裸足の季節の作品情報・感想・評価

裸足の季節2015年製作の映画)

Mustang

上映日:2016年06月11日

製作国:

上映時間:94分

3.9

あらすじ

13歳のラーレは5人姉妹の末っ子。10年前に両親を事故で亡くし、いまは祖母の家で叔父たちとともに暮らしている。学校生活を謳歌していた姉妹たちはある日突然、家に閉じ込められてしまう。古い慣習と封建的な思想のもと、電話を隠され、扉には鍵がかけられ、自由を奪われた「カゴの鳥」となった彼女たちは、ひとりひとり見知らぬ男のもとへと嫁がされる。ラーレは自由を取り戻すべく、ある計画を立てる…。

「裸足の季節」に投稿された感想・評価

masayaan

masayaanの感想・評価

3.5
辛口ぶるつもりはぜんぜんないんだけど、それでも一応、自分の中に四つ星評価の壁というのはあって、この見事な傑作はしかし、そこを超えて来なかった。なぜだろうと考えていたら、しゅんさんのレビューがしっくり来た。余力あればブログに書きます。でも、この夏必見の作品としてオススメしておきたい。
生きる息苦しさを感じた
KentF

KentFの感想・評価

3.8
この映画にながれる自由への渇望と真っ直ぐな希望は、「ショーシャンクの空に」に通ずるものがある。
nu

nuの感想・評価

4.4
爽やか空気がキレイ 女の子たちは透明で美しいし映像が大好き鳥肌 そしてトルコ語がこの作品にフィットしてるし、、もっかい見る
ヴァージン・スーサイズを透明感たっぷりに描いたかんじ。女の子たちが自然体で、弾けるように声をあげて笑っているのが良い。うみべで水しぶきを浴びながら男の子たちと無邪気に遊ぶシーンは青春の輝きに満ちていて眩しい。年相応の、健全な行為なのにね。"クソ色の服"って例えが個人的にツボだった。

自分たちの力で逃げ出してきたふたりはきっと強かな女性になると思う。トルコってこういう風習があるのかな。全然知らなかった。もっと色々なこと知らないとな。裸足で逃げ出してきたふたりの女の子たちの力強さ。主人公の末っ子の子は芯がとてもしっかりしていて、荒地に咲く一輪の立派な花のようです。自分で考え行動を起こせる。自分の人生を自分の足で力強く歩んで行く。彼女の持って生まれた強かさに胸を打たれました。
kumax

kumaxの感想・評価

3.9
トラックの運転手さん、ヤシンが
カッコ良かった。
5姉妹がとても美しく、髪を伸ばしたくなりした。

裸足の季節、、、
松田聖子さんの曲を思い出す。w
がく

がくの感想・評価

4.3
何と言っても画が美しすぎる。
その美しい画だけで涙を誘う場面も多い。

トルコの田舎では今でもこのような習慣があるのかと思うとゾッとする。
女性はなんの権利も持っていないのか。
自由に生きることさえできないのか。

もっとこの姉妹が幸せだったらなぁ。
みんな幸せに過ごして好きな人と結婚してってそうだったらよかったのにと。




まぁそしたら映画にならないか。
律

律の感想・評価

4.2
姉妹への抑圧が見ていて苦しくて、最後は泣きそうになりながら、お願いだから逃げられますように、自由を、本人の望む幸せを手に入れられますようにと願って視聴していた。
作中ではだんだんと表情がなくなっていく次女とかかなりリアルで、本当に辛かった。
押し付けられた「幸せ」は誰にとって都合の良い「幸せ」なんだろう。
この作品では光の見える終わり方で少し救われた。
MALPASO

MALPASOの感想・評価

4.2
トルコ版「ヴァージン・スーサイズ」です。

オリーブ少女必見!
>|