• Filmarksトップ
  • 劇場版 響け!ユーフォニアム 北宇治高校吹奏楽部へようこその感想・評価

劇場版 響け!ユーフォニアム 北宇治高校吹奏楽部へようこそ(2016年製作の映画)

上映日:2016年04月23日

製作国:
  • 日本
  • 監督
    石原立也
    脚本
    花田十輝
    原作
    武田綾乃
    キャスト
    黒沢ともよ
    朝井彩加
    豊田萌絵
    安済知佳
    寿美菜子
    早見沙織
    茅原実里
    石谷春貴
    櫻井孝宏
    あらすじ
    黄前久美子は中学3年の吹奏楽コンクールで見た高坂麗奈の涙を忘れられないままでいた。高校に進学した久美子は加藤葉月、川島緑輝に誘われて吹奏楽部に入部するが、肝心な吹奏楽部の演奏はお世辞にも上手とは言えなくて……。しかし、吹奏楽部に新しい顧問・滝昇がやって来たことによって状況は一変する。滝のスパルタ指導に反発しつつも、少しずつ上手くなっていく様子に自信を持つ部員たち。久美子も少しずつではあるが、麗奈との距離を縮めていった。サンライズフェスティバル、コンクールメンバーを決めるオーディション……。数々の試練を乗り越えた吹奏楽部は吹奏楽コンクール京都府大会に臨む――。

    「劇場版 響け!ユーフォニアム 北宇治高校吹奏楽部へようこそ」に投稿された感想・評価

    このレビューはネタバレを含みます

    第1期の再編集と第2期への導入としては素晴らしい出来。だが、映画単体としてみると、いつの間に消えた葵ちゃんや、夏紀先輩の関係性など、カットした割に気になるところが多かった。1期を見てないと少ししんどいかも。サファイアちゃんの「緑ですー!」が無かったのも残念。笑
    サンフェスのライディーンがフルになったのは凄く良かった。
    飴子
    1.0
    アニメ放送をぎゅっとしすぎた感じ
    chanmako
    4.5
    初見でした
    泣きました
    厚く熱い、そして重い思いが、これでもかというほどに詰まった、最高の青春物語。ギャグじゃないんだ。ギャグじゃないし、私は本当にこのお話が好きなんだ。

    内容としては、本劇場版の前に放送されていたテレビアニメ版の再編集、そして第二期へと繋がる新たな場面。
    ただの総集編じゃない。主人公・久美子と、その主人公の魂が大きく動くきっかけを与える友人の麗奈。この両人を中心に据えて、改めて“響け!”世界を映し出している。二人の心の距離の縮まり、関係の深まり、久美子の変化というものがより明確になって、より私の心を揺さぶる。

    そしてやはり、登場人物の声は全て新録というのが、もう、最高。テレビ版を経てまた劇場版のために改めて吹き込んでいるというのが、本当にもう、最高。
    映画冒頭(テレビ版でも第一話冒頭の部分)に早速“響け!”で最も好きな麗奈の台詞があるんですが、テレビ版に輪をかけて、刺さり方が尋常でなかった。ド頭からしっかり魂を持っていかれました。

    最後の演奏場面は、肉体に魂にまさに刺さりまくる激情の嵐。たまらんです。

    私はこの物語、そしてこの劇場版、大好きです。
    要するに、総集編である。テレビシリーズの良いとこだけ編集して持ってきた。
    OKYM
    3.6
    過去鑑賞

    アニメ第1期の総集編としか言えない作品。総集編だからか入学から入部までの過程や、グダグダしていたがそれが学生らしくて良かった一見無駄に思えるシーンが全てカットされていたのは残念だった。

    その分、TVアニメ本編では未収録で追加の演奏シーンや1期未登場で2期で主に活躍するキャラが登場するなど2期への伏線を張るような部分で映画オリジナルがあったのは評価したい。

    また、大々的にTVCMなどで宣伝していた結果TVアニメを見ていない層の客が意外にも多かった印象がある。
    TV版が最高で2期を一気見する前に復習として鑑賞
    近年稀に見る驚くほどリアルで気持ち悪くて最高な青春胸熱アニメ
    TV版ほどキャラクターに深入りできなかったけれど演奏シーンの追加は嬉しい
    新作にも期待
    さや
    4.0

    このレビューはネタバレを含みます

    わたしの知っている気持ちわるい青春
    とてもリアル

    れいなとくみこのお祭りの夜に山に登るシーンがすき

    くみこ性格わるいでしょ?
    いい子のふりしてどこか冷めてる
    その皮ぺりぺりって剥がしてやりたい

    あたりまえにできてる人の流れに抵抗したいの
    わたし特別になりたいの
    みんなと同じになりたくない
    自分が特別って思ってるだけじゃない本当の特別
    zzz
    4.1

    このレビューはネタバレを含みます

     テレビシリーズの総集編として再構成されたアニメ映画。
     この総集編でだけで点数を出すなら2.9くらいだろうか。
     新規カットはほぼなく、総集編故のストーリーの崩壊は免れなかった。
     とまあもともとテレビシリーズで今作の倍以上あったボリュームをむりくり縮めれば当たり前のことで、それを言ってもしょうがない。(そもそも最近よく見かける総集編の劇場版はいったいどういった層向けなのかしばしば疑問がよぎるが。。。)
     ただテレビ放送した内容も含め、感想となると、素晴らしいの一言に尽きる。
     総集編としてはひどいものではあったが、それは尺などフォーマットに対するもので、描かれている内容は近年のテレビアニメに見ない人間ドラマが描かれている。
     萌え系のキグルミを着た肉食系ばかりの吹奏楽部。表向きはキャピキャピしているが、セリフの要所要所を拾っていくと演奏の上手いキャラは皆挑戦的であり、またそうなっていく。過程ではなく、トコトン結果を求めるキャラクター達には、生々しい人間らしさが垣間見える。
     各シーンの表現も丁寧で、主人公の名シーンの橋の上で叫ぶところも、主人公がみずから心の声を口に出せるような仕掛け(今回は秀一)が施されている。
     といってもあざとすぎる演出も多く、悪い意味で京アニらしさもでていた。
     正直キャラクターデザインもシナリオも全く違うが、なぜがパーフェクトブルーに似た物を感じた作品だった。
    みなみ
    4.5
    総集編って知らないで見に行ったけど、アニメ版とすこし演出違くてよかった
    >|