ダンガル きっと、つよくなるの作品情報・感想・評価

ダンガル きっと、つよくなる2016年製作の映画)

Dangal

上映日:2018年04月06日

製作国:

上映時間:140分

4.2

あらすじ

レスリングを愛する男。生活のために選手として生きることはあきらめたが、道場で若手を指導しなが ら、いつか息子を金メダリストにすることだけを夢見ていた。ところが、生まれたのは女の子。 それから神頼みに始まりありとあらゆる産み分けを試すも、4 人連続の女児。すっかり意気消沈し、道場からも遠ざかっていたが、ある日、ケンカで男の子をボコボコにした長女・次女の格闘センスに希望を見出し、翌日からコーチと…

レスリングを愛する男。生活のために選手として生きることはあきらめたが、道場で若手を指導しなが ら、いつか息子を金メダリストにすることだけを夢見ていた。ところが、生まれたのは女の子。 それから神頼みに始まりありとあらゆる産み分けを試すも、4 人連続の女児。すっかり意気消沈し、道場からも遠ざかっていたが、ある日、ケンカで男の子をボコボコにした長女・次女の格闘センスに希望を見出し、翌日からコーチとして、二人を鍛えはじめる。男物の服を着せ、髪を切り・・・一家は、町中の笑いものとなるが、外野は意に介さず、ブレずに特訓に熱を込める父と、ささやかな抵抗を企て続ける娘たち。やがて、目覚しい才能を開花させた娘たちはー。

「ダンガル きっと、つよくなる」に投稿された感想・評価

ゴン吉

ゴン吉の感想・評価

4.8
吉田沙保里選手や伊調馨選手とも対戦したこともある実在のレスラー姉妹を基にした作品で、ディズニーの王道からは少しはずれたシンデレラストーリーで楽しめた。

実話ベースの作品は退屈なものになりがちですが、本作は2時間以上の上映にもかかわらず、最後まで勢いのある作品でした。本当によくできています。特に終盤のレスリングの試合シーンは、手に汗を握る展開で見応えがありました。
基本的には父娘の愛と絆を軸にした作品ですが、それを支える母も良かった。姉妹愛も描かれています。
インド映画ならではの歌と音楽も素晴らしい。主題歌のダンガルダンガル(^^♪のリズムはいつまでも耳から離れません。
主役(?)のアーミル・カーンの存在感も満足です。

社会的なメッセージも込められており、何もかも素晴らしかったです。
感動した…!
nana

nanaの感想・評価

4.0
電話のとこは泣けた
最初の方は、女子は料理をマスターし結婚するっていう社会問題的なのを取り上げていて良かったが 途中からは親と子とアスリートの話になっていて気がする。
撮り方で勉強になるとこがあった。
記録
我和我的冠軍女兒@台湾
『きっと、うまくいく』みたいな邦題だけど、確かにそういう内容だった。姉妹の嘆きを歌った曲もよかった。ルミエール秋田にはパンフレットなかった
う

うの感想・評価

4.2

序盤、少々眠たくなったけど、いつのまにかあの眠気は何だったんだっていうくらい白熱しました!わたしも一緒に立ち上がってガッツポーズして叫びたかった!!応援上映行きたいーー(笑)

最初は自分の夢を子に託すとかそういうやつか....男の子が生まれなくて落ち込むとか最低....とか思ってましたよ!でも「お前の相手は女性は家事や育児をするために生まれてきたと下に見るような男性たちだ」みたいなことを言ったときはもう熱くなりましたねぇ!!(それはどうなの?って思いがゼロになったわけではない)

また観たいな〜!!
観終わった後はダンガル、ダンガルって口ずさんでしまいますよ(笑)
普通にむちゃくちゃ面白かったですね。
「きっと、つよくなる」とか「きっと、うまくいく」の二番煎じ感あって「なんだかなぁ」とは思ってましたけど、サーセンって感じですね。
まぁ、言ってしまえばインドのレスリング版巨人の星といいますか、インド版アニマル浜口物語っていう話で、レスリングの星になれなかった男が息子に夢を託そうと思ったけど娘しか産まれなくて娘に夢を託すという。
そら娘にお父さんがレスリングを強要するくだりはなかなかモヤる部分もあるんですよ。無理やり髪の毛短くしたりとかホントこの父親の毒親っぷりやべーなっていう。
でもね、あるシーンでこれが「いや、でもインドの社会においてはさ」っていう反転が起きて、ギリでヤダみが出ない絶妙なバランス感覚だと思いましたね。
実話ベースの話なんで着地点は見えてはいるんですけど、そこまでの魅せ方も上手いですよね。レスリングのシーンはすっごくリアルですし、軽いテンポで「レスリングはこういうルールでな」ってルール説明や実況が状況をある程度明快に説明してくれて、最後の方のコモンウェルスゲームもしっかり3試合魅せて効果的なスローモーションとかタイムサスペンスも入っていて140分間笑えて泣かせて考えさせてくるいい映画だと思いましたよ。
ある程度、勧善懲悪といいますか、「悪役側をあまりにカリカチュアしすぎじゃね?」みたいにやっぱりモヤるところもあるんですけど、これも「教える」という行為に最も大切なことは何か?っていう軸からすると上手い処理やなあと思いますし、インドのスポーツ行政批判風味とかも含めたら僕は筋が通っていると思ったというか、気にならなかったですね。
何よりアーミル・カーンのカメレオンぶりが半端じゃなくてですね。一本の映画のなかにしたって凄え役作りだと思いますし、「きっと、うまくいく」のランチョーと同一人物が演じているとは到底信じられない素晴らしい演技でしたね。
面白いとしか言いようがない!
mk

mkの感想・評価

3.5
ダンガルダンガル!!!
r1kyaneko

r1kyanekoの感想・評価

4.0
髪を切るシーンがある映画は傑作。
>|