penguinwhipper

世界の涯ての鼓動のpenguinwhipperのレビュー・感想・評価

世界の涯ての鼓動(2017年製作の映画)
3.9
試写会にて鑑賞。
それぞれの演者のアップがとても印象的。
瞳にかならず光が入っていて、台詞を語らずとも
気持ちが伝わってくるようだった。
ヴィムベンダースの最新作との事で期待していたら、また気持ちよく期待を裏切られた。
作品毎に変わる彼の撮影スタイルとストーリー展開の巧みさにやられた。
切なくて深い。
どこにも届かないかもしれない思いを抱きながら
互いを求め合う男女と、
珍しく地域紛争について盛り込んである作品。
ヴィムベンダース監督作品の「夢の果てまでも」をちょっと思い出した。
改めて劇場でもう一度観たい。