世界の涯ての鼓動の作品情報・感想・評価

上映館(8館)

「世界の涯ての鼓動」に投稿された感想・評価

くま

くまの感想・評価

3.0
マカヴォイとアリシアヴィキャンデルのラブストーリーなら絶対観なければと思い、日本での公開を待ちに待ってやっと映画館に観に行けました。
マカヴォイは表情も仕草も顔のつくりも体つきも息遣いさえすばらしく
アリシアヴィキャンデルは相変わらず美しかった。
しかしストーリーが好きになれません。
2人が離れてからのシーンがだらだらと続いてつまらないのですが、
それぞれが過酷な状況に置かれているので、退屈ながら嫌な緊張感だけはあって早く終わらないかなと考えていました。
そして結末は大した盛り上がりなく唐突に訪れ、しかもぼんやりしています。
余韻を残したつもりなのでしょうか。好きじゃありません。
マカヴォイとアリシアが拝めて眼福、それだけの映画でありました。
菜々子

菜々子の感想・評価

3.6
美しい。
二人のファンだからそれだけでよい。
HxMxYxSx

HxMxYxSxの感想・評価

3.6
ソレイユ2にて鑑賞
2019.10.14
記録2019 10月15本目 累計233本目

劇場の予告編のみの予備知識で観賞 ちょっと思ってたのとは違うかな。
運命的といえばいいけど、出会いから関係になるまでが唐突というか、都合良すぎ。
意識高い会話はいいけど、宗教感というか哲学的な部分は?マカボィの最後もなぁ〜
階層の話は興味深いものでした。けどって感じ
毬藻

毬藻の感想・評価

3.8
もう二度と会えないかもしれない
美しくて切ないラブストーリーだった。


2人が出会って惹かれ合う時間がとてもとてもロマンチックで良かったなぁ。

2人はある意味対等な立場にいて、だから愛情以上に譲れない感情がある。


ジェームズ・マカヴォイほんっと好きだわぁ。
TAKA

TAKAの感想・評価

3.9
2019-157-119-038
2019.8.8 TCシャンテ Scr.1

・魂の孤独
・旅の途中
・魂のロード・ムービー

魂の孤独を表象したかのような海岸

出逢う男女
2つの孤独な魂
旅の途中で

お互いに大切な存在とわかってる
同時にお互いが旅の途中であることも

旅は続き
お互いを思う
より理解する。互いの大切さを

だけど大人として、多分分かってる
ひとときの想いかもしれない
まだ旅の途中・・・

魂のロード・ムービーかなと
そんな風に感じました。
旅(=人生)って奴ね。

ヴィム・ヴェンダース監督♪
なんか沁みたなぁ・・・(^_^)

追記。
X-MEN、スプリット、Mr.ガラス。
「人間」のジェームズ・マカヴォイ観たの、久し振り感ありすぎ(笑)
・アリシア・ヴィキャンデル。不思議な魅力のあるひとだな。
愛とは何か。退屈だけど哲学的・感傷的な深い物語。

【賛否両論チェック】
賛:一生涯の恋から袂を分かち、死がちらつく極限状態へと追い込まれた2人が、改めてお互いへと想い焦がれていく姿が、詩的で感慨深い。
否:物語は非常に静かに淡々と進み、テーマも重たく哲学的なので、かなり退屈してしまいそう。

 短期間で恋に落ちたものの、文字通り世界の果てで離れ離れになり、お互いに生命の危機という極限状態へ追い込まれてしまうジェームズとダニー。そんな2人がそれぞれに想いを馳せながら、「愛」について抒情的に振り返っていく様に、思わず観ている側も考えさせられてしまいます。
 ただ登場人物達の会話やそれぞれの独白なんかは、良く言えば感慨深いものではありますが、悪く言ってしまうと非常に理屈っぽくて難しく、哲学的でもあります。加えて、物語の展開もかなり淡々と進んでいくので、気をつけていないと思わず眠くなってしまうかも知れません。
 とにもかくにも、観る人の映画の好き嫌いによっては大きく評価が変わってくるような、そんな作品といえそうです。
かい

かいの感想・評価

3.6
観終わって、ずぅんって感じになった。
あと、深海の神秘を感じて海にとても興味が湧きました。
大好きなジェームズマカヴォイ、大好きが増す。進化が止まらない。セクシーさがとてつもない。青い瞳にひきこまれます。
>|