インサイダーズ 内部者たちの作品情報・感想・評価

インサイダーズ 内部者たち2015年製作の映画)

내부자들/Inside Men

上映日:2016年03月11日

製作国:

上映時間:130分

3.8

あらすじ

財閥と政治家が癒着する巨大な腐敗権力を巡り<策士・検事・チンピラ>3人の男たちが仕掛ける命をかけた騙し合い。二転三転する勝者――あなたもきっと爽快に騙される! かたや自分たちの自由にできる世の中を求め、かたや政治家として金と後ろ盾を必要とする。財閥と政治家の癒着は巨大な腐敗権力を作り上げていた。その一連の流れを陰で操るのが策士・ガンヒ(ペク・ユンシク)だ。 ガンヒに雇われ様々な悪事を代行して…

財閥と政治家が癒着する巨大な腐敗権力を巡り<策士・検事・チンピラ>3人の男たちが仕掛ける命をかけた騙し合い。二転三転する勝者――あなたもきっと爽快に騙される! かたや自分たちの自由にできる世の中を求め、かたや政治家として金と後ろ盾を必要とする。財閥と政治家の癒着は巨大な腐敗権力を作り上げていた。その一連の流れを陰で操るのが策士・ガンヒ(ペク・ユンシク)だ。 ガンヒに雇われ様々な悪事を代行してきたアン・サング(イ・ビョンホン)は、ある日、財閥企業ミライ自動車が大統領候補への裏金を送っていた証拠となるファイルを手に入れる。それを楯にミライ自動車を脅し、さらなる成功を手に入れよう企てるが、しくじり失墜する。 一方、裏金事件を捜査していた検事ウ・ジャンフン(チョ・スンウ)は、裏金ファイルをアン・サングが横取りしてしまったため、捜査は難航し打ち切りに。コネや後ろ盾のない彼はすべての責任を負わされ左遷されてしまう。 しかしウ・ジャンフンは諦めきれず、チンピラに成り下がりながらも復讐を企てるアン・サングを追い、一発逆転の〝告発”を持ちかける。 野望・復讐・正義――それぞれの思惑をはらんだ告発の勝者は一体誰か?

「インサイダーズ 内部者たち」に投稿された感想・評価

ngsm

ngsmの感想・評価

-
DVDにて

2016年に見逃した映画を見直す会第一弾
今年の韓国の2大映画賞を独占した作品

評判の良さも納得〜
切身

切身の感想・評価

3.4
おじさん達ってお金と女好きだなぁ。
面白かったけど展開が読めてしまったのでこの評価。
SUPERTIGER

SUPERTIGERの感想・評価

5.0
めっちゃ面白かった(`・∀・´)

思ったのは
ビョンホン兄貴はやっぱ最高 笑

ビシッとした役と
チンピラの役のギャップが好き 笑



アパホテルで映画三昧の日曜日(^^)
朝から飲まないで、ちゃんと集中して観てたら
大体の流れは想像出来た(`・ω・´)
パターンが読めたたら、、、
少し嬉しい
でも
少し悲しい。。。笑


でーもやっぱ韓国映画いいなぁ 笑


この映画で
宴会?密会?
裸で女にしゃぶらせながら酒飲むシーンがあるんやけど、、、
それが一番ツボった(`・∀・´)

金持ちッて本当見境ないな 笑
そして、
金持ちッて本当にこうゆう遊びをやっとるんやろうね(`・ω・´)。。。
今日もどこかでッ!笑


俺は、、、
アパホテルで昼から飲んで映画観れる時点で、、
十分幸せよー(*´꒳`*)
(今回出張なげえよ。。。)

朝飯なんか、バイキング全種制覇したくて、、、
吐きそうになるぐらい食ったもんね 笑


ただ、刺青入ってっから大浴場に入れないのが残念やけど、、、笑


十分に幸せです^ - ^
来週一回帰れるからねッ(`・∀・´)

釣り行けッから(*≧∀≦*)ッ!!!
素晴らしく爽やかな映画

モヒートに行ってモルディブを飲みたい
REY

REYの感想・評価

3.0
政治家と大企業にヤクザ、
マスゴミの癒着、裏社会の悪に
1人の落ちぶれたゴロツキと
実力よりコネ…そんな現実社会で
出世コースから外れた検事が
手を組む復讐劇

巨大権力には正義を貫こうとしても
悲しいかなアッサリもみ消される

どんでん返しが数回あり
騙し合いの連続なのですが
終盤から珍しく
私はこの先が読めてしまった
やっぱり…www
義理人情系作品好きだからかなっ😅(笑)

ゴロツキ役でもイ・ビョンホン
かっこいいわっ♡
seiji

seijiの感想・評価

3.6
前半は時系列が前後したり、登場人物を覚えきれなかったりで、ちょっとややこしかったけど、後半から一気におもしろくなった。ラストはスッキリ爽やか。
一つ前を置くと、

後半はチンポと後輩が富士の樹海で自殺を図ろうとした時の話である。

イ・ビョンホン観ていると、どうしても日本ならキムタクと思って観てしまう。なんだろう、いや、好きなんだよ、でも、なんかこの人、自分をカッコ良く見せることが、まず一番なんだろうなあ、と、ちと、思ってしまうの。

まあ、話は裏切ったり、裏切られたり、主演のイ・ビョンホンも気の毒だけど、まあ、所詮あんたも悪人だしなあと、でも、イ・ビョンホン以外の敵は魅力のないエロおじさん悪人ばかりだし、だったら、かっこいい悪人がかっこ悪い悪人を裁けばいいと、片手首切り落とされたイ・ビョンホンを応援せざるえない映画の作り。

でも、あの保守派新聞の論説主幹(まあ、なんとなく察して)をやってたペク・ユンシクの気色悪さは素晴らしかったね。あーゆー、ニコニコしてるおっさんが見窄らしい老体晒しながらも堂々と受ける性接待シーンはなんか生々しいのな。

んで、ふと、思うのな。

性接待ってさー、どこにいったら、あるんだろー(鼻ほじりながら)


類は友を呼ぶ俺周りの貧乏監督人からは、そんな性接待受けたって話勿論聞いたことないし、でも、いま、俺がこれを書いてるこの瞬間も、この国の何処かでは性接待受けてる兄ちゃん(おじちゃん)はいるんだろうし。中々お目にかかれない、そんなワンダー性接待ランド。

でも、また、ふと、思うのな。

おれ、あんな明るい部屋でおっちゃん同士面と向かい合いながら裸になってチンポしゃぶられたくはないなあー(チンポ掻きながら)

やっぱチンポって人前でしゃぶられるもんじゃないし、しゃぶるもんじゃないと思うよ!(襟を正して)


あ、余談だけど(いつものように)

男子なら誰しもが一度はヨガマスターを目指し、自分で自分のチンポをしゃぶろうとしたことあると思うけど、あれ、実際自分で自分のしゃぶった人の成功談を聞くに、

しゃぶられてる感 >(よりも)> しゃぶってる感

らしいぜ!(メガネの淵を光らせながら)


あと、昔俺の後輩男子がチンポしゃぶる仕事をしてたけど、そいつが涙目で言ってたぜ。

「しゃぶるのって、結構大変す!マジ顎痛いす!」

それ以降、そいつは自分の恋人にしゃぶって貰う際に、気を遣い過ぎてしまい勃たなくなってしまったらしい。もちろん、恋人には、自分がチンポしゃぶることを仕事にしてるとは言えんから、彼女は彼女でショックだったろうし、もう何も良いことはない。

いつしかその後輩が、富士の樹海手前から電話してきたことがあった。

「今から死にます。お世話になりました」

的な電話だったので、死ぬ前に一度挨拶に来んかいと、富士に樹海から、当時僕が住んでいた下高井戸まで車(レンタカー)で来させたことがある。0時くらいに電話があって、3時くらいに来たっけかな。

確か、恋人と別れた後輩はハートブレイクしていた。月並みな正論混じりな文句でなんとかそいつは思いとどまり、明け方レンタカーを返却すると共に、僕のマンションを去っていった。さすがに、ここからまた富士の樹海に行く体力はないだろうと思った。

翌日。その後輩から電話があった。

「あのう、僕、なんかminiDVテープ忘れてないですか?」
「ああ、あるねえ」

そいつが座っていた座布団の上にそれはあった。

「すいません。お手数ですが着払いで郵送してください」
「うん。わかった」
「くれぐれも、中身は見ないでください」
「うん。わかった」

そんな鶴の恩返しの鶴の一言とも言える教科書通りのフリを言われて、見ないという選択肢も存在するという教育を受けてこなかった僕は、さっそくデジカメにそのテープを入れて再生してみた。

そこにはトレインスポッティングのような後輩と目隠しされたその彼女のハメ撮り映像が映っていた。僕は、その映像をレントンのような眼差しで見つめた。そして、思った。

しっかり、しゃぶらせてるじゃないか!

さすがにこれを本人に伝えると、またこいつが死のうとするんじゃないかと思って、さすがに言わなかった。しかし、これを持ってきちんと死のうと思ったこいつはとても彼女想いだなとも思ったし、それを普通に座布団の上に忘れていくこいつは、ギリ死んだ方がマシなダメ人間だとも思った。

その後輩は、年に一回ぐらいふと電話を寄越すが、会ってはない。

そのテープはまだうちにあるが、もう何処にいったかようわからん。今度もし見つけたら「インサイダーズ」とラベル表記しておく。でも、もう一回見つけるということは、もう一度そのハメ撮りを確認しないといけないことだ。

そんな思い出を、ほぼ誰も読んでいない、このフィルマークスに記しておく。

映画には、記憶を呼び起こし、連鎖させる、そんな力がある。

これを書きながら、目の前にあったグラスにウイスキーを注いでしまった次第である。
映画史に燦然と輝く下半身ゴルフ接待シーンだけでも見る価値あり(R15)
韓国は地縁、学閥などのコネ社会なのは本当なのかな?
であれば、閉塞感のある社会になってしまいそう。

映画の感想は、検事もゴロツキももっと腹を減らした野獣感が欲しかった。
チャンスを掴んでのし上がる、復讐に焦がれる思いが自分には伝わりにくかった。
韓国語が理解できれば、全然違うのだろうか。

権力者たちの汚さは存分に伝わった。
あの大人の遊びは、近いことをやっているヤツが日本にもいると、強く疑われますね。
残酷シーン&性接待シーン有り。

あれ何よー。
コップ倒すやつ!

先が読めない面白さ。

イ・ビョンホンの魅力爆発💣
>|