アイ・イン・ザ・スカイ 世界一安全な戦場の作品情報・感想・評価(ネタバレなし) - 5ページ目

アイ・イン・ザ・スカイ 世界一安全な戦場2015年製作の映画)

Eye in the Sky

上映日:2016年12月23日

製作国:

上映時間:102分

3.9

あらすじ

ギリス、ロンドン。軍の諜報機関の将校キャサリン・パウエル大佐(ヘレン・ミレン)は、国防相のフランク・ベンソン中将(アーロン・ポール)と協力して、アメリカ軍の最新鋭のドローン偵察機を使い、英米合同テロリスト捕獲作戦を指揮している。 上空6000メートルを飛んでいる空の目であるリーパー無人航空機が、ケニア・ナイロビの隠れ家に潜んでいるアル・シャバブの凶悪なテロリストたちをつきとめる。その映像が、イ…

ギリス、ロンドン。軍の諜報機関の将校キャサリン・パウエル大佐(ヘレン・ミレン)は、国防相のフランク・ベンソン中将(アーロン・ポール)と協力して、アメリカ軍の最新鋭のドローン偵察機を使い、英米合同テロリスト捕獲作戦を指揮している。 上空6000メートルを飛んでいる空の目であるリーパー無人航空機が、ケニア・ナイロビの隠れ家に潜んでいるアル・シャバブの凶悪なテロリストたちをつきとめる。その映像が、イギリス、アメリカ、ケニアの司令官たちがいる会議室のスクリーンに映しだされるが、彼らが大規模な自爆テロを決行しようとしていることが発覚し、任務は殺害作戦へとエスカレートする。 アメリカ、ネバダ州。米軍基地では、新人のドローン・パイロットのスティーブ・ワッツ(アーロン・ポール)が、パウエル大佐からの指令を受け、強力なヘルファイアミサイルの発射準備に入る。だが、破壊準備に入ったその時、殺傷圏内にパン売りの幼い少女がいることがわかる。 予期せぬ民間人の巻き添え被害の可能性が生じたため、軍人や政治家たちの間で議論が勃発し、少女の命の行方がたらい回しにされる。キャサリンは、少女を犠牲にしてでもテロリスト殺害を優先しようとするが――。

「アイ・イン・ザ・スカイ 世界一安全な戦場」に投稿された感想・評価

コリ

コリの感想・評価

4.0
戦地から遠く離れた会議室でドローンが映し出す映像を見ながら戦争に加担する人々の葛藤を描き、現代の戦争の闇を浮き彫りにした軍事サスペンス。

少女1人の命を守るべきか?
テロ爆弾により犠牲になる80人の命を守るべきか?

どちらを選択するのか目が離せない展開に、手に汗握り引き込まれます。
ラストまで途切れない緊張感と臨場感が凄かったです。

少女はパンが完売すれば、その場から立ち去り危機から間逃れるが、パンはなかなか売れない...。

誰か早く買ってあげて!!と願いながら、
手に汗を握りっぱなしでした...^^;
パンを買いたくなります。
事件は会議室で起きている側の戦争映画
役人達の責任転嫁にイライラ

アーロンポールがブレイキングバッドの時よりハゲてた
虫のやつがすごい。ケーダブ、スノーデンじゃないけど、プライバシー無いらしい
MNRLAY

MNRLAYの感想・評価

4.8
軽い気持ちでは観れない映画。緊迫感、緊張感に満ちて目が離せない。

前半は現代の対テロ戦争の現実で、典型的な「事件は会議室で起きている」パターン。司令部も解析班も操作班も世界中に散らばってて、国と国の戦争じゃないからもうこれが普通なんだろうな。鳥型や虫型のスパイカメラも登場して、こういうテクノロジーも軍事ニーズで発達するんだろうな。

そして後半。目の前にいる(といっても衛星カメラ越しだけど)1人の命と、未来に予想される80人の命とどちらを取るか。このやり取りがほぼリアルタイムで進んで、ヒリヒリしたテンションが続く。誰の言い分も間違ってる訳じゃなく、正解なんてないんだろう。これはどれだけ技術が進化しても、議論しなければならない問題なんだと思う。

個人的にはあの少女を助けてあげたいと思ったのだけど、それは映画内で彼女の日常を神の視点で観てしまってるから。それを見ていない司令部と、少しでも見てしまった操作班とで優先すべきものが変わるのも分かる。本当に考えさせられる、常に問い続けなければならないテーマだった。
ドローンでの戦争って恐ろしい
正義とか守るべきものとか色々考えさせられる映画
少女フラフープまじうまい
nuts

nutsの感想・評価

4.0
銃撃戦よりも遥かに恐ろしい。
現代の戦争はどこにいても危険だと思い知らされる。

ハイテク技術で監視されているかもという恐怖。
ドローンを使い遠く離れた異国の会議室で攻撃されてしまう。

まさに世界一安全な戦場。

私たち一般人が知る由もしない戦争の仕方で世界が動いてると考えると恐ろしい…。

目の前で戦争が行われているのではなく、画面越しなら一人の少女を救う為にモラルを貫くのは正しいのかもしれないけど、実際はどうなんだろう。

これは、語り合いたい作品ですね。

2017-139
samiam

samiamの感想・評価

4.0
何が正義かを考えさせられる映画
エピローグの少女のフラフープを楽しむ姿が本当に切ない
DKeita

DKeitaの感想・評価

3.5
最高。

パンが良いパンが良いって言うから、撮影の方のパンですげえ演出があるんかと思ったら、まさに食物の事やった笑

焦らしのサスペンスだけで100分やりましたみたいな作品。
masadle

masadleの感想・評価

5.0
リアルタイムで進行する手法が、圧倒的な没入感や緊迫感を生み出している。この手法が成功したのを初めて観た。
観客が感じるであろう疑問を絶妙なタイミングで回収しながら、グイグイ進んで行く力強いストーリー展開。
センチメンタルな表現を極力廃し、主題通り俯瞰の視点で、国を超えた人の営みを表現するバランスの良さも秀逸。
戦争の大義の前に、繰り広げられる様々な問題。正義という言葉は大義の前では色あせてしまう。
最後の決断は、判断を見ている我々に委ねたのだろう。ヘレン・ミレンの演技が孤高で美しい。