mycocide

SHERLOCK/シャーロック 忌まわしき花嫁のmycocideのレビュー・感想・評価

4.5
01/05/16

今回の舞台は19世紀のヴィクトリア朝時代のイギリス、ロンドン。シャーロックがレストレードから不思議な事件を語られる。それは死んだはずの花嫁姿の女性がなんと人を殺したというのだ。幽霊の仕業なのか、それともトリックなのか、もう一つの事件によりさらに謎は深まることになる。

この作品を見る人はファンが殆どだと思うので詳しく説明する必要はないかな。

とりあえずしょっぱなからジョンとシャーロックの出会いから始まり、所々で現代との比較がされており嬉しかったです。本編が始まる前にプロデューサーであるモファットによる部屋の説明があり、本編の為にフォローされてます。

見る前は単体のストーリーかとおもってたんですがS3からちゃんと繋がったストーリーで、S4が早くみたくなりました。ただちょっと私的には突然現代になったり過去に戻ったりでこんがらがることがあったので、最低2回は観なければならないなと(笑)

点数はシャーロックファンなので甘めで。でもストーリーはさすがシャーロック!って感じなので見て損はありません。ただファンじゃない人には難しいかな(汗)