めかぽしや

迷惑帽子/これらのいやな帽子のめかぽしやのレビュー・感想・評価

3.6
喜劇映画研究会40周年記念
新春コメディ宝箱にて


本作、いわゆる毎回映画館で観る
“ストップ!映画泥棒”
みたいなスタンスです。

20世紀の初めはまだ紳士はシルクハット、淑女は飾りの沢山付いた帽子を被るのが流行していて
被ったまま映画館で映画を観ると大迷惑になりますよ、
的な感じの作品です。

後からの解説を聴くと
劇中の映画館内でのスクリーンでは映画が上映されてます。
こらは
『カイロの紫のバラ』
『ラスト アクション ヒーロー』
の元になった作品のようです。

本作、サイレント映画で電子ピアノの生演奏付きでした。
伴奏者は楽譜無しでスクリーンを観ながら曲調を変えていき、
凄いな!!と感動しました!
手元も見てないですね。
そして生演奏ならではの鍵盤をたたく音も良かったです。

そして小さな映画館でしたが、
マニアが揃い笑いや驚きや感嘆の声がもれてよい雰囲気でした。

初コメディ映画でしたが、
なかなか面白いので追って行けたらと思います。