イップ・マン 継承の作品情報・感想・評価

イップ・マン 継承2015年製作の映画)

Yip Man 3

上映日:2017年04月22日

製作国:

上映時間:105分

4.0

あらすじ

1959年。好景気に沸く香港は、その一方で、無法地帯になりつつあった。裏社会を牛耳る最凶の不動産王・フランクによる暴挙から町を守るため、静かな達人イップ・マンは立ち上がる。だがそれは、自身の家族をも命の危険にさらすことを意味していた。さらには、武術“詠春拳”の正統をめぐって挑まれた死闘・・・。果たしてイップは、人生において最も大切なものを見出し、守り、伝えることができるのか?

「イップ・マン 継承」に投稿された感想・評価

Masa

Masaの感想・評価

4.0
三作目にして,前二作を超える素晴らしい最高傑作です。
今回の作品は,そこに戦う理由があり,また,戦わない理由がある。家族愛を軸にストーリーが展開していく。
マイクタイソンが最強の敵で,最後に倒すという安い展開ではなく,互いをリスペクトした内容になっているところがうまい。家族愛のエッセンスもちゃんと抑えている。
タイ人との格闘シーンは,今まで見てきたアクションの中でも,五本の指に入る名シーンであった。階段での撮影アングルもさることながら,エレベーターの最初から最後までの夫婦のやりとりがカッコよすぎる。
ブルース・リーもストーリーとは関係ないが,ちょいちょい出てきて,和ませてくれると同時に,この映画が実在した人物を描いていることを思い出させてくれる。
ドニー・イェンのイップマンはやはり最強の作品であった。香港の最強伝説,それが“葉問”である。
スターウォーズ「ローグワン」に出演した事で、今まで以上に注目を浴びるようになったドニー・イェンが、実在の武術家イップマンを演じるシリーズの3作目。

今回のテーマはずばり夫婦の愛でしょう。これまでの2作をレビューした時にも書いた「非戦主義で愛妻家」というイップマンのキャラクターが、この3作目でいよいよメインテーマになった。エレベーターの中での、奥さんを守りながらの格闘シーンや、果たし状をすっぽかしてのダンスシーン等、アクション映画としては異色の展開が、とても印象に残った。

一方、敵として出演しているマイク・タイソンは、演技というレベルでは無く、そこだけノンフィクションみたいな感じがして、時代設定や世界観が台無し。今回は家族愛の部分が良かっただけに、無駄な客寄せパンダは不要だったと思う。(ブルース・リーのそっくりさんも、あまり必要なかったような)
あげは

あげはの感想・評価

3.5
アクションがカッコよかったです!!
特に異種格闘が迫力満点で面白かったです。
ha7ta6

ha7ta6の感想・評価

3.4
奥様素敵すぎる。
後半、アクションはどうでもよくなり、美しい奥様の姿だけ観てたような気が…。

このレビューはネタバレを含みます

最後が結構あっさりとしてる気がする。
ライバルも潔いし、奥様ぽっくり逝っちゃうし、あとブルースリーの扱いって本当にあんな感じだったのか甚だ疑問。

アクション?一級品じゃない訳がないじゃん。
続けて3作目鑑賞。2作目に引き続き舞台は1959年香港。アクションがカンフー同志に戻って、より洗練されているのがこの作
品の観どころだろうか。

前2作に比べるとストーリーと背景に若干面白味に欠けている様な気もしたが全体的には観易く楽しい作品だと思う。
ひびk

ひびkの感想・評価

4.4
記録
2018年118作目
風来坊

風来坊の感想・評価

4.0
冒頭に若き日のブルース・リーが出て来てワクワクさせられるがその後は所在不明…。その後あんな形で戻って来るとは…。客寄せパンダ的な扱い…。継承って邦題なのでてっきりブルース・リーに教える話と勝手に思っていたので肩透かしを喰らった。イップ師匠をライバル視するチョン師匠が山口達也さんに似ている…今はマズイか…訂正、小澤征悦さんに似ている。

今作は前2作とは若干方向性が違いイップマンと奥さんとの愛と絆を中心に描いているので、男臭く熱い展開を期待すると残念な気持ちになるかも知れません。詠春拳VS詠春拳を描きたかったのでしょうけどもう1人の詠春拳の使い手チョンがぶれすぎです。簡単に悪党に加担したかと思えば子供に言われて心変わり…サイコパスか!

色々ケチを付けても、やはりアクションシーンは最高ですね。多人数相手のシーンは迫力抜群。やはりマイク・タイソンですね。出演しているだけでも興奮ものですが対決しますからね。しかし、対決シーンはタイソンに敬意を表す形になっていて少し消化不良…。またボクシングVS詠春拳は前作でやっているので新しさは感じませんが迫力はあるし夢があって良いです。イップ師匠の詠春拳のシーンは過去2作に比べると荒々しさが無くなり洗練された感じになっています。荒々しさはチョンに任せた感じです。

前2作に比べると明確な悪党が居ないのが少しだけ残念。詰め込み過ぎとの声もあるようですが、色々なエピソードで盛り沢山の内容で良かったです。イップマンよりも奥さんが最高にカッコいいなと感じました。切ない物語も胸に響きました。次作も決まっているようですが、脚色と史実との平行性をどれだけ保てるかが楽しみではあります。贔屓目もありますが存分に楽しませて頂きました。
kcal50

kcal50の感想・評価

3.5
最終章で終わったと思いきや
継承って…やっぱりこのシリーズは全作品面白いけど、ドニー・イェンの方がしっくりくるような気がする。また、最強だけど家庭的…今まで以上に 人物像にも興味が湧いた映画!
>|