アイ・イン・ザ・スカイ 世界一安全な戦場の作品情報・感想・評価(ネタバレなし) - 4ページ目

アイ・イン・ザ・スカイ 世界一安全な戦場2015年製作の映画)

Eye in the Sky

上映日:2016年12月23日

製作国:

上映時間:102分

3.9

あらすじ

ギリス、ロンドン。軍の諜報機関の将校キャサリン・パウエル大佐(ヘレン・ミレン)は、国防相のフランク・ベンソン中将(アーロン・ポール)と協力して、アメリカ軍の最新鋭のドローン偵察機を使い、英米合同テロリスト捕獲作戦を指揮している。 上空6000メートルを飛んでいる空の目であるリーパー無人航空機が、ケニア・ナイロビの隠れ家に潜んでいるアル・シャバブの凶悪なテロリストたちをつきとめる。その映像が、イ…

ギリス、ロンドン。軍の諜報機関の将校キャサリン・パウエル大佐(ヘレン・ミレン)は、国防相のフランク・ベンソン中将(アーロン・ポール)と協力して、アメリカ軍の最新鋭のドローン偵察機を使い、英米合同テロリスト捕獲作戦を指揮している。 上空6000メートルを飛んでいる空の目であるリーパー無人航空機が、ケニア・ナイロビの隠れ家に潜んでいるアル・シャバブの凶悪なテロリストたちをつきとめる。その映像が、イギリス、アメリカ、ケニアの司令官たちがいる会議室のスクリーンに映しだされるが、彼らが大規模な自爆テロを決行しようとしていることが発覚し、任務は殺害作戦へとエスカレートする。 アメリカ、ネバダ州。米軍基地では、新人のドローン・パイロットのスティーブ・ワッツ(アーロン・ポール)が、パウエル大佐からの指令を受け、強力なヘルファイアミサイルの発射準備に入る。だが、破壊準備に入ったその時、殺傷圏内にパン売りの幼い少女がいることがわかる。 予期せぬ民間人の巻き添え被害の可能性が生じたため、軍人や政治家たちの間で議論が勃発し、少女の命の行方がたらい回しにされる。キャサリンは、少女を犠牲にしてでもテロリスト殺害を優先しようとするが――。

「アイ・イン・ザ・スカイ 世界一安全な戦場」に投稿された感想・評価

Kazu

Kazuの感想・評価

4.8
戦争映画の中ではかなりクオリティが高く、素晴らしい脚本により久しぶりに映画をのめり込むように観た。

おそらく死ぬであろう80人の命を救うか、ほぼ確実に死ぬ一人の少女の命を救うか。
これがこの映画の本筋になっている。
官公庁の偉い人達が世界一安全な場所で命令を出して、実際にボタンを押して殺すのは兵隊達。
前にドローンオブウォーのレビューで兵隊のPTSDについて書いたが、兵隊の事を思うとより悲しくなった。
又、官公庁の人達は作戦失敗により自分に少女を殺したという責任がかかるのが嫌で意思決定を誰かに委ねてばかりで、
シンゴジラを観た後だからか責任逃れによるスムーズに行かない作戦にイライラした。
しかし一方で自分も勿論少女も救うべきだと思ったが、まさに今から自爆テロを起こす犯人達が逃げてしまうという強迫観念から上の人達のように早く撃てと思ってしまった。
だが、撃った後はあまりにも悲しい虚無感を感じた。
それは瞬間的にこの作戦が成功しても、この作戦に反感を持った新たなテロリストが生まれ同じ事が起こるのを悟ってしまったからだ。
自分も上の人達と同じ感覚を持っていて早く撃てと思ってしまった事を恥じた。
撃った後の上の人達の行動、緊張感や悲壮感の無さがそれをさらに助長させた。
大好きなアランリックマンの追悼映画だが、役柄的には愛すべき人では無かった。
余計それが悲しみを増幅させた。

戦争映画を観て毎回爽快な気持ちには決してならないし、手放しに面白いとは言えないが、此処まで終始緊張感を持たせながら引き込まれる映画を作れるのは素晴らしいと思う。
なな

ななの感想・評価

3.8
判断を上へ上へと委ねていく過程がもどかしい。

現場に行かずにボタン一つで攻撃できるようになって兵隊の犠牲は少なくなるだろうけど、正直なところ人を殺してるっていう感覚はなくなってほしくない。

確率ってあくまでも確率だよね。
エイガ

エイガの感想・評価

4.3
自分でパン屋やってる以外でこの映画を観た多くの人達が生まれてはじめてパン売り切れてくれと思ったろうな…。
こういうハラハラもあるんだと思った。
戦争の裏側、勉強になります。テクノロジーすごいね。
sonokajua

sonokajuaの感想・評価

4.0
ほんの数時間のドラマで様々な立場の感情と葛藤が描かれていて、派手なアクションも銃撃戦もないのに最後まで緊張感を持って観た。技術が発展するということは恐ろしい。
Maki

Makiの感想・評価

4.0
原題:Eye in the Sky
監督:ギャヴィン・フッド
公開:2017年
 
【公開当時のTweetから転載】
 
緊張感あふるる現代戦映画の傑作。
空の眼。地の眼。鳥の眼。虫の眼。
 
遠く離れた部屋の決意の眼。
遠く離れた部屋の苦渋の眼。
 
そして…疑いをもたない少女の澄んだ眼。
 

――――――――
余談。
映画は面白かったけど途中トイレ?出入り10人ほど。
真後ろ御老人なにやらビニール袋をずっとガサガサ。
とどめはラスト近くの超重要シーンで外から戻った
男性が私の斜め前の段差に躓いて盛大にこけまして
集中したいお話なのに稀に見るこの騒がしさったら。
うーん(・ヘ・)
だだ

だだの感想・評価

3.7
世界一安全な戦場‥
それは あくまで一方的な見解。

これは考えさせられる映画
被害者にとっては、被害の大小は関係ないんだよな...

これが間違った判断だと言えないのが辛い...

虫型のドローン、あんな小さかったらバッテリ持たないだろって思ってたら、案の定すぐ切れてた...
ドローン戦争を描いた映画と言うとアンドリュー・ニコルの『ドローン・オブ・ウォー』を思い出すが、本作はミサイルを発射する兵士以上に決定を下す上官や政治家に着目されている。

映画の序盤はなかなか地味。過激派テロリストがいて、それを鳥形や虫型のドローンで偵察するシーンが続く。こんなSFのようなドローンが存在するのかと驚くし、ドローンの操作端末が子供がゲーム機と見紛うようなもので現代戦の薄ら寒さを感じるが、淡々としていてドキュメンタリーで良いんじゃないかと思っていた。

状況が一変するのはテロリストがまさに自爆テロの準備を始めて攻撃しようとなった時。標的の隣家に住んでいた少女がパンを売りに建物の側に立つ。攻撃をすれば巻き込まれるのは明白。しかし放っておけば自爆テロで多数の命が奪われるのも確実。80人を救うために1人の少女の犠牲を黙認すべきなのか。攻撃に対する正当性があるか、或いはどうしたら正当性を持たせられるか議論が始まる。上官も政治家連中も非情な殺人狂ではないが、攻撃中止提案の論拠も少女が死んだ場合はテロリストとの宣伝戦に不利になるというようなもので打算尽くし。付随的損害が45%まで下げられれば良いと、45%の確率で死傷するのは認めている。対して最初に攻撃を思い留まり作戦の再検討を求めたドローン操縦士はもっと純粋なもの。自分の手で無関係な子供の命を奪うかもしれない事に耐えられるか許せるかという葛藤だ。ここは政治・軍事の大局的視点よりずっと前にある人間としての良心の現れで最も大事な所。そして上の人間はどうしても兵士と同じ視点は持てない現実を突きつける。この違いは本作が紛れもない戦争映画である証。少女の父親は狂信者を嫌っていたが、この攻撃の結果で過激派に寄ってしまうのではないかと思う。こうして進行していく現代の戦争を映し出した渾身の戦争サスペンス。

本作が遺作のアラン・リックマンが作戦を統括する中将を演じていて、映画のラストで語られたように決して人命を軽視しているわけではないが命令を下さざるを得ない責任者としての重みを感じる。ヘレン・ミレンの大佐はその分で割りを食ってかやや酷薄に見える。MVPは一度命令に異を唱え、発射の瞬間には涙をこらえて祈りながら撃っていたアーロン・ポール。人として譲ってはいけない領域を見せる。先日見たトゥームレイダーでは若すぎて気づかなかったイアン・グレンは今回は普通にジョラー・モーモント顔なので一目で分かった。
バットエンドは好きじゃないですが

こうゆう映画がないと
平和に暮らしてる人は
世界の現状とかわからないですよね💦

緊張感もって観れました💡

アランリックマン(ハリーポッターのスネープ役)
亡くなってたの知らなくて

最後のエンドロールで知りました。