やまひろ

ミッション:インポッシブル/フォールアウトのやまひろのレビュー・感想・評価

4.5
『君の任務、もし君がそれを受け入れるならばだが。』

2018年アメリカ合衆国のスパイ・アクション映画、シリーズ第6作目
監督は前作「ローグネイション」から継続のクリストファー・マッカリー監督

トム・クルーズの代表作にして超ヒット作『ミッション:インポッシブル』

毎回、とんでもないアクションをスタントなしにこなすトム・クルーズにビックリさせられるが、今作「フォールアウト」はどうなのか…

もうね、度肝抜かれたわ。。。トム、あなたは本当に人間ですか…凄すぎて失禁するわ…


CG技術の発達によりアクション映画もCGで制作されるようになっている今の映画業界だが、やっぱりリアルに本物が演じるものは違いすぎる!
トム・クルーズの役者魂には尊敬を超えて恐怖すら感じるほどの本物を感じてしまう。

ストーリーはいつものように「不可能なミッション」をチームでクリアーしていくんだけど、今作は今までにも増して困難な状況になっていたね。
人間関係はもちろん、組織がたくさん出てきて、その組織の思惑と個人の思惑も絡み合って、途中で誰が何をしたいのか良くわからんかったw

とりあえず、トムが走って飛んでバイク乗ってヘリ飛ばしてのそのアクションが凄すぎて、細かい部分はもういいや!ってなってしまうw
いや、あとで振り返って整理してみると、なかなかに考えられたストーリーなんだと気付かされるけどね。。。

今作の見どころ
・ヘイロージャンプ(高高度降下低高度開傘)に役者としては世界初の挑戦
・ヘリの免許を取得し、スパイラルという超難易度の操縦

この2つは超すごい!映像撮ってるのもすごいんだけど、トムが実際に演じているのが信じられないほどの出来
他にも、
・バイクでパリの街中を爆走したり(乗ってる姿がカッコいいんだよ)
・パリの街中を全力疾走したり(そりゃ骨折するわよ)
・トイレでスーパーマンとタッグバトルしたり(いや相手強いw)

もうね見どころが多すぎて、始めっから最後までハラハラドキドキで前のめりで映画観たわ!
IMAXの劇場で観たんだけど、迫力が倍増されてて、音もクリアーだし、そんな環境で最高のアクション映画が観れてホント幸せ。


今作も間違いなくシリーズ最高傑作(毎回更新していくからビビる)

観終わったらトイレで格闘したり、街中を全力疾走したり、ヘリに乗ってスパイラルしたり、高いところから降下したり…俺にも出来るんじゃね?って強くなった気になるけど絶対出来ないw