さとちゃん

クリーブランド監禁事件 少女たちの悲鳴のさとちゃんのレビュー・感想・評価

3.0
2013年に実際に起きたクリーブランド監禁事件を基に作られた作品

3人の女性が10年以上に渡り監禁され性奴隷とされた

犯人が家のドアの鍵を掛け忘れた隙に助けを求め近隣に住む人達に救出された

被害者の1人が監禁中に産んだ6歳の子どもも保護された

当然、父親は犯人である

胸糞悪い(*_*)

3人の内の1人の女性に視点を当てて物語は進みますが、誘拐された当時その女性には息子が居たが救出されるも息子は幸せな人生を送ってる為にそれを壊したくないと会うのを諦めたそうです。

辛すぎるわ

監禁中も何回も妊娠しては腹を鈍器みたいなモノで殴られ流産させられていたみたいです。

久しぶりに胸糞悪い作品でした(*_*)

この作品を観る前に事件の詳細を調べるのをオススメします☆