片腕ファルコン

SiM「10 YEARS - SPECIAL EDiTiON -」の片腕ファルコンのレビュー・感想・評価

3.4
SiMのバンド結成10年の節目に作られたドキュメンタリー映画。

SiMですか…?すいません、全く知りませんでした!

2014年の6月くらいにシネマート新宿で1週間限定で上映(割と全国いろんな所で1日限定上映も決行)されたので、全く知らない状態でファンに紛れて後ろの方で見てきましたよ!!

毎回言ってるような気がしますが、とにかく私は全く無知な状態からドキュメンタリーで知識を得るのが大好きなのですよ!!

2004結成と言えば、その頃はもうパンクの世界から足を洗って新しいバンドは全く知らんかったからなぁ。

初期の頃は日本では割と珍しいサーフロック調で「おおっ!!」と思いましたよ!!本編でも彼らを絶賛するレコ屋の店員さんのTシャツもそうでしたが…史上最高のレゲエパンクバンド[サブライム]を彷彿させる感じさせますねぇ。コレな売れ路線なのでは…と思いきや、この頃は全く売れなかったらしい。何故じゃ。。

そっから若干の路線変更をして重めのサウンドになっていく訳ですが、うんカッコいいね!!ダブ感も残してるし進化してる感じ。若者はこっちの方が好きなんですねぇ、耳が肥えてますねぇ。。

まぁドキュメンタリーとしては普通かな、なんて思っていたら…メンバーの1人が脳梗塞で倒れる事件が発生!!作品の山場となってました。

なんだかんだで全くファンじゃない自分でも楽しく見る事できました!!1800円の価値ありましたよ。

ただ、ヴィジュアル的にカッコつけ過ぎじゃないかい?ああいうもんなのかな、最近のバンドは。