名探偵コナン 純黒の悪夢の作品情報・感想・評価

名探偵コナン 純黒の悪夢2016年製作の映画)

上映日:2016年04月16日

製作国:

上映時間:112分

3.8

あらすじ

ある漆黒の夜、日本警察にスパイが侵入。イギリスの「MI6」、ドイツの「BDN」、アメリカの「CIA」など各国の諜報機関、さらにはFBIの機密データを持ち出そうとするが、間一髪のところで安室透率いる公安が駆け付ける。スパイは車を奪って逃走。高速道路で安室とのデッドヒートを繰り広げ、他の車をも巻き込む大惨事になろうとしたその瞬間、スパイの車はFBI赤井秀一のライフル弾に撃ち抜かれ、道路の遙か下へ転落…

ある漆黒の夜、日本警察にスパイが侵入。イギリスの「MI6」、ドイツの「BDN」、アメリカの「CIA」など各国の諜報機関、さらにはFBIの機密データを持ち出そうとするが、間一髪のところで安室透率いる公安が駆け付ける。スパイは車を奪って逃走。高速道路で安室とのデッドヒートを繰り広げ、他の車をも巻き込む大惨事になろうとしたその瞬間、スパイの車はFBI赤井秀一のライフル弾に撃ち抜かれ、道路の遙か下へ転落していった—。 翌日、コナンたちは東都水族館へ遊びにきていた。リニューアルしたばかりで大盛況の水族館。その目玉となる巨大観覧車の下で、コナンはケガをして独りたたずむ容姿端麗な女性を発見する。見ると、左右の瞳の虹彩色が異なる、通称“オッドアイ”だった。しかし、女性は自分の名前もわからないほどの記憶喪失状態で、所持していた携帯電話は壊れてしまっている。その記憶が戻るよう手助けをすることを約束したコナンたちは、そのまま一緒に過ごすことに—。一部始終を陰で監視していたベルモット。そしてその場を後にしながらサイレンサーを取り出し、装着していたインカムに言い放った。「そのつもりよ、ジン。」

「名探偵コナン 純黒の悪夢」に投稿された感想・評価

エンターテイメントとしても面白く、コナンの映画としての定番を押さえつつ、オールキャストでと、要諦は押さえてます。ただ、イマイチ納得の出来ない行動と、出しっ放しでほっとかれたキャラが多かった印象。
えみこ

えみこの感想・評価

3.5
キュラソーぉぉおおおおお。゚(っ゚´ω` ゚c)゚。


とりあえず3人揃えば最強ということはわかりました
声もずるいし、とりあえず惚れるしかない
Yoshimitsu

Yoshimitsuの感想・評価

4.0
ミステリーでは全くなかったけど今回はOK!!
アクションすご過ぎる!
刑事モノではよくあるけど公安と警視庁って何でこんなに対立するんだろう?

もう日本の警察では手に負えないだろこれ笑
あだち

あだちの感想・評価

3.8
冒頭のアクションがとにかく派手
全体的にアクションに重きを置いている
まあミステリーでもないしな
なかなか切ない
K

Kの感想・評価

5.0
10回は見たかと...
映画館でも4回ほど
MX4Dも観に行きました
観覧車の上を走るシーン ハムスターみたいだなと思った
序盤のドライブシーンの赤井さんと安室さんがステキすぎる...♡
ノックリストがばれて世界が大変になる心配してるけど、そのシーンもなかなかの荒れっぷりで。笑

黒の組織、公安、安室VS赤井、
とすきな要素がてんこもりでした!
>|