イノセント15の作品情報・感想・評価

イノセント152015年製作の映画)

INNOCENT15

上映日:2016年12月17日

製作国:

上映時間:88分

3.5

あらすじ

15 歳、人を愛せると思っていた―。とある地方都市の、小さな町。季節は冬。 岩崎銀 (15) は、野球好きの中学三年生。学校には行かずにブラブラしているミン、ユウキ とつるんでいる。そんな銀は、同級生の佐田成美(15)に突然告白される。しかし断る銀。 不思議がる ミン達だが、銀は女の子に興味が無さそうである。 一方、銀に振られても屈託のない素振りの成美。 しかし、家に帰ると「高校なんて行かずに…

15 歳、人を愛せると思っていた―。とある地方都市の、小さな町。季節は冬。 岩崎銀 (15) は、野球好きの中学三年生。学校には行かずにブラブラしているミン、ユウキ とつるんでいる。そんな銀は、同級生の佐田成美(15)に突然告白される。しかし断る銀。 不思議がる ミン達だが、銀は女の子に興味が無さそうである。 一方、銀に振られても屈託のない素振りの成美。 しかし、家に帰ると「高校なんて行かずに 風俗行けば?」と母親である佐田律子 に言われるなど、 居場所が無い。さらには律子の恋 人、神林アツシにその性を売られようともしていた..。 成美を振った銀はマイペースに日々を過ごすが、父親の大道が経営する旅館に一人の男が 訪 ねて来る。菊池雅弘である。二人は同じ地元の同級生であり、小さい頃、菊池になついてい たと聞かされる銀。二人は同級生の葬儀に行くのだが、その夜、銀は二人が恋人同士だった ことを知り...。 重い現実が二人を取り巻いていく中、成美は町から逃げ出し、東京に住む父親、佐田大吾の 家に行くことを決める。最後のお別れにやって来た成美に対して、銀は突然、「俺も行く」 と言い出す。お互いに秘密を抱えたまま、2人の旅は幸福なスタートを切るが、その道程に は、新たな現実が待っていた... 無垢ゆえに無知な2人が、交わす言葉もうまく見つからないまま惹かれあい、大人たちの平 穏と不穏、そして地方都市の静寂と喧騒の先に見つめる、儚い希望と切ない恋の物語。

「イノセント15」に投稿された感想・評価

Mypage

Mypageの感想・評価

3.7
うん。よかったよ。
ミソ

ミソの感想・評価

5.0
以外に好きな映画だった。
小川紗良さん、きれいなひとりぼっちたちの子だったのか
地方の問題を抱える15歳の"もがき"を生々しく描いている作品

カメラアングルや映像のつなぎがかなり荒いので、劇場で大々的に放送されてる綺麗な映像が好きな人はちょっと不快感があるかも//////

俳優の表情もそうだけど、映画全体的に表情がなく、ストーリーの起伏も穏やかな作品なので、不気味さとともに含みの多い作品だと思います‼︎

ところどころに登場するわけのわからない不気味な演出は、銀杏BOYZのPVにも似たカオスな感じと言葉では表せない感情が湧いてきて人によってはわけわからんと思う瞬間があるかも…

"開放感""爽快感"に包まれるというよりは、胸に深く突き刺さる作風で、見終わった後しっかり噛み締めていたいと思える作品でした!
さわ

さわの感想・評価

4.0
これが小川沙良か。
無垢な15歳の世界
15歳という年齢はコドモとオトナの間で複雑な思いを持つ純粋な年齢だと思う

面白かった!オススメ!とは言えないけど心に残るシーンがたくさんあった。
最初の告白、東京に向かう電車、教会、ラスト。

邦画特有の『間』がある作品で好き嫌いが分かれると思うけど、これは良い『間』だったからすごく好きだった!

小川沙良。初めて知ったけど素晴らしい!
メイキング映像のインタビューで好きな映画はリリイシュシュのすべてって言ってて女優もやって監督もやる映画人。魅力詰まりすぎ!この映画で小川沙良を知れた事が嬉しい!

観た人に委ねられるような演出もあるけど、ラストシーンではバイクの後ろに成美が乗ってエンジンがかかって進み出す音で終わる。最高か〜

15歳という年齢が故の2人の距離感とかすれ違いとか思いやりとか、、、エモすぎた。美しすぎた。

最後に小川沙良と友達になりたいです。
senna

sennaの感想・評価

4.6
映像文化論でみた

このレビューはネタバレを含みます

ワンピースを着て窓辺に座っているなるみの表情が印象的だった。あの時彼女が失ってしまったものは、純粋さという言葉で表せるもの以上なんじゃないかと思う。彼女はそれを取り戻せるのだろうか。
is

isの感想・評価

4.2
虚無も空虚も全能もやさしさや暴力も愛せなかった15才の永遠がこびりつくからヒリヒリしてくるしい
痛みを認めるには臆病で尊い
切身

切身の感想・評価

3.5
15歳って本当にイノセント…。
本人たちは何かできそうな気でいるけど、結局大人を前にして何もできないことに気づく。
こういう時期って、こじれるとどこまでもこじれるよね。
ただ、純粋さは人を救うことも多い。良い方にも。悪い方にも。
邦画らしい邦画。
中学3年生の岩崎銀は、ある日、クラスメートの佐田成美から告白されるが断ってしまう。それを気に留める様子を見せない成美だが、家では母とその恋人から虐待を受けていた。成美との一件以降、変わらぬ日々を送っていた銀は、父が営む旅館を訪れた菊池雅弘が、かつて自分の父親・大道と付き合っていたことを知る——。

15歳って、微妙な年齢。身体はどんどん大人になっていくけど、心は追いつかない、大人と子供の間のような時期。

そんな追いつかない心を表現するかの様に、この映画には言葉が少ない。おまけに、映像もあまり多くを語らない。行間だらけだ。

重い話しなのだが、ストーリーは淡々としていて、盛り上がりはない。でも、彼らの心はずっと揺れ動いている。観ていて、傷がとっくにふさがっているはずの処が、チクリとするような作品だ。

主演の二人のリアルな演技が良かった。成美の最後の表情。。何だったんだろう。
>|