カッシー

ミッション:インポッシブル/フォールアウトのカッシーのレビュー・感想・評価

4.6
当局は一切関知しない、だから怪我をしても労災は降りないし、最悪の場合死んだとしても無かったことにされる。そんなエクストリームブラックな労働環境に22年も身を置きながら世のため人のためにありとあらゆる無茶をし続けてきたイーサン・ハント、というかトム・クルーズ。

これ本当にとてつもない。史上最高のアクション映画とも称されていた本作でしたが、本当かよー、とか疑ってました。
すんません‼︎こんなに手に汗握る映画久々でした。本当に狂ってる。
100テイク以上のHALOジャンプ、2000時間を超える訓練によって可能になった墜落してるように"魅せる"ヘリ操縦、トムが走る!飛ぶ!ぶつかる!足を折る!
つまらない言い方で大変申し訳ないですが、生身のトム・クルーズがとにかく無茶をする!それが生み出すアクションの重み!とんでもない映画体験でした!
ちょっと凄すぎて笑っちゃうような映画です。興奮して全然レビューがまとまりせん!

ワンカットや固定カメラなど臨場感溢れるカメラワークもとても上手くて、脚本を書きながら撮影したという無茶苦茶なやり方もスパイ映画の掴みきれないストーリーという魅力にぴったりはまり、映画作品としても非常にレベルが高かったです。
さらにアバンタイトルのシークエンス、マスクを使ったトリックなどミッションインポッシブルのお約束をしっかり守ってるのもナイス!

劇中、妻のジュリアに"僕のせいで迷惑をかけてすまない"と謝るイーサン。
それに対して"あなたのおかげで私は幸せよ"と返すジュリア。
これって無茶振りを続けて監督をヒイヒイ言わせるトム・クルーズと、そんな無茶振りに応えて最高の作品を作るクリストファー・マッカリーはじめスタッフの皆さんの幸福な関係性のメタファーってのは考えすぎですかね?僕にはそう映りましたよ笑

ヘンリー・カヴィルの"二頭筋リロード"。かっこよかったぁ…

あぁ、この映画のことを思い出すだけでもドキドキする。とんでもなく楽しいだけじゃなく、本当に愛おしい映画になりました。
歴史に残る史上最高のアクション映画だと思います。



最後に一言、相変わらずなっちの字幕は気が利いてませんね笑

追記:この夏二輪の免許取ろうと思ってたんですけど、トムのクラッシュ見てやめました笑