さやか

フレーム・バイ・フレーム(原題)のさやかのレビュー・感想・評価

3.8
アフガニスタンの現状を世界に伝えるために写真を撮り続けるフォトジャーナリストたちの話。写真は世界共通の言語であり、この影響力は計り知れません。カメラを片手にさまざまな場所に赴いて写真を撮る彼らの姿はとてもたくましく、かっこよかったです。

タリバンがアフガニスタンを支配したときに、写真を撮ることが犯罪だと見なされたことに驚きを隠せませんでした。幼少期の写真が全てないというような話も劇中にあり、本当に信じられませんでした。このような経緯から、彼らは写真を撮ることに大きな意味を見出してるのかもしれないと思います。

「自分が撮った写真が世界的な賞を取ったらこの仕事は安泰ではなくて、まだまだその先に行かないといけない」
「カメラはわたしたちの武器です」
という言葉がとても印象的でした。

いつどこで危険な目に遭うかわからないような平和とはほど遠いアフガニスタンの現状ですが、彼らの努力によっていつかは平和な日々が人々に訪れるよう祈るばかりです。