アイ・イン・ザ・スカイ 世界一安全な戦場の作品情報・感想・評価(ネタバレなし) - 4ページ目

アイ・イン・ザ・スカイ 世界一安全な戦場2015年製作の映画)

Eye in the Sky

上映日:2016年12月23日

製作国:

上映時間:102分

3.9

あらすじ

ギリス、ロンドン。軍の諜報機関の将校キャサリン・パウエル大佐(ヘレン・ミレン)は、国防相のフランク・ベンソン中将(アーロン・ポール)と協力して、アメリカ軍の最新鋭のドローン偵察機を使い、英米合同テロリスト捕獲作戦を指揮している。 上空6000メートルを飛んでいる空の目であるリーパー無人航空機が、ケニア・ナイロビの隠れ家に潜んでいるアル・シャバブの凶悪なテロリストたちをつきとめる。その映像が、イ…

ギリス、ロンドン。軍の諜報機関の将校キャサリン・パウエル大佐(ヘレン・ミレン)は、国防相のフランク・ベンソン中将(アーロン・ポール)と協力して、アメリカ軍の最新鋭のドローン偵察機を使い、英米合同テロリスト捕獲作戦を指揮している。 上空6000メートルを飛んでいる空の目であるリーパー無人航空機が、ケニア・ナイロビの隠れ家に潜んでいるアル・シャバブの凶悪なテロリストたちをつきとめる。その映像が、イギリス、アメリカ、ケニアの司令官たちがいる会議室のスクリーンに映しだされるが、彼らが大規模な自爆テロを決行しようとしていることが発覚し、任務は殺害作戦へとエスカレートする。 アメリカ、ネバダ州。米軍基地では、新人のドローン・パイロットのスティーブ・ワッツ(アーロン・ポール)が、パウエル大佐からの指令を受け、強力なヘルファイアミサイルの発射準備に入る。だが、破壊準備に入ったその時、殺傷圏内にパン売りの幼い少女がいることがわかる。 予期せぬ民間人の巻き添え被害の可能性が生じたため、軍人や政治家たちの間で議論が勃発し、少女の命の行方がたらい回しにされる。キャサリンは、少女を犠牲にしてでもテロリスト殺害を優先しようとするが――。

「アイ・イン・ザ・スカイ 世界一安全な戦場」に投稿された感想・評価

イギリスのエゴや多少無理のある設定は否めないけれど、大義と倫理、テクノロジーの発展の裏にある脆弱性など、考えることが山ほどありました😩
今まで観た映画でこれほどパン屋の商品が売り切れになるのを願う映画は無かったです。シンゴジラの最初の20分が100分続くような内容の映画でしたが、新しくて面白かったです。ヘレン・ミレンは見事に演じてましたが、よくよく考えれば違和感だらけです。これが逆によかったのかもしれません。
緊迫した状況が終始続き葛藤の描き方がうまかった。
外相無能すぎ、、、
ぴっぴ

ぴっぴの感想・評価

3.8
戦争映画はあんまり観ないんですが、アーロン・ポール目当てで鑑賞。
彼の演技はブレイキングバッド以来すごい好きですね。
この映画はおそらく実話。めちゃめちゃリアル。
現代の戦争には様々なドローンが使われるんですね~
ビートルとかまじで未来的!
絶えず緊張感がピリピリ伝わる映画。
表に出ないだけで、こういう事っていっぱい起きてるんだろうなと思った。
yumeayu

yumeayuの感想・評価

3.5
たった一人の犠牲か?
今後考えられるより多くの犠牲か?

「シン・ゴジラ」で、品川あたりで逃げ遅れたお婆ちゃんを優先したため、ゴジラへの攻撃チャンスを逃したあの場面を思い起こす。

しかし、今作はゴジラのような“怪獣”という未曾有の出来事ではなく、こうしている今でも世界のどこかで起こっているかもしれないリアルな現実を描いている。

今作で登場する軍用無人航空機(ドローン)は、はるか上空からターゲットをピンポイントで爆撃することで、安全かつ的確に任務を遂行することができるわけだが、やはり倫理的に問題があるように思えてならない。
なんの前触れもなく空からミサイルが飛んでくるのだから、テロリストはともかく、民間人にしてみればたまったもんじゃない。やっていることはある意味テロリストと同じ行為ではないのか。

遠く離れた会議室では軍人や政治家が、一応は民間人の巻き添えなどを考慮して最善を尽くしているように見えるが、あくまで任務遂行が最優先のよう。
彼らにとっては人の命よりも自分たちの立場や保身のほうが大切なようで、責任を擦り付け合うばかり。
そして、自分たちが人の命を握っているかのような上から目線のやりとりは、なんだか感覚がおかしいと思う。まるで神にでもなったかのようだ。

もちろん、彼らの言う大儀名分は分かるし、綺麗ごとだけではダメなことも理解できる。
正しい答えなんてきっと誰にも分らないだろう。
だけど、あの少女や両親のことを思うと、なんともやるせない気持ちになる。

ドローン技術の発達により、戦場で命を落とす兵士は減るのかもしれない。しかし、ボタンひとつでより簡単に多くの命を奪うことだってできるようになる。本末転倒の気がしないでもない。

それにしてもテクノロジーの進歩は凄まじい。スパイ映画の秘密アイテムのような鳥型ドローンと虫型ドローンが存在するなんてびっくり!

そして何より、それらを現地でせっせと動かし、随所に機転の利いた活躍をしていたロナウジーニョ似の現地工作員が何気に一番すごいと思った。
1つの攻撃で最後まで引っ張られる話とは思わなかった(^^;
Zu

Zuの感想・評価

3.8
パン売り少女の生命を如何にするか。とても面白かった。着眼点が面白い。
Youcan

Youcanの感想・評価

3.7
スクリーンに映し出される映像を見ながら会議室で繰り広げられる現代の戦争。
技術の進歩で戦争のやり方は変わっても、戦争が生み出す悲劇は、昔も今も変わらない。
少女の両親の涙は、会議室のスクリーンには映らない。
対テロがテーマの映画ですが、
特殊部隊などは出てきません。
攻撃を受けない会議室や軍基地で、
ドローンの映像をもとに
攻撃命令を下す様子が描かれています。

実際、無人機による誤爆や
巻き添えによる民間人の犠牲は
問題視されています。
これはヘルファイアミサイルの
威力が強すぎる等が原因ですが、
現在はより小型で精密なミサイルを
採用しています。

また映画でも「倫理」と「大義」の
葛藤が上手く描かれていましたが、
これも現実に、操縦者のストレスがかなり重く
無人機パイロットは
イラクへ現地派遣された兵士よりも
高い割合でPTSDを発症しています。

劇中でも「家に帰って休め」
と言われていた通り、
戦地に長期派遣されてるわけでもないため
定時に任務を終えれば、
そのまま家族のいる自宅に帰ります。
つまり、
「ミサイルを発射し敵を殺す戦場」

「息子の野球の試合を観に行く日常」
が毎日行き来している状況です。

こういった現実を踏まえた上で
この映画の内容を改めて思い返すと、
「平穏な日常」と「過酷な非日常」という
隣合わせの表現
「大義」と「倫理」という
倫理的な表現
表面上の内容以上に、
見えない部分の深い内容を
上手く描いた秀作でした。
TETOTE

TETOTEの感想・評価

4.3
ドローンからのミサイル攻撃でテロ組織の潜伏する家を攻撃しようとした時、その攻撃の殺傷範囲にひとりのパン売りの少女が現れ‥
軍と政府と現場の中で少女の命がたらい回しにされる展開
12人の怒れる男の戦場版みたいな話
胸が苦しー。息が詰まる映画でした