イップ・マン 継承の作品情報・感想・評価 - 74ページ目

イップ・マン 継承2015年製作の映画)

Yip Man 3

上映日:2017年04月22日

製作国:

上映時間:105分

4.0

あらすじ

1959年。好景気に沸く香港は、その一方で、無法地帯になりつつあった。裏社会を牛耳る最凶の不動産王・フランクによる暴挙から町を守るため、静かな達人イップ・マンは立ち上がる。だがそれは、自身の家族をも命の危険にさらすことを意味していた。さらには、武術“詠春拳”の正統をめぐって挑まれた死闘・・・。果たしてイップは、人生において最も大切なものを見出し、守り、伝えることができるのか?

「イップ・マン 継承」に投稿された感想・評価

ピピン

ピピンの感想・評価

5.0
やはり、このシリーズには他のカンフー映画とは一線を画す品格が有りますね。
「行動は未来に繋がる」
「大切なのは身近に居る人」
心に染みます。

アクションもハリウッドのカット割りで誤魔化す似非アクションでは無く、ワンカット長回しでも十分魅せれる俳優陣を、素晴らしい演出とカメラワークで存分に魅せるのだから文句無しです!
個人的にはエレベーターでのタイ人戦がベストです。

品があり心に響くカンフー映画なんてなかなか出来ないと思うで、このシリーズが続いてくれる事を願います。
じょせ

じょせの感想・評価

4.0
前2作が国民感情ブチあげだったのに対して、個人というか核家族主義な映画になっていた。マックス・チャンが美人。
大好きなイップマンシリーズの第3弾!
最高でした!!!
俺のマイベストムービーランキングに食い込む超名作!

Part1、2よりも、ブルース・リーへのオマージュシーンが増えたのがファンの僕としてはかなり嬉しかった!
序盤のブルース・リーの登場に泣き、終盤の闘いでイップマンの使用する必殺技に泣きまくった!
チャン・クォックワン演じるブルース・リーが、これまた「ドラゴンへの道」の時のタンロンにソックリで最高なんです!!!

もちろん、アクションも最高!
アクション監督がサモハンからバトンタッチされ我らがユエン・ウーピンが担当!
もう、イップ師匠が負ける気がしないので、どんな美しい詠春拳の型が繰り出されるのか!?を楽しみに見てしまった!
カンフー映画好きで良かった…と心から思えれるドニー・イェンの最高傑作です!
カミさんとのシーンも号泣…!また観に行こう。。

立川シネマシティの極上爆音上映にて鑑賞!エンドロール後に自然と拍手が!最高の映画体験でした。
KAZ

KAZの感想・評価

5.0
立川シネマにて鑑賞。

極音。
ただでさえ美しい作品ですが、
川井 憲次さんの壮大な旋律、
ドニー、マックスチャンら達人の一手一手の心地よさ。
まさに極音。
生演奏の様な臨場感のもと、
待ちに待った「葉問3」です。

素晴らしい!
嗚呼素晴らしい!
ドニーは1番好きな俳優ですが、今回は間違いなく最高傑作。

僕が大好きな佇まうドニーの芝居。
ただ泣かされました。
アクションとドラマが完璧に融合された大傑作。
揺るがない今年のベスト1です。

2回目は聖地、新宿武蔵野館で観ます。
パンフの掲載写真がどれもこれも美しくて。
イップマンと奥様の写真を見てたらまた泣けてきました。
このシリーズはほんと期待を裏切らない。

圧巻のアクション。
ストーリー展開はコテコテなんだけどそれで良いんです。それが良いんです。

憂いを帯びたイップ師匠の拳は最強で最高。

男なら絶対観るべき最高に熱い映画。
ホーク

ホークの感想・評価

5.0
ドニーさんのイップマン最高にカッコイイ!シリーズ通して観てると入り込んで心にグッと来る。泣いたり笑ったり息をのんだり…素晴らしかった!
「イップ・マン」シリーズは全て観てますが、今回も熱いです。
ムエタイ、ボクシング、詠春拳同士とそれぞれ見応え有ります。
イップ・マンの家族、特に妻に対する愛情を感じました。
川井憲次さんの音楽も良かった。
魂は継承し続ける

2010年に公開した前作から5年ぶりのイップマン
最高
今年ベストのアクションと言っていい

文句なく詠春拳は素晴らしい
本作は詠春拳vs詠春拳
ムエタイvs詠春拳
詠春拳vs50人を超えるチンピラ
詠春拳vsマイクタイソン
どのシーンもカッコいいしあまりの凄さに瞬きすら忘れてしまう

一番大切なのは身近な人を思いやる気持ち
今作はイップマン史上最大の試練が待ち受ける
涙無くして見れない
イップマンが唱える平和に続く教えは「愛」
安っぽく聞こえるが「愛」と「思いやり」が世界を変える
師父また一つ学びました

マックスチャン演じる詠春拳使いチョンが根は悪いやつじゃなく貧しさから這い上がる努力家なだけにイップマンとのバトルはどちらの感情に揺らいで最高というしかないアクション

師父が帰って来る日を糧に生きて行く
すぽ

すぽの感想・評価

4.4
師匠にするには頼りない気もするイップマンだけど、本作も最高にカッコいい。

涙なしでは語れないシーンも出てくるけど、2のように全体が重い感じじゃないのはよかった。

少しばかり不安だったマイクタイソンもパンチがあって見応えあり。

つくづく、イップマンの詠春拳は暴力や争いのためというよりは人を守る為にあるのだなぁと。

少林サッカーと同じくチャン・クォックワンがギャグ寄りのブルース・リーを演じてたのでスコア+0.2
たむ

たむの感想・評価

3.0
サブプロットの多いことが映画を散らかしますが、アクションは迫力満点、テーマも共感度が高い映画です。