イップ・マン 継承の作品情報・感想・評価 - 4ページ目

イップ・マン 継承2015年製作の映画)

Yip Man 3

上映日:2017年04月22日

製作国:

上映時間:105分

4.0

あらすじ

1959年。好景気に沸く香港は、その一方で、無法地帯になりつつあった。裏社会を牛耳る最凶の不動産王・フランクによる暴挙から町を守るため、静かな達人イップ・マンは立ち上がる。だがそれは、自身の家族をも命の危険にさらすことを意味していた。さらには、武術“詠春拳”の正統をめぐって挑まれた死闘・・・。果たしてイップは、人生において最も大切なものを見出し、守り、伝えることができるのか?

「イップ・マン 継承」に投稿された感想・評価

弟子は増えたが、香港の治安は悪くなる。
今回もたくさん詠春拳が見れた。
ドニーイェンカッコよすぎる
マイクタイソンかっこいい
相手の詠春拳使いもカッコよかった
カッコいいの言葉に尽きる。最高。
Tiara

Tiaraの感想・評価

5.0
見所は小龍の入門テスト
フランクがラスボスな怪力
チョンとの詠春拳頂上決戦
ウィンシン(妻)の病に
寄り添い癒す優しい眼差し
最強で本物の武術は所作も華麗
Dイェン以外に適任は居ない
マイク・タイソンいい感じ。

シリーズでも見せ場が多くお得。
若きブルース・リーには笑った。

最後の詠春拳同士の対決、ワイヤーなしでやってほしかった。ユェン・ウーピンだから仕方ないか。

脚本3
演出3
映像4
俳優4
印象4
たくや

たくやの感想・評価

4.2
ドニー兄貴の作品は毎度毎度アクションで驚かされるが、今回こそ最高傑作!!

ブルース・リーの師匠イップ・マンの生活と闘いを描いた物語。

何がすごいってそりゃもう拳のアクションですわ。

序盤から中盤にかけてのアクションは多人数戦でバタバタ敵を倒す。
そして、中盤から終盤にかけては敵側の刺客やボス、そしてライバルと一対一の闘いをする。
↑この王道の展開が、主人公の強さと敵のステータスを分かりやすくしてくれる。

この作品の凄いところは全く凝らずに昔ながらのこのような王道アクションの流れをくんでいるところ。
最近のアクションって変に凝ってたり、アクションシーン自体少ないものも多いので、これは見応えがあった。

さらに、ストーリーとしても今まで省みなかった家族をもう一度見直す展開も熱い。
主人公のイップ・マンは強さはあっても夫としてはまだまだ。
しかし、最後は守るべき家族を想いながら戦い、最強の敵を倒していく。
ベタだけど、『なにかを守るために戦う方が強い』、というこの少年マンガみたいなメッセージが感動した。

最近ではダントツでオススメのアクション映画。
マイクタイソンやっぱかっこよかったなー
けどそれ以上に奥さんとのストーリーに感動した
LEE

LEEの感想・評価

4.5
実は去年の4月ぐらいに3の海外版買って見たりしてたりするぐらい好きなシリーズなんだけど日本版を見る機会がなかったのでレビューが遅れてしまった…
で、感想はやっぱり最高だなぁ…
個人的には4も作るらしいけどこれで完結して欲しいぐらいキレイにまとまっている
このまとまっているってのがすごい
本作で描かなくてはいけないのは
マイクタイソンとの対戦
張晋との対戦
ブルースリーの登場
奥さんとの話
と沢山ある
この要素で映画を3,4本は作れるのにそれを一作にギュギュっと凝縮してちゃんと満足(まぁマイクタイソンは結構強引にねじ込んだ感&マイクタイソン美味しい役すぎと思ったりはするけど)
特に妻とのエピソードは感動的で特に葉問が木人を打つシーンは涙を流す描写などは直接的には描いてはいないものの演出やドニーさんの演技力のおかげでとても印象的なシーンに仕上がっている(観客からすると見慣れた光景なので尚更
妻のため達人でなく夫であることを望む夫と、夫でなく達人であることを望む妻との美しい夫婦愛に感動させられた
ブルースリーも出番を多くしすぎず他のキャラを食うのを食い止めてて(笑)よかった
でもブルースリーへのオマージュは忘れていないのもいい(ラストの戦いで葉問が着てるのは燃えよドラゴンのブルースリーの服だし(周星馳もカンフーハッスルでリスペクトして着てたやつ)張晋に食らわせる最後の一撃は言わずと知れたワンインチパンチとブルースリーファンにも嬉しい作品になっている

そしてカンフー
洪金寶から袁和平に交代したもののやはり完成度の高い作品に仕上がっている
とにかく「すごい」
でも個人的には1,2のアクションのほうが好きだなぁと感じた
YouTubeなどでアクションシーンだけを切り取って見た場合は多少の浮遊感はあるものの本作の方が難易度の高いことをやってると思うし、僕としても本作のアクションの方が好き
だけど1,2のカンフーはストーリーを語り出すカンフーであるのに対して本作はそれがあまりできていないように感じた(エレベーターのシーンは素晴らしい!と思ったけど
1のVS10人の葉問の悲しみを語るアクション、2のラストバトルの燃えるアクションに匹敵するアクションは構築できなかったかなぁと思う(これも完全な悪人が中ボス級のヤツしかいないからスカッとしないとかストーリーの問題もあるとは思ったり。マイクタイソンが極悪だったら爽快なシーンは出来ただろうけどゲストで呼んどいてそれは出来ないよね(笑)
あと葉問の無敵感がマイクタイソンと引き分けだったり息子を人質に取られたり張晋の目潰しを喰らったりしてたからあんまり感じられなかったのも残念
ので映画全体を見ると1.2のアクションの方が好き
でも袁和平だって洪金寶よりいい仕事が出来ないと一回このオファーを断ったりしてるし、そもそもアクションとストーリーの融合をできている映画が全然ないのでイップマンシリーズでみたら少し劣ってるかもしれないけどそこらのアクション映画よりは圧倒的に素晴らしいものに仕上がっているとは思う
あと演じる役者も素晴らしく特に張晋
本作までは詠春拳を全然やったことなかったけどやはりスタントマン出身なので器用にこなして、暴力的な感じも出せていてよかった
ストーリーが進むにつれ彼の詠春拳が上手くなっているように見えるのは気のせいか(笑)⁉︎


色々文句を描いてはしまったけどそれもイップマンシリーズだから(笑)
他の映画がこの映画の出来だったら絶対ベタ誉めしてると思う
普通にめちゃくちゃオススメ


あと梁家仁よかったっすね…
osaya

osayaの感想・評価

-
序章、葉問と見てきての継承。
イップマンのこれまでと変わらない芯のある人柄と強さ、そしてそれを支える奥さんとの物語なんだなあと感じました。

彼が強いのって、きっと家族や周りの人がいるからなんだろうな。
奥さんと寄り添ってる姿が微笑ましいのと切ないのとでじーんと来ました。

マイクタイソン、重いし強いし怖いけど見応えあって何回も見てしまった。
他のアクションシーンもバラエティに富んでいて1つ1つ楽しめます。

また改めてシリーズ一気見したくなる。

川井憲次さんのテーマ曲聞くだけで姿勢を正さなきゃ、という気持ちになります。
Pikochan

Pikochanの感想・評価

4.0
2015年 香港 カンフーアクション
シリーズ3作目で最終章?
出演ドニー・イェン 地味さの中にキレがある。マイク・タイソンは友情出演かな?
初作から観続け、ラストは感無量。凄く楽しめた。
かっこいいの一言に尽きる

生き様、戦い様、全てがかっこいい

しっかり子供たちやブルースリーに継承されましたね

マイクタイソンとの戦いもよかった
前作とおなじような戦いではあるんだけど笑
必要あるシーンでもないけど笑