擦れずに真っ直ぐ生きる姿はお手本のような人物像でした。
夫婦生活はちょっと不器用なイップマンだけど、奥さんの献身的な支えと理解があり、今作ではイップ師匠が妻を一生懸命支えています。
前2作は中国人としての誇り みたいな感じで描かれていたけど
家族愛的なものが1つのテーマになっていたような気がします。
2作目で産まれた赤ちゃんが全く登場しなかったけど、実際に7人子供がいて3人は亡くなっていたらしい。

ジャッキー、ブルースリー、ジェットリーとも違うドニーイェンアクション。
しっかり堪能できました。
いつ見ても連打撃かっけぇ…
奥さんがただ綺麗な人からシリーズを経て所帯染みたのがとてもいい、、
そしてやはり素手で戦うのかっこいい。
宇宙最強のドニー・イェンの超絶カンフーアクションが存分に観られるということ自体が無上の快楽。ストーリーがメチャクチャでもそんなのカンケーねえ。
Sadao

Sadaoの感想・評価

-
記録‼️
アクションの凄さはいうまでもないので割愛。でも、上から撮るアクションってあんまりみたことない気がする?から面白かった。
タイ人格闘家との戦いは家族を人の良さ(悪く言えば八方美人)からどこか遠い世界にいるイップマンに対して、複雑な気持ちを抱いている奥さんの感情を汲みつつ、イップマンが自分を守る姿に奥さんが感動するというか、思いに気づくというか、そういう部分がちょっと感動的。
マイクタイソンも家族の為に悪事というか、悪いやつだけど家族おもいだし、父子家庭で貧乏なマックスチャンも父親として苦しい思いをさせないように、かつ尊敬できる父を目指して息子のために頑張っている。イップマンは家族映画なのだ。
空手、ボクシング、ときて今回は詠春拳対詠春拳だったわけだが、次はどこなんでしょうね、そこら辺も考慮してシリーズ化していかなければいけないというのは大変だ。
ブルースリーは誇張しすぎで笑ってしまう。いずれ本格的にストーリーに絡んで来ることを期待。
P

Pの感想・評価

3.5
昔ながらの古いストーリー。
たいした感動もないが、
カンフーを観たい人はどうぞ。
世界を動かすのは金持ちや権力者でなく心あるものだ。子供の為を考えろ我々の行動を子供たちが見てる。我々は子供たちの手本となるべきだ。行動は全て今だけでなく未来に通じる。”イップマン”

男が男に惚れる、大きな愛で包んでくれるイップ師匠。

エレベーターと階段のシーンはカッコ良すぎ、好きだ、大好きだ!

男の子にはイップマンシリーズは是非見てもらいたい😀
>|