アイ・イン・ザ・スカイ 世界一安全な戦場の作品情報・感想・評価(ネタバレなし) - 5ページ目

アイ・イン・ザ・スカイ 世界一安全な戦場2015年製作の映画)

Eye in the Sky

上映日:2016年12月23日

製作国:

上映時間:102分

3.9

あらすじ

ギリス、ロンドン。軍の諜報機関の将校キャサリン・パウエル大佐(ヘレン・ミレン)は、国防相のフランク・ベンソン中将(アーロン・ポール)と協力して、アメリカ軍の最新鋭のドローン偵察機を使い、英米合同テロリスト捕獲作戦を指揮している。 上空6000メートルを飛んでいる空の目であるリーパー無人航空機が、ケニア・ナイロビの隠れ家に潜んでいるアル・シャバブの凶悪なテロリストたちをつきとめる。その映像が、イ…

ギリス、ロンドン。軍の諜報機関の将校キャサリン・パウエル大佐(ヘレン・ミレン)は、国防相のフランク・ベンソン中将(アーロン・ポール)と協力して、アメリカ軍の最新鋭のドローン偵察機を使い、英米合同テロリスト捕獲作戦を指揮している。 上空6000メートルを飛んでいる空の目であるリーパー無人航空機が、ケニア・ナイロビの隠れ家に潜んでいるアル・シャバブの凶悪なテロリストたちをつきとめる。その映像が、イギリス、アメリカ、ケニアの司令官たちがいる会議室のスクリーンに映しだされるが、彼らが大規模な自爆テロを決行しようとしていることが発覚し、任務は殺害作戦へとエスカレートする。 アメリカ、ネバダ州。米軍基地では、新人のドローン・パイロットのスティーブ・ワッツ(アーロン・ポール)が、パウエル大佐からの指令を受け、強力なヘルファイアミサイルの発射準備に入る。だが、破壊準備に入ったその時、殺傷圏内にパン売りの幼い少女がいることがわかる。 予期せぬ民間人の巻き添え被害の可能性が生じたため、軍人や政治家たちの間で議論が勃発し、少女の命の行方がたらい回しにされる。キャサリンは、少女を犠牲にしてでもテロリスト殺害を優先しようとするが――。

「アイ・イン・ザ・スカイ 世界一安全な戦場」に投稿された感想・評価

とも

ともの感想・評価

3.8
現場にいるもの、会議室にいるものそれぞれ違う立場でミサイルを打つか打たないかの葛藤をしている。
少女を助けたい、しかし、ミサイルを打たずにテロになってしまえば元も子もない。
それぞれの人物が決断を迫まれる緊迫感が強く伝わってきた。
安全に攻撃するはずなのに全員が辛い気持ちになり酷く傷つけられる。戦いに幸せなどないと強く感じられる作品だった。
Losers28

Losers28の感想・評価

3.6
派手に撃ち合う映画ではないけどこの緊迫感は凄まじい。
ミサイル発射で罪の無い少女を死なせるのはためらって当然。
政府上層部の人間はみんな責任を負いたくない為あの人に聞け、この人に聞けと指示が二転三転。

現場としては待てるかよ!と叫びたいだろうし、さらなる被害の可能性があるという軍人達の言い分も分からなくはない。
だが民間人を巻き込むのは政治的にも不味いし政府側の人間の気持ちもまた分かる。

こんな会議絶対参加したくないな…
「彼が戦争の代償を知らないわけではない」この最後の中将の言葉が重い空気をさらに重くしている。
Cocoa

Cocoaの感想・評価

3.8
久々に、映画を観た次の日にも、その映画を思い出して考える、記憶に残る映画を観た。あの決断しかなかったのか、私にはわからない。未然に防がれたとされる恐ろしい未来の可能性って、それが実際に起こったかどうかは、未然に防がれたためわからない。その可能性って、一体どれぐらい信じればいいんだろう。
hidesan

hidesanの感想・評価

4.0
とても意味深い映画です。いろいろな立場で、いろいろな感情を持ち、あるいは捨てて、決断をする。個人的には、全てが正解だったと思うのですが、優柔不断ですかね。
田中田

田中田の感想・評価

4.0
アメリカなら即打てで終わった話
映画史上、パン早く売れろと最も望んだ作品No.1
イギリス人なら、シンゴジラの面白さを理解するはず
memento

mementoの感想・評価

3.8
6年も追ってたテロリスト見っけ!ミサイル発射しちゃおかなー、でも、民間人巻き込むと後がうるさいしなー、誰か決めてくんないかなー、急がないと逃げられちゃうよー、あ!ドローンで偵察してたのバレるとまずくない?そぉねー…初めに戻る、的なお話。

自分は決定打を打ちたくない上層部と、上官に命令されればNoと言えない現場の人間。どっちの気持ちもわかるし、どっちにもなりたくない。
正しい選択かどうかは別として、パウエル大佐(ヘレン・ミレン)の意志の強さ、信念は凄かった。

終盤の緊迫感はすごくて、女の子のために『パン売れろっ!』と、思わず願った。

実際の戦争でたった一人の女の子のために、首脳陣があんなにまで迷うものなのか。
もし現実もそこまで命を大切に扱ってきたなら、もう少し違った世の中になっているんじゃないのかね?
攻めてるイギリス映画!
邦題その通りなんだけどダサすぎ笑笑


ヘレンミレンは一見情のない酷い人に見えるけどその後の大きな悲劇を考え強い意志をを持った決断はなかなかできるものじゃないと思う!逆に躊躇する人の気持ちも分かる!命の選別って普通の神経じゃできないだろーなーただ会議場にいる女の人はうざすぎた!


この作品もアランリックマンの遺作なのかー
スネイプ大好きだったなー
新しい作品が観れないのは残念!他の作品もみてみよっと
ぺ

ぺの感想・評価

4.0
まさかこの手の映画で早くパン売れろや!って叫びながら見てるとは思わなかった。
ゆべし

ゆべしの感想・評価

3.8
事件は会議室で起きてる。
後半は早く早く!と祈るばかり。
実際に手を下す現場の辛さと、上層部の責任転嫁、最後のアランリックマンの台詞が印象的。
モラルの問題は永遠に答えが出ない。
ビス缶

ビス缶の感想・評価

4.2
かなりリアルな戦争映画。いろんな立場の人たちの葛藤がとても伝わってくる。
戦争って嫌なもんですねって気持ちになります。