裸足の季節の作品情報・感想・評価

裸足の季節2015年製作の映画)

Mustang

上映日:2016年06月11日

製作国:

上映時間:94分

3.9

あらすじ

13歳のラーレは5人姉妹の末っ子。10年前に両親を事故で亡くし、いまは祖母の家で叔父たちとともに暮らしている。学校生活を謳歌していた姉妹たちはある日突然、家に閉じ込められてしまう。古い慣習と封建的な思想のもと、電話を隠され、扉には鍵がかけられ、自由を奪われた「カゴの鳥」となった彼女たちは、ひとりひとり見知らぬ男のもとへと嫁がされる。ラーレは自由を取り戻すべく、ある計画を立てる…。

「裸足の季節」に投稿された感想・評価

masayaan

masayaanの感想・評価

3.5
辛口ぶるつもりはぜんぜんないんだけど、それでも一応、自分の中に四つ星評価の壁というのはあって、この見事な傑作はしかし、そこを超えて来なかった。なぜだろうと考えていたら、しゅんさんのレビューがしっくり来た。余力あればブログに書きます。でも、この夏必見の作品としてオススメしておきたい。
たじま

たじまの感想・評価

4.0
末っ子ちゃん大好き。
おもち

おもちの感想・評価

2.9
ヴァージンスーサイズを思い出した
mono

monoの感想・評価

5.0
美しいと思うことはダメじゃないよね
性としての対象になってしまうのは
仕方ないよね

でもそれって、
女だけじゃなくて、誰でも平等なはずだし
美しさを感じるのは人によって違うものだし

この5人を美しいと思う人がたくさんいたとしても。

ダメだ、自分の気持ちをまとめることは出来ないかも。

ただただ映像美を感じていた自分を
否定したくないけど、
それじゃダメなんだって言われた。
(言われてはない)

だけど本当に、トルコがどうのとか、宗教がどうのじゃないんだ。
それはもう、ガツンときたよ。

確かにそこはそこで、伝えたかったのかも。
世界を知ってもらうには良いのかも。
でも勘違いしたらいけないよ、ほんと。

だってすぐ隣に、このクソオヤジいるし。
日本にたくさんいますが。

あ、ダメだ。
こーいうんじゃない。

胸が痛い。苦しい。
そこが、この映画の1番好きなところ。
Monji

Monjiの感想・評価

4.3
祖母含め彼女らが生きるそれぞれの世界に何とも言い難い感情を終始持ちながら観ていた。
生き方に迷いがあるので、そんなことはないと分かっていても、全員が正しいのかもしれないと思った。
こば

こばの感想・評価

-
未だにこんな世界かあるのね、地球上に。フェミニズムとか全然興味ないけど、かわいそう。アクティブ版ヴァージンスーサイズ。
なし子

なし子の感想・評価

3.9
トルコ版ヴァージンスーサイズ
儚げだけど抑圧されてもなお美しい
力強い末っ子
とくこ

とくこの感想・評価

4.0
久しぶりにログインできました。
美術館の映画が動いているかのような5人姉妹の美しさ…監督がフランスで映画の勉強をされたというのもなんか納得です。
elie

elieの感想・評価

3.8
女性の自由は女性が一番知っている
>|