ダンガル きっと、つよくなるの作品情報・感想・評価

ダンガル きっと、つよくなる2016年製作の映画)

Dangal

上映日:2018年04月06日

製作国:

上映時間:140分

4.2

あらすじ

「ダンガル きっと、つよくなる」に投稿された感想・評価

nam

namの感想・評価

4.5
「娘とレスリングに対する父の情熱に涙する感動のヒューマンドラマ」

Filmarks最速試写会にて。
劇場予告を観た段階で涙腺を刺激されたので必ず観ようと思ったましたが、試写会で一足早く鑑賞できました。

元々、「家族」「スポーツ」のジャンルは大好物だったのですが期待以上でかなり感動でき、劇中に何回か泣いてしまいました。

「きっと、うまくいく」「PK」はコメディ寄りでしたが、こちらはドストレートなスポ根もので個人的には2作よりも本作のが好みでした。

ストーリーはレスリングでオリンピックの夢を諦めたアーミル・カーン演じる父親(マハヴィール)が生まれてくる子供に夢を託そうとするも、生まれてくるのは女の子ばかり。4人連続で娘が生まれ、夢を諦めかけたある日、長女(ギータ)と次女(バビータ)が近所の男子をボコボコに汚れひとつない娘たちの格闘センスに一筋の希望を見出し、娘たちに夢託すことに。その日から親子の猛特訓が始まっていきます。

ただのスポ根だけでなくインドならではの背景も作品には反映されており、日本では女子レスリングやスポーツでプロを目指すのは一般的ですが、インドではまだまだ女性は家事をして、嫁に行くだけという蔑視される考え方が根強いようで日本とのギャップには驚きます。そういった状況が夢を目指す上での障害として物語を引き立てます。

アーミル・カーンが「きっと、うまくいく」「PK」で演じたような変人ではなく、真逆な星一徹ばりの頑固親父を見事に演じきってます。

また特筆すべきはその役作り。若い頃の姿から娘たちの幼少期の40代、娘たち成人したからの50代とを演じているのですが、若い頃はPKでも見せたムキムキな肉体をレスラーに見えるようさらに筋骨隆々に鍛えあげ、後半の50代の姿では贅肉もつきたるみきった中年の姿では97kgもあったそうです。1つの作品でそこまで体重を増減できる役者魂と演技の幅の広さには脱帽です。本当すごい。

劇中にあるレスリングシーンもかなり見もので相当練習したのではないかと思われる程リアルで手に汗握ります。ラストにかけても実際の試合を見ているかのような緊張感があり引き込まれてしまいます。

インド映画にある歌って踊ってのミュージカル要素は少なく、劇中に歌が何度か流れる形なので、歌って踊ってが苦手という方でも問題なく鑑賞できます。

スポーツや家族などが好きな方にはとてもオススメできます!予告編がよくできているのでまずはそちら観てもらえれば作品の雰囲気が分かると思います。
音楽の使い方が神がかってた
まさかインドの音楽で鳥肌が立つとは…
かなり長めの作品だけど間延びせず見れた
TK

TKの感想・評価

-
レスリング男の父と半ば強制的に夢を託された娘の物語。
オリンピックが始まったことにも気がつかないほどスポーツ音痴な僕でも結構楽しめた気がします。でも理解はできないのでなんとも言えない。いい話なんだろうな。
Kadobon

Kadobonの感想・評価

4.5
もしかすると自分の場合、「スポーツもの×父と娘もの×インド映画=最強」説。
Rico

Ricoの感想・評価

3.8

このレビューはネタバレを含みます

試合のシーンにもちゃんと迫力があったし見応えがあった。
あんな姑息なコーチのせいで、長年の夢だった金メダルの瞬間を見逃す羽目になるなんてパパが可哀想だった。
ミスト

ミストの感想・評価

4.0
父親と娘の絆に感動。

娘の気持ちを考えると辛い選択もあったやろうけど、結果的には納得出来る人生を歩めたのかな。

にしても、アーミルカーンの役作りは凄い。
Nancy

Nancyの感想・評価

4.3

始まりは些細な変換からだった

夢へと親子で二人三脚

未来は熱くなるから高ぶる

苦労は見守るから労う

王道のサクセスストーリーは
決して生温い元があるからではなく

人生を賭した歩みがあったからこそ

またしても
インド映画、、恐るべしかな(^^)
うにこ

うにこの感想・評価

5.0
ついに「見てみるか」という気持ちになりインド映画を初めて見てみました。最高か。泣きました
あめる

あめるの感想・評価

5.0
アーミル・カーンの役作りがほんとに凄かった、劇中では若い時、中年、高齢と3パターン見れるのですが全部がそう長くない時間で出来上がっていると思うとほんとに役者魂に感動する。
ストーリーも色々な要素が詰め込んであり、全てに感動できる。レスリングでの戦いっぷりにももちろん熱くなれますが、親子の"愛"にも涙します。素敵な映画でした!
>|