日本で一番悪い奴らの作品情報・感想・評価

日本で一番悪い奴ら2016年製作の映画)

上映日:2016年06月25日

製作国:

上映時間:135分

3.6

あらすじ

「日本で一番悪い奴ら」に投稿された感想・評価

「北海道警察の実在の刑事をモデルにしたフィクションである」との触れ込みだが、ネットでちょろっと調べる限り、どう見ても実話笑

北海道警による組織ぐるみの違法捜査が大きなテーマであるため、決して違法捜査を認めない警察組織に配慮した上での「フィクション」表記となったことが推察される。触れ込みが回りくどいのは、道警からからの抗議や圧力やらがあったのだろう。


ある刑事が歓楽街すすきのを舞台に暴力団らと親しくなって持ちつ持たれつの関係を築き、銃器取締りを強化する時代の要請を背に、道警が組織ぐるみで違法捜査に手を染めていく様を描いた。

セクハラ、パワハラという言葉が存在しない時代背景、当時の警察と暴力団の持ちつ持たれつの関係、事件摘発がノルマとなっていたことを忠実にかつ、コミカルに再現している。裏金をバンバン使ってるシーンは、道警の裏金問題が一時期問題になっただけにリアルに映った。

そして結局タイトルの「日本で一番悪い奴ら」とは誰なのか?について頭の片隅に置きながら見てほしい。

主人公のキャラが大きくブレるが、綾野剛はどれもしっくりくる。演技うまいんだなー。
真面目故に、周りが見えなくなることの怖さ。
日本人だから陥ること。
悪行の世界でも、悪事を働くため、それに伴う恐怖から、真面目にならざるおえない。
ある程度不真面目に生きた方が生きやすいね…。

とりあえず、殴りながら泣きながらセックスするシーンは最高だった。
切ねぇ。
あだち

あだちの感想・評価

3.8
白石さんは内地の人間じゃ。北海道の底辺の風景描写はリアリティがあっても地元民は騙せん。

しかしそれでも綾野剛のラリ顔とピエールの凄みには目を見張るしホンも骨太で面白かった。チャカとシャブというワードに耳が犯される。
NIKKAの看板大好き!
9523

9523の感想・評価

4.1
綾野剛、本当に素直なんだろうなぁ(騙されてる
ちなみ

ちなみの感想・評価

3.5
ただただ真っ直ぐに突っ走れるの凄くカッコ良い(^_^)永遠と真っ直ぐ(^_^)
chiro

chiroの感想・評価

3.5
えぐみがえっぐい。
えぐみとクセが強すぎて頭痛くなる。
最初の方成功者だった人が、地獄に落ちてしまう映画だね。。
なーこ

なーこの感想・評価

3.1
初めて父と2人で見に言った作品がこれ。

私と父の接点は映画くらいしかない。

決して名作ではないが、帰りに食べたパスタよく覚えてる。

綾野剛、ここまでやるか。
ストーリー構成の起承転結がとてつもなく美しいが、実際は起転転転だ。

主人公の諸星がクズに沈んでいくのが最初はスリリングで気持ち良いのだが、人生の下り坂に突入した途端観ているのが辛くてしょうがなくなる…
上手く行くときはトコトン上手く行くし、転げ落ちる時は真っ逆さま。

柔道しか取り柄がなかった真っ白な青年だったからこそ染まるのがあっという間だったんだろうな…

綾野剛さんの演技力がとにかく凄い。
ケンカは強いが心は小物。しかし、あの世界で生き抜いていく為に汚職を折り返す姿がとても板に付いていた。
シャブに手を出した時の演技はなかなか最近のイケメン俳優では出来ない芸当だと思う。

あと中村獅童は吠える役がハマる。
ピンポンのときもそうだけど、ドスのきかせ方堪りません。

こういう攻めた映画好き。
>|