僕はジャックの邪な心です

アメリカンコミックス・スーパーヒーロー クロニクルの僕はジャックの邪な心ですのレビュー・感想・評価

3.5
アメコミのドキュメンタリーでした、表紙では大きくスパイディーが映されていますがmarvelではキャプテン・アメリカやファンタスティック・フォー、D.C.ではスーパーマンやバットマンなどなど漫画が書かれた経緯を知る事が出来ました、キャプテン・アメリカが第二次世界大戦時の戦意高揚の為に書かれたという実写映画で宣伝マンにされていた事を重ね合わせる事が出来て面白かったですし為になりました。
度々marvel映画にゲスト出演するスタン・リーさんの語りを堪能出来ます。

filmarksさんに申請を出していたと思うのでお願いを聞いて頂けた様で感謝です。