アイ・イン・ザ・スカイ 世界一安全な戦場の作品情報・感想・評価(ネタバレなし) - 3ページ目

アイ・イン・ザ・スカイ 世界一安全な戦場2015年製作の映画)

Eye in the Sky

上映日:2016年12月23日

製作国:

上映時間:102分

3.9

あらすじ

ギリス、ロンドン。軍の諜報機関の将校キャサリン・パウエル大佐(ヘレン・ミレン)は、国防相のフランク・ベンソン中将(アーロン・ポール)と協力して、アメリカ軍の最新鋭のドローン偵察機を使い、英米合同テロリスト捕獲作戦を指揮している。 上空6000メートルを飛んでいる空の目であるリーパー無人航空機が、ケニア・ナイロビの隠れ家に潜んでいるアル・シャバブの凶悪なテロリストたちをつきとめる。その映像が、イ…

ギリス、ロンドン。軍の諜報機関の将校キャサリン・パウエル大佐(ヘレン・ミレン)は、国防相のフランク・ベンソン中将(アーロン・ポール)と協力して、アメリカ軍の最新鋭のドローン偵察機を使い、英米合同テロリスト捕獲作戦を指揮している。 上空6000メートルを飛んでいる空の目であるリーパー無人航空機が、ケニア・ナイロビの隠れ家に潜んでいるアル・シャバブの凶悪なテロリストたちをつきとめる。その映像が、イギリス、アメリカ、ケニアの司令官たちがいる会議室のスクリーンに映しだされるが、彼らが大規模な自爆テロを決行しようとしていることが発覚し、任務は殺害作戦へとエスカレートする。 アメリカ、ネバダ州。米軍基地では、新人のドローン・パイロットのスティーブ・ワッツ(アーロン・ポール)が、パウエル大佐からの指令を受け、強力なヘルファイアミサイルの発射準備に入る。だが、破壊準備に入ったその時、殺傷圏内にパン売りの幼い少女がいることがわかる。 予期せぬ民間人の巻き添え被害の可能性が生じたため、軍人や政治家たちの間で議論が勃発し、少女の命の行方がたらい回しにされる。キャサリンは、少女を犠牲にしてでもテロリスト殺害を優先しようとするが――。

「アイ・イン・ザ・スカイ 世界一安全な戦場」に投稿された感想・評価

教え子の勧めで視聴。テーマ自体は従来もあり、割と日本では軍事を扱うとお馴染みのテーマとも言える。それゆえに、内容を深めることができたのだろう。練られたストーリーは秀逸の一言。

一方で現代の無人兵器はある種のSFに追いついているのだなと感じさせられたり、限られた時間で決断を求められるにせよ、その決済者や遂行者が地球上に広がるなど、21世紀ならではの臨場感があり面白い。

また、英米圏とまとめられがちだが、その違いや、シヴィリアンの批判に対する軍人の心中などもinterestingな意味で面白い。
綺麗事で終わらないところが好き
一つの作戦を遂行することがどれだけ大変なことか
ヘレンさんお美しかったです
戦争のあり方、命とは?
ゲームのようにボタンを押す戦争だが、
背負う重みは底知れない。

考えさせられる映画。
nIa

nIaの感想・評価

4.5
アランリックマンの遺作。傑作じゃないか
こういう作品に触れる度 映画のプロパガンダ性なんてどうでもいいじゃないかと思う
結局見た人がどう考えるかはソイツ次第で(現代はそう言えるほどの情報がその気になれば手に入る)、だからこそたくさん見ていかなければならないなぁと痛感する
Taul

Taulの感想・評価

4.0
『アイ・イン・ザ・スカイ』
ある作戦の決定、指令、実行の様子だけが描かれるタイトさ。まさに一点に絞り込まれていくサスペンスが素晴らしい。俯瞰の立場で見てるとA・リックマンにやられる。そして行き着くのはシンプルな願いだ。こういうのが見たかった、ドローン戦争映画の決定版。
padawan

padawanの感想・評価

3.8
責任の押し付け合い。現場にしわ寄せがいって、現場の兵士が命を落とす。

少女の親は、イギリスを許せないと思う。でも、これが本当の戦争なんだと思う。戦争をするってことは、一般市民の巻き添えの可能性もゼロではないから、そういうことも考えないといけない。

逆に、アメリカはあっさりしていた。
yoshimin

yoshiminの感想・評価

4.0
正義とは何か。
ひとりの命か、大勢の命か、命の重さは変わらないし、選べない。
けど、それを選ばなければならない究極の選択をする上層部と、指示される部下、つらいよね。。
人としての気持ちを忘れない人たちに、グッときた。
barney

barneyの感想・評価

4.0
面白かったです。めっちゃドキドキしました。

ドローンオブウォーを先に見ていたので、こちらはどんなテイストにしたのかなぁと思っていましたが、これはこれで最高ですね。
シンゴジラでみんなが辟易した【お役所仕事】がアメリカにも。

個人的にはヘレンミレンに一番感情移入できたので早くミサイル打て!って焦れて焦れて仕方なかったです。

ラスベガスのあの空軍基地。ドローンオブウォーとセットまで全く同じでしたね。
ほとんどの登場人物が本音と建前それぞれにホントの善と偽善を抱えているように見えた

作戦を成功させたいのも本音だし、少女を救いたいのも本音
作戦を成功させたいのも建前だし、少女を救いたいのも建前

責任の押し付け合いもせざるを得ないし、でも誰かは必ず判断しなければならない

作戦が成功した(と思っている)あとでも、作戦が成功した嬉しさもホントだし、人が死んでいるのを悲しんでいるのもホントだし、少女がどうなったかを知るものなどいない
だから作戦後もどっちとも言えない困惑した表情をするしかない

あの二人は次の作戦に移ることができるのだろうか
どちらにせよそこでも個人個人の判断がありどれも正解不正解などない
その余韻の残るシーンで聞こえてきた飛行機の音の怖さが段違いだった

傑作だと思います
判断に困ったら上の人間の指示を仰ぐ姿を見て上の人間の責任はとても大きなものなのだなと感じた
この映画の上の上の方々は気楽すぎる