インサイダーズ 内部者たちの作品情報・感想・評価

インサイダーズ 内部者たち2015年製作の映画)

내부자들/Inside Men

上映日:2016年03月11日

製作国:

上映時間:130分

3.9

あらすじ

財閥と政治家が癒着する巨大な腐敗権力を巡り<策士・検事・チンピラ>3人の男たちが仕掛ける命をかけた騙し合い。二転三転する勝者――あなたもきっと爽快に騙される! かたや自分たちの自由にできる世の中を求め、かたや政治家として金と後ろ盾を必要とする。財閥と政治家の癒着は巨大な腐敗権力を作り上げていた。その一連の流れを陰で操るのが策士・ガンヒ(ペク・ユンシク)だ。 ガンヒに雇われ様々な悪事を代行…

財閥と政治家が癒着する巨大な腐敗権力を巡り<策士・検事・チンピラ>3人の男たちが仕掛ける命をかけた騙し合い。二転三転する勝者――あなたもきっと爽快に騙される! かたや自分たちの自由にできる世の中を求め、かたや政治家として金と後ろ盾を必要とする。財閥と政治家の癒着は巨大な腐敗権力を作り上げていた。その一連の流れを陰で操るのが策士・ガンヒ(ペク・ユンシク)だ。 ガンヒに雇われ様々な悪事を代行してきたアン・サング(イ・ビョンホン)は、ある日、財閥企業ミライ自動車が大統領候補への裏金を送っていた証拠となるファイルを手に入れる。それを楯にミライ自動車を脅し、さらなる成功を手に入れよう企てるが、しくじり失墜する。 一方、裏金事件を捜査していた検事ウ・ジャンフン(チョ・スンウ)は、裏金ファイルをアン・サングが横取りしてしまったため、捜査は難航し打ち切りに。コネや後ろ盾のない彼はすべての責任を負わされ左遷されてしまう。 しかしウ・ジャンフンは諦めきれず、チンピラに成り下がりながらも復讐を企てるアン・サングを追い、一発逆転の〝告発”を持ちかける。 野望・復讐・正義――それぞれの思惑をはらんだ告発の勝者は一体誰か?

「インサイダーズ 内部者たち」に投稿された感想・評価

ngsm

ngsmの感想・評価

-
DVDにて

2016年に見逃した映画を見直す会第一弾
今年の韓国の2大映画賞を独占した作品

評判の良さも納得〜
めぐ

めぐの感想・評価

4.0
新世界が好きならとオススメされた作品でしたが、会長や政治家や記者の腐り方がほんと目も当てられないシーンで描かれつつ、でも結果的には検事とイ・ビョンホンごろつきとのコントラストががっつりついて→爽快でした。
イ・ビョンホンの長髪ゴロツキ姿、若い。
インサイダーズ/内部者たち

🇰🇷韓国 ソウル

大手車メーカーが大統領選挙近い議員に裏金資金を流し恩恵を受けようとしていた。

その二人を引き合わせた新聞記者と癒着に気付いた検事と裏世界の汚れ仕事をするヤクザ男が主人公。

ヤクザ男(ビョンホンさん)がメディアに暴露し、癒着が明らかになる。





〜話は2年前にさかのぼる。
車のメーカーの会長と議員と新聞記者の癒着で乱行パーティーをしたり、やりたい放題。段取りした汚れ仕事のヤクザ的なブローカーの主人公!
癒着の資料を入手し、調子に乗り、議員の下っ端に生意気な口を聞いた事である仕打ちを受ける!復讐の始まりです!


◉84C点!
ドライバー、打っても飛ばぬ、悪なれず!
★彡^_^;パーティーに参加してみたい(笑)


エロさとグロさがちょうど良い案配です。

暴露した主人公のビョンホンさんの復讐劇をご覧あれ!
eco10

eco10の感想・評価

4.0
韓国映画のセオリー通り!
悪に立ち向かおうとすると権力でねじ伏せられて、、悔しいどころの騒ぎじゃない。
正義ってなんだ?!の自問自答。相変わらず腐り切ってます。でも、バッドエンドじゃなくて良かった。
YooMee

YooMeeの感想・評価

3.6
全裸の宴会…男って…

ロン毛のビョンホンがゴロツキ感ハンパない。チンピラ然としてて見たことないビョンホンが新鮮。
movies

moviesの感想・評価

3.5
流し見だったからいつかもう一回見たい
最高にむかつくし最高にすっきりする。韓国映画の中でも口悪すぎな方にはいる。でもところどころセリフの言い回しがきたなオシャレ。朴槿恵さんのこともあって現実味がすごい。話がとてもおもろい
sm

smの感想・評価

3.6
記録
酒

酒の感想・評価

4.0
話が二転三転して最高に面白かった
スペクタクルでジェットコースターみたいな映画
ハードボイルド。綺麗事がほとんどない。故に綺麗な事が凄く映える。二転三転する脚本も然り、生半可ではない暴力描写然り、あんまり韓流見ないけど同じ系統なら邦画は太刀打ち出来ないほどの差を感じる。
リアリティにおいては文化を知ってるだけ邦画はどんな海外映画よりも辛口にならざるを得ないにしても、韓流、もう好きだ嫌いだ言ってる場合じゃない。

登場人物の名前も聞きなれないし、似てるから相関図がなかなか浮かばない。にしても、ワンシーンワンシーンの熱量がすごいので多分どこから入っても魅入れる。台詞の再利用によってどうでもよさげな台詞でも深く脳裏に焼き付ける。同じく狭い机で鍋を囲むなどシチュエーションも節々で繰り返して映画の印象を焼き付ける。やられた事をそのままやり返す。単純明快な伏線を回収しまくる。そんなベタな事恥ずかしくてできない?そう言わずにやってみたらいい。とんでもない効果がでる。

道中好き過ぎてもっと激しいカタルシスを期待してしまった。
>|