ダンガル きっと、つよくなるの作品情報・感想・評価

ダンガル きっと、つよくなる2016年製作の映画)

Dangal

上映日:2018年04月06日

製作国:

上映時間:140分

4.2

あらすじ

レスリングを愛する男。生活のために選手として生きることはあきらめたが、道場で若手を指導しなが ら、いつか息子を金メダリストにすることだけを夢見ていた。ところが、生まれたのは女の子。 それから神頼みに始まりありとあらゆる産み分けを試すも、4 人連続の女児。すっかり意気消沈し、道場からも遠ざかっていたが、ある日、ケンカで男の子をボコボコにした長女・次女の格闘センスに希望を見出し、翌日からコーチと…

レスリングを愛する男。生活のために選手として生きることはあきらめたが、道場で若手を指導しなが ら、いつか息子を金メダリストにすることだけを夢見ていた。ところが、生まれたのは女の子。 それから神頼みに始まりありとあらゆる産み分けを試すも、4 人連続の女児。すっかり意気消沈し、道場からも遠ざかっていたが、ある日、ケンカで男の子をボコボコにした長女・次女の格闘センスに希望を見出し、翌日からコーチとして、二人を鍛えはじめる。男物の服を着せ、髪を切り・・・一家は、町中の笑いものとなるが、外野は意に介さず、ブレずに特訓に熱を込める父と、ささやかな抵抗を企て続ける娘たち。やがて、目覚しい才能を開花させた娘たちはー。

「ダンガル きっと、つよくなる」に投稿された感想・評価

これは好きな映画です。
「バーフバリ」とは違う系統の映画ですが、インド映画の世界歴代1位作品も納得の熱くて、感動する作品です。
主人公の父親のアミール・カーン(「きっと、うまくいく」「PK」)良いです。
実話の映画化というのも凄い。
渋谷シネパレスでの閉館前の応援上映で観ましたが、エンドロールで「ダンガル、ダンガル」と歌っていました。
mito

mitoの感想・評価

4.8
まずアーミールカーン、素晴らしい。
体作りを含め役作りがすごくて、PKやきっとうまくいくの時と同じ人物だと思えなかった。
父の夢を叶えようとする娘とそれを全力でサポートする父の姿に感動、ラストは涙が止まらなかった。
これが実話ってのがまたすごい。
ボリウッド好きです。
すてふ

すてふの感想・評価

3.8
自分の夢を娘に無理意地するってどうなんだ...と思いながら。でもあんなに男どもを投げ飛ばせたら楽しいだろうなー\(^o^)/
コーチが悪者すぎるのが好きくない。もう少し妹にもフォーカスしてほしかったかな。
 すっごい普通のスポ魂もの。ダンスも無くなり、尺も普通に2時間になり、どんどんユニバーサルになっていくにつれ、角も取れ普通の感動ものになった。つまらなくはないけど、わざわざ見る程でもない映画になったとも言える。

 インド特有の何かと言えば、冒頭でアニマルウェルネスに配慮したと思いきや、女性の人権には(あくまで西洋的な価値観から言えば、と言う留保は付くが)無頓着な点だろうか。カースト制も地域によっては色濃く残っているのだろうし、実際のインドの男尊女卑の実態に比べれば、それを問う社会派として、彼の国では機能しうるのかもしれないが、「地上の星たち」「きっとうまくいく」「PK」程にそのメッセージの普遍性は高くない。

 直前に「セッション」を見た事もあり、娘へスパルタ教育を施す前半は嫌悪感の方が先に立った。
 大前提として「子供は親の物ではない」と言う価値観が自分の中に強くあるせいかもしれないが、子供に自分の夢を仮託する親なんてろくでもないと感じる。
 「うちの父は娘になんの愛情も無く、嫁に出されて終わり」と嘆く同年代の女の子によって、あのスパルタは正当化されるが、本当にそうだろうか。自分の目的を叶えるためのツールとしての思い入れを本当に「愛」と呼べるのだろうか。

 インド社会の現状なりに、女性の社会進出や権利と言うメッセージ性に重きを置いたと言うのものどうだろうか。
 女性のレスリングについて序盤はかなり稀有な物として描かれているが、ジュニアの大会に出るとなると、普通に同年代でレスリングをやっている女性はたくさん出てくるし、国内のトップクラスになれば、普通に強化指定選手の様な扱いで衣食住保障されて、高度なトレーニングを受けられる環境がある。国費で海外の遠征にも行けてる様だし、経済発展を遂げ様々な分野で国際的なプレゼンスを発揮したい新興国にありがちとも言えるが、よほど日本のマイナースポーツのオリンピック出場クラスの選手の方が、手弁当の辛い環境にあるんではなかろうか。
 この辺は、単に男女格差と言うよりインド社会における、地域格差、階級格差の問題な匂いがして、この作品単体では細かいところまではわからない。ギータの活躍が、「女性が」と言うより、「地方の庶民階級の女性が」と言う風に本国では受容されて居たのではないかと言う気もする。

 最後、決勝戦になり、親父がいきなり「お前はすべての虐げられている女性の為に戦っているんだ」とか言い出すのも、いや、お前の為に戦わされてきたんだろうと言う気持ちにさせられる。今までそんなモチベーションでやらせてこなかっただろうに。
 女だからレスリングなんてやるな、と言う抑圧からは確かに解放されるべきだが、その壁にぶつかったのは、娘二人ではなく、自分の子どもをレスリングの金メダリストにしたい父親であり、その壁を超えるために、父から娘への絶対的な強権を発動すると言う別の抑圧を用いるのは悪手だろう。

 NSAのコーチをわざとらしい悪役に仕立て、数十年前にトップ選手だったとはいえ、それもドメスティックな話で国際経験も無い、彼の指導方法やレスリング観が徹頭徹尾正しかったと言う展開も、結局父権性の絶対化の象徴の様に思える。

 ベースが実話に在り「ギータ」と「バビータ」と言う選手が偉大な活躍をしたのは否定すべくもないし、彼女らが父親を誇りに思っている以上、何も言えなくなってしまうの気もするのだが、それはそれで生存者バイアスによって、あの接し方を肯定するようで、それは第二のサッチモを生み出す為と強弁したフレッチャーを許すのと同義だ。
 
 脚本を選んで出演すると言うアミール・カーンだからこそ、出演作には一定のクオリティが担保されていたと感じたけど、率直にこれは外れ。国内はさておき、ワールドワイドを狙える作品では無いように思う。
Haru

Haruの感想・評価

4.3
アニマル浜口という宣伝は表現は正しいが世間の印象より
もっと奥深い絆を映画として垣間見れる。

サイコー。

それにしてもギータとバビータが子役と成長後すごく似てる。
あと、レスリングの演技ってあんなに精密に再現出来るの?
演技指導もすごいな

レスリングにも興味が湧いたので良い勉強になったヽ(*´∀`)ノ
saori

saoriの感想・評価

5.0
やっぱりアーミル・カーンのでる映画はハズレがない
ポスター見て老けたなと思ったらヒゲがなかったら相変わらず全然老けてなかった
演技も内容も良い物語でした
P

Pの感想・評価

4.0
相変わらず完成度の高さが光る、
ボリウッドの名作。

実話も魅力的だけど、
細部の作り込みによる
リアリティがすごい。
クオリティが高い。

演者の表情も豊かで、
最後は感動しました。

このレビューはネタバレを含みます


ボロ泣きした
アミール・カーンスゴすぎ
肉体改造めっちゃしてる
最初ムキムキマッスルボディだったのに後半年寄りダルダルボディに!!
てか役の幅広すぎ!
きっと、うまくいくでは破天荒な天才学生で、pkでは電波系の男性演じてて今回は夢のためにストイックすぎるお父さん演じてて本当にすごい!!

電話越しでギータが泣いて謝ってたのでもらい泣きした〜
喧嘩してお父さんに反抗して突っ走ってたけど負けが続いてやっぱりお父さんの力が必要なんだなって思った
お父さんの
「父親とコーチ同時にすることは出来ない」っていうセリフ
父兼コーチを務めるのって並大抵な事じゃないんだなぁって改めて感じた

レスリングのシーンも迫力あって見てて惹き込まれた!
keita

keitaの感想・評価

4.0
アーミルカーンの役作りがすごい。実話を元に作った作品という事であまり期待はしてなかったけど、面白かったです。

インドの女性問題や政治問題などを背景に、レスリングで金メダルを取る事を目標に親娘が走りぬいた笑い、涙ありの作品でした。おすすめです。
getyyou

getyyouの感想・評価

4.1
とても作りが丁寧です!
いい映画なのに実話だなんて
感動しました😭

幼少期からの特訓じゃなくてもこんなに強くなるんだと思いました。
罰だと思って弱音を吐かず特訓を始めるところも凄いなぁ~
>|