ダンガル きっと、つよくなるの作品情報・感想・評価

ダンガル きっと、つよくなる2016年製作の映画)

Dangal

上映日:2018年04月06日

製作国:

上映時間:140分

4.2

あらすじ

レスリングを愛する男。生活のために選手として生きることはあきらめたが、道場で若手を指導しなが ら、いつか息子を金メダリストにすることだけを夢見ていた。ところが、生まれたのは女の子。 それから神頼みに始まりありとあらゆる産み分けを試すも、4 人連続の女児。すっかり意気消沈し、道場からも遠ざかっていたが、ある日、ケンカで男の子をボコボコにした長女・次女の格闘センスに希望を見出し、翌日からコーチと…

レスリングを愛する男。生活のために選手として生きることはあきらめたが、道場で若手を指導しなが ら、いつか息子を金メダリストにすることだけを夢見ていた。ところが、生まれたのは女の子。 それから神頼みに始まりありとあらゆる産み分けを試すも、4 人連続の女児。すっかり意気消沈し、道場からも遠ざかっていたが、ある日、ケンカで男の子をボコボコにした長女・次女の格闘センスに希望を見出し、翌日からコーチとして、二人を鍛えはじめる。男物の服を着せ、髪を切り・・・一家は、町中の笑いものとなるが、外野は意に介さず、ブレずに特訓に熱を込める父と、ささやかな抵抗を企て続ける娘たち。やがて、目覚しい才能を開花させた娘たちはー。

「ダンガル きっと、つよくなる」に投稿された感想・評価

nam

namの感想・評価

4.5
「娘とレスリングに対する父の情熱に涙する感動のヒューマンドラマ」

Filmarks最速試写会にて。
劇場予告を観た段階で涙腺を刺激されたので必ず観ようと思ったましたが、試写会で一足早く鑑賞できました。

元々、「家族」「スポーツ」のジャンルは大好物だったのですが期待以上でかなり感動でき、劇中に何回か泣いてしまいました。

「きっと、うまくいく」「PK」はコメディ寄りでしたが、こちらはドストレートなスポ根もので個人的には2作よりも本作のが好みでした。

ストーリーはレスリングでオリンピックの夢を諦めたアーミル・カーン演じる父親(マハヴィール)が生まれてくる子供に夢を託そうとするも、生まれてくるのは女の子ばかり。4人連続で娘が生まれ、夢を諦めかけたある日、長女(ギータ)と次女(バビータ)が近所の男子をボコボコに汚れひとつない娘たちの格闘センスに一筋の希望を見出し、娘たちに夢託すことに。その日から親子の猛特訓が始まっていきます。

ただのスポ根だけでなくインドならではの背景も作品には反映されており、日本では女子レスリングやスポーツでプロを目指すのは一般的ですが、インドではまだまだ女性は家事をして、嫁に行くだけという蔑視される考え方が根強いようで日本とのギャップには驚きます。そういった状況が夢を目指す上での障害として物語を引き立てます。

アーミル・カーンが「きっと、うまくいく」「PK」で演じたような変人ではなく、真逆な星一徹ばりの頑固親父を見事に演じきってます。

また特筆すべきはその役作り。若い頃の姿から娘たちの幼少期の40代、娘たち成人したからの50代とを演じているのですが、若い頃はPKでも見せたムキムキな肉体をレスラーに見えるようさらに筋骨隆々に鍛えあげ、後半の50代の姿では贅肉もつきたるみきった中年の姿では97kgもあったそうです。1つの作品でそこまで体重を増減できる役者魂と演技の幅の広さには脱帽です。本当すごい。

劇中にあるレスリングシーンもかなり見もので相当練習したのではないかと思われる程リアルで手に汗握ります。ラストにかけても実際の試合を見ているかのような緊張感があり引き込まれてしまいます。

インド映画にある歌って踊ってのミュージカル要素は少なく、劇中に歌が何度か流れる形なので、歌って踊ってが苦手という方でも問題なく鑑賞できます。

スポーツや家族などが好きな方にはとてもオススメできます!予告編がよくできているのでまずはそちら観てもらえれば作品の雰囲気が分かると思います。
五滴

五滴の感想・評価

3.8
面白かったよ!
Mantaro

Mantaroの感想・評価

3.6
今日で閉館する渋谷シネパレスにて。

応援上映。楽しかった。けどイタい人がいてシラける所が何度もあった。仕方ないけど。
てぃだ

てぃだの感想・評価

3.5

このレビューはネタバレを含みます

 久々のインド映画。でも王道のスポコン映画。スポコン苦手(というかそもそもスポーツが嫌い)かつ歌って踊るシーンがほぼない(多少音楽が入ってくるディズニー映画みたいなとこはある。まぁ。配給がディズニーだけど笑)ので若干退屈も感じたけど、レスリングの試合のシーンの緊迫感が面白いのなんの。アーミル・カーン、今までバカみたいな、頭のネジが抜けてるみたいな役しか見たことなかったから、今回のお父さん役とてもよかったなぁ。「こんな役もできるんだ!?」と驚いた(当たり前)。「銀メダルだとすぐに忘れられる、金メダルじゃなきゃ意味がない」とか、「お前の試合はただの試合じゃなくて全世界の虐げられた女性たちのための試合だ」とか、なんか言いたいことは分かるけど今回はそういうメッセージがすんなりと入ってこなかった。同級生?の子に「あなたのパパは女性の可能性を見出そうとしてるいいパパよ。あたしの将来なんて結婚して子育て家事育児しかないもの」と言われてパパの気持ちに気づくってとこも何となく気持ちが悪いし、ところどころ「?」はあれどまぁインドのディズニー映画を見てると思えば大して嫌な気分にもならない。
インド映画なのにフルコーラスミュージカルシーンが無かったのが新鮮でした。そういう意味ではインド映画アレルギーの方も観れる作品かもです。
ストーリー的にはこのレスリング家族の純粋でひたむきな姿には多いに感動し感情移入してしまいました。映画館なのに試合のシーンではガッツポーズまでしてしまいました。(隣は空席でしたが、ちょっと恥ずかしかった・・・)単純明快でスカッとする評判通りの作品だと思います。
4月15日にTOHOシネマズ日比谷シャンテで鑑賞しました。インド映画は日本ではまだまだマイナーだと思っていましたが、意外にもほぼ満席でした。段々認知度が高まっているのかもしれません。インド映画好きとしては嬉しいことです。インド映画は面白い作品が多いのでかなり期待値を上げて鑑賞しましたが、期待通りすごく良かったです。インド映画では初のスポ魂映画だったのでどんな感じになるのか初めは全く予想できませんでしたが、ぐいぐいと引き込まれていき、2時間半はあっという間でした。割と展開が読める内容ではあったのですが、展開が読めても楽しめるのはさすが監督、俳優の腕だと感じました。おすすめです。
妹のひたむきさとお姉ちゃんの苦悩がなんかもう、見てて何回か泣いた
こうくるだろうな、と分かっていてもそれ以上の演出で熱さがMAX
あとはイトコがかわいすぎた。彼も家族なんだなって思って笑顔になった。
めっちゃおもろいし泣けた
終わり良ければすべて良しなインド映画最高
初見なのにどうなるかわかるしこうなってほしいと思う方向にちゃんと進む
a.

a.の感想・評価

5.0
★10個!!!!!やばい!!!!
はるこ

はるこの感想・評価

4.0
スポ根
最初めっちゃ虐待じゃね?って思ったけど、本人が目覚めたから
父親を越える過程とかいろいろ良かった
>|