あきしげ

アンデッド・ソルジャーズのあきしげのレビュー・感想・評価

アンデッド・ソルジャーズ(2015年製作の映画)
1.0
ナチスをベースに展開される本作。
戦争アクション+ホラー+謎解き。
全米のマスコミが大絶賛した作品。

絶対に面白いと思っていました。
ですが、鑑賞してみて分かった。
この作品はクソにもなりません。

尖ったクソ映画は逆に面白い。
しかし、本作にはそれがない。
とにかく、つまらないのです。

冒頭の戦争アクション。
気合いが入っています。
ちゃんとしていました。

ただ、ここで予算オーバーしたのだろう。

それ以降のメインであるホラー要素。
あまりにも安くて出来が悪い演出に、
アクビが何度出たか分からないほど。

「つまらない」

この言葉がとても似合う本作。

ホラーの演出はクソレベルです。
怖くないしそもそも退屈である。

謎解きの構成もクソレベルです。
すぐに分かるし当然退屈である。

ナチスである必要性はあったけど、
それ以前に幹部以外のナチスには、
どうでもいいというレベルである。

ヒムラーの名前が出てくるだけ。
あとはオリジナルキャラクター。
みんな魅力がまったくない人物。

主人公のオッサンは最後になって、
「そう言えば、いたんだっけ」
というレベルで存在感が薄すぎる。

ヒロインは10年前だったら、
「うむ。実に美しい女優だ」
熟女好きじゃない自分はダメ。

久しぶりに鑑賞する価値がなかった作品。
金と時間を持て余しても観る必要性なし。

リクエストで追加してもらったのに、
こんなクソみたい作品で申し訳ない。

RE-109