ダンガル きっと、つよくなるの作品情報・感想・評価

ダンガル きっと、つよくなる2016年製作の映画)

Dangal

上映日:2018年04月06日

製作国:

上映時間:140分

4.2

あらすじ

レスリングを愛する男。生活のために選手として生きることはあきらめたが、道場で若手を指導しなが ら、いつか息子を金メダリストにすることだけを夢見ていた。ところが、生まれたのは女の子。 それから神頼みに始まりありとあらゆる産み分けを試すも、4 人連続の女児。すっかり意気消沈し、道場からも遠ざかっていたが、ある日、ケンカで男の子をボコボコにした長女・次女の格闘センスに希望を見出し、翌日からコーチと…

レスリングを愛する男。生活のために選手として生きることはあきらめたが、道場で若手を指導しなが ら、いつか息子を金メダリストにすることだけを夢見ていた。ところが、生まれたのは女の子。 それから神頼みに始まりありとあらゆる産み分けを試すも、4 人連続の女児。すっかり意気消沈し、道場からも遠ざかっていたが、ある日、ケンカで男の子をボコボコにした長女・次女の格闘センスに希望を見出し、翌日からコーチとして、二人を鍛えはじめる。男物の服を着せ、髪を切り・・・一家は、町中の笑いものとなるが、外野は意に介さず、ブレずに特訓に熱を込める父と、ささやかな抵抗を企て続ける娘たち。やがて、目覚しい才能を開花させた娘たちはー。

「ダンガル きっと、つよくなる」に投稿された感想・評価

感動した…!
mmmmm

mmmmmの感想・評価

4.0
アーミルカーンはもはや名作の王者。

とりあえず出演させればなんとかなる的な(邦題もいかにもだし…)作品だったら、けっちょんけちょんにしてやろうと思っていましたが…安定の名作!

ずるいよね〜。

しかしこういう親子愛、大好きです!
かつ、スポーツ実話系はどうにも感動します。
だってそこまでたどり着くための苦しさがハンパないもの。楽して頂点に立つ人なんて1人もいない。
そこに加えて女は家事をして子育てをするものだと見下しているこの国の体制を変えてやれという大きな父の野望がある。

それもこれも娘を思うが為。
素晴らしい父親です。
当人は大変でしょうが確実に人の心に残っているでしょう。
Daiki

Daikiの感想・評価

4.1
2018年公開映画38本目。

服従するは我にあり。

霊長類最強と評される吉田沙保里と闘ったことのある、インド女子レスリング選手"バビータ"とその姉"ギータ"の実話を基にしたスポ根映画。
冒頭のシーンで父親がTVでオリンピックのレスリングを見ながら、自分との意見の相違でレスリングで決着を着けることをTVの実況に絡ませる模様に唸らされる。
レスラーのような大男に勝つことでレスリングは力だけでなく技術が大切なこと、レスリングに対する愛情や未練、国が援助しなかったことによるレスリングに対する悔恨が滲み出る。

ハヴィルの頑固オヤジの典型のような外見が抜群によく、瞬きもしないような鋭い眼光、いかにも頑固そうなヘの字眉毛、威厳のある佇まいが説得力抜群に。
何でもレスリングで解決しようとする模様は次第に笑いに変わる。
シンプルなキャラ設定も多く、特に男は口だけ男か、パワー男の両極端に。
それはエンタメに特化するためなので、本作では許容範囲内。
ストリートのような砂でのレスリングとマットでの公式レスリングの違いも面白く、各々のレスリングの試合シーンで積み重ねることで、ルールや技を何気に伝えることが上手い。
特に両肩が1秒間マットに付けるフォールで勝負が決まることはレスリングが全く分からない人でも理解できるようになるのでは。

クライマックスの試合の前に父親が隔離されるシーンの演出はやり過ぎと思いきや、娘の父への愛情と信頼を残しつつも、父親からの自立や国歌で結果を表したりと熱さは衰え知らずに。
男尊女卑の風習が根強いインドでの女性自立の応援メッセージにも。
140分が全く長く感じない作品のパワーと疾走感は秀逸で、胸アツ展開で軽妙なタッチの中にコミカルを程よく挟んだバランスが良いエンタメ映画は、純粋に面白かった。
レスリング選手のマハヴィルは、生きていくためにオリンピックへの道を断念。彼は息子を金メダリストにすることを夢見るが、生まれた4人の子供たちは全員女の子だった。ある日、長女と次女がけんかで男の子に勝ったことを知ったマハヴィルは、二人をレスラーとして鍛えようとする——。

アーミル・カーン主演作品は当たりが多い。出る作品を厳選しているだけのことはある。そして、毎回、肉体改造まで徹底している役作りが半端ない。これからもアーミル・カーンの作品は要チェック!

インド&女性版&シリアス路線の「ベストキッド」。子供の成長を心から信じるお父さんの姿に、胸が熱くなった。

そして、女性のレスラーを通して、女性の活躍を伝えている本作を観ると、インドが経済的に成長する中で、価値観もグローバル化が進んでいるのかな、とも感じられた。
米澤

米澤の感想・評価

3.9
さすがアーミルカーン!インド映画ってばかにしてたけどおもろい
ずーーーっとみたくて
うずうずしてたやつやっと見れた🤩
アーミル・カーンがでとる作品に
ハズレなし👍👍👍
きっとうまくいく、pkに続き
最高の作品だった!!!!!
やっぱり最後は泣かせてくれる。

それにしても
アーミル・カーンの役作りが
半端ない。
あんなムッキムキなったりポッチャリなったり大変やろうな…😕
こいつも良かった!
アミール・カーンに外れたなし!

今回のストーリーは女子レスリングをテーマにしたスポ根もの。
内容なインド版・女子レスリング版の巨人の星といったところだろうか。
インド映画に付きものの歌や踊り、ユーモアもあり楽しい。
そこに家族の絆やインドにおける女性の地位の事などが絡めてあり、笑えて泣けて燃えれるという総合力の高い壮大な映画にきちんと仕上がっている…インド映画おそるべしですね。

近年の同系インド映画の名作「きっとうまくいく」や「PK」をご覧になって好きな方は是非!
バシ

バシの感想・評価

4.1
典型的なサクセスストーリー。
親父が愛おしくて仕方なかった。
SHO

SHOの感想・評価

3.5
オモロイ 音楽がいい
>|