イップ・マン 継承の作品情報・感想・評価

イップ・マン 継承2015年製作の映画)

Yip Man 3

上映日:2017年04月22日

製作国:

上映時間:105分

4.0

あらすじ

1959年。好景気に沸く香港は、その一方で、無法地帯になりつつあった。裏社会を牛耳る最凶の不動産王・フランクによる暴挙から町を守るため、静かな達人イップ・マンは立ち上がる。だがそれは、自身の家族をも命の危険にさらすことを意味していた。さらには、武術“詠春拳”の正統をめぐって挑まれた死闘・・・。果たしてイップは、人生において最も大切なものを見出し、守り、伝えることができるのか?

「イップ・マン 継承」に投稿された感想・評価

Masa

Masaの感想・評価

4.0
三作目にして,前二作を超える素晴らしい最高傑作です。
今回の作品は,そこに戦う理由があり,また,戦わない理由がある。家族愛を軸にストーリーが展開していく。
マイクタイソンが最強の敵で,最後に倒すという安い展開ではなく,互いをリスペクトした内容になっているところがうまい。家族愛のエッセンスもちゃんと抑えている。
タイ人との格闘シーンは,今まで見てきたアクションの中でも,五本の指に入る名シーンであった。階段での撮影アングルもさることながら,エレベーターの最初から最後までの夫婦のやりとりがカッコよすぎる。
ブルース・リーもストーリーとは関係ないが,ちょいちょい出てきて,和ませてくれると同時に,この映画が実在した人物を描いていることを思い出させてくれる。
ドニー・イェンのイップマンはやはり最強の作品であった。香港の最強伝説,それが“葉問”である。
ブルース・リーの師、イップ・マンの物語。ドニー・イェンが見事に演じ切ってる。詠春拳の高速パンチめっちゃカッコいい
XmasStory

XmasStoryの感想・評価

3.0
気高く、慎ましく、尊く、しなやかに。
ルビス

ルビスの感想・評価

3.7
とても面白かった。三作、一気に観てしまった。久しぶりに夢中になった。

イップ・マンは人としても素晴らしい人なんだと思う。武術の達人ともなろう人は、きっとそうなのだろう。
yasu

yasuの感想・評価

4.7
ウィルソン・イップ監督のイップ・マンシリーズ3作目「継承」

チョン・ティンチ役のマックス・チャンも幼い頃から武術を学んできて、スタントマンや武術指導の裏方もこなしているとか…通りで動きがいいわけだ。ドニー・イェンとはまた違った迫力があって、今作のカンフーアクションも楽しめた。

途中で登場する謎の刺客にはどこから連れて来たんだよ…とツッコミどころ満載なんだが笑。エレベーターとか階段とか、意外といい仕事をしてたのでよしとしたいと思う。しかしマイク・タイソンはさすが元ボクサーだけあって見事なファイトを見せてたのに、悪人役が中途半端すぎて正直ちょっと残念だった。というより、ボス役は何もタイソンじゃなくてもよかった気がする…(¬_¬)

今作はどちらかと言うと人間ドラマを重視したらしく、ドニー・イェンはもちろん、イップ・マンの妻役リン・ホンの演技もまた素晴らしかった。
前作より複数人を相手にするという感じで本当にイップマンがどれだけ強いかって言うのがわかるシーンがいっぱい。
なによりストーリーが切なくて違う味が出ててよかったです。
小龍(ブルースリー)も出てくるし、マイクタイソンと戦ってるしでカッコ良過ぎた
慎太郎

慎太郎の感想・評価

4.0
本当に大切なものはなにか…と、イップ・マンはシビレるくらいカッコよかったです!!
アクションは前作を軽く超えてくるほど、とてつもなくキレッキレで迫力満点でした!
次はブルース・リーの映画が見たくなりました。
nori007

nori007の感想・評価

5.0
ドニー・イェン来日にあわせて再び視聴したのだが、やはり素晴らしい作品。
マイク・タイソンとの共演で、ドニーは最初かなりナーバスになってたそうだが実はタイソンがイップ・マンシリーズのファンで、思いの外撮影はスムーズに行ったそうだ。

ここに剛と柔の夢の対決が実現した。大人の事情で一ラウンドだけではあったがそれでも超大物との対戦は興奮する。

すでに次回作が撮影を終えてるということなので、今から超期待なのである。

--------------------------

2017/05/08 21:35
5.0
ドニー版イップマンのヒットによって、イップマンが乱立するようになって非常に不愉快ではあったのだけど、ついにドニー版イップマンの続編が出来ようとは!!それだけでも感動なのだが、今回はタイソンとの対戦やブルース・リー(役)も登場。ブルースは当初CGで登場させる予定だったとのこと。そちらの映像も見てみたいのだが今回の役者さんもブルースらしさが出てたのでまあ良しとしよう。

今回も、たたずまいといい、アクションといい、本当に素晴らしい。
エレベーター内では詠春拳らしい超接近戦だったり、10対1の大立ち回りだったり、タイソンとの剛対柔の戦い、そして詠春拳対詠春拳の同門対決。見どころ満載である。

そしてこのシリーズの素晴らしいところは、熱いアクションがあるかと思えば、気持ちが洗われるような人間性に思わず唸らせてしまうところだろうか。道徳的ににも得るものが多い。今シリーズも永遠に続いてほしいのだが、続編も作られるとのことなのでまたまた期待!!
>|