アイ・イン・ザ・スカイ 世界一安全な戦場の作品情報・感想・評価

アイ・イン・ザ・スカイ 世界一安全な戦場2015年製作の映画)

Eye in the Sky

上映日:2016年12月23日

製作国:

上映時間:102分

4.0

あらすじ

ギリス、ロンドン。軍の諜報機関の将校キャサリン・パウエル大佐(ヘレン・ミレン)は、国防相のフランク・ベンソン中将(アーロン・ポール)と協力して、アメリカ軍の最新鋭のドローン偵察機を使い、英米合同テロリスト捕獲作戦を指揮している。 上空6000メートルを飛んでいる空の目であるリーパー無人航空機が、ケニア・ナイロビの隠れ家に潜んでいるアル・シャバブの凶悪なテロリストたちをつきとめる。その映像が、イ…

ギリス、ロンドン。軍の諜報機関の将校キャサリン・パウエル大佐(ヘレン・ミレン)は、国防相のフランク・ベンソン中将(アーロン・ポール)と協力して、アメリカ軍の最新鋭のドローン偵察機を使い、英米合同テロリスト捕獲作戦を指揮している。 上空6000メートルを飛んでいる空の目であるリーパー無人航空機が、ケニア・ナイロビの隠れ家に潜んでいるアル・シャバブの凶悪なテロリストたちをつきとめる。その映像が、イギリス、アメリカ、ケニアの司令官たちがいる会議室のスクリーンに映しだされるが、彼らが大規模な自爆テロを決行しようとしていることが発覚し、任務は殺害作戦へとエスカレートする。 アメリカ、ネバダ州。米軍基地では、新人のドローン・パイロットのスティーブ・ワッツ(アーロン・ポール)が、パウエル大佐からの指令を受け、強力なヘルファイアミサイルの発射準備に入る。だが、破壊準備に入ったその時、殺傷圏内にパン売りの幼い少女がいることがわかる。 予期せぬ民間人の巻き添え被害の可能性が生じたため、軍人や政治家たちの間で議論が勃発し、少女の命の行方がたらい回しにされる。キャサリンは、少女を犠牲にしてでもテロリスト殺害を優先しようとするが――。

「アイ・イン・ザ・スカイ 世界一安全な戦場」に投稿された感想・評価

Ryoko

Ryokoの感想・評価

4.0
示唆に富んでいる映画だと思う。
目の前で、といっても画面上ではあるけれど、生きている一人の人間を犠牲にするのか、見えないけれど多数の人間を犠牲にするのか。そしてこの重い決断の責任は負いたくないから、自分ではなくて上の者の決断に任せる、という無責任さ。
ボタン1つで簡単に人を殺してしまえる。
もちろん押した側には心的障害は残るだろうが、実際に一人の人間の人生とその家族のこれからが一気に変わってしまうという現実は彼らからすれば画面上のことでしかない。
画面の中の世界で実際に今までの全てが変わってしまった人がいたとしても、画面の外の世界では今まで通りの生活が続く。(きっと大臣はあの後も卓球を楽しんだのだろうし)
酷だなとは思うけれど、これがまるっきり架空の話ではないということもショッキング。
考えるべき点が散りばめられている作品だと思う。

一番最後のAlan Rickmanのセリフもかなり印象強かった。
Tako

Takoの感想・評価

3.5
腹立つ映画ですねー。
いかにも上から目線な。

仕方ないんだろうけど。
見たいなと思ってた作品で、期待したとおりに見ごたえのある作品でした。

サスペンスという看板どおり、全編を半端ない緊迫感が覆っています。
作戦がテロリストの捕縛から殺害に変わった時点からすでに面白いんですが、作戦の最中に少女が登場してからは、合法性や政治的妥当性に加え倫理の問題も絡んで議論がさらに切迫していき、目が離せませんでした。
命を天秤にかけるという、超難解な問題を提起してくる作品である一方、スリルに没頭できるように無駄が省かれた、高品質の娯楽作品だとも思います。
ただ、「戦争を会議室で見ている人」を思い返すと、嫌でも「本作を画面で見て楽しんでいる私」の姿がダブり、考えさせられますけどね。

まあ、問題提起型とはいえ重苦しすぎることもないし、一見の価値ありだと思います。
良作です。
しみず

しみずの感想・評価

4.2
重要指名手配犯殺害のためミサイルを撃つ、しかし爆破範囲内にパンを売る少女が。

戦場ではなく軍会議にて行われる軍事サスペンス。
一体誰が正当な判断を下せるのか、何かあった場合の責任はどこが持つのか、それよりも犯人が逃げたら元も子もないからどうするのか早く決めて。色んな立場の人がそれぞれ様子を見ていたり最良の策を講じたり、時間に追われて作品102分があっという間だった気がします。戦争怖い。
EDのクレジットで号泣でした。

アラン・リックマンさんの遺作です。
KOHH

KOHHの感想・評価

4.0
世界一安全な戦場
チャノ

チャノの感想・評価

3.8
こんな戦争嫌だなぁ…
結局、最後もいたたまれないよ。
この映画は、色んな機関と決定権が
あるから
最後までドキドキ、ハラハラの
映画なのだが
もし、特例があったり
それぞれの機関が同じ意見で
躊躇してなかったらと思うと恐い。
新しい時代の新しい戦争映画。

“戦場”の定義も変わってきました。

まず描かれるのは、‘ドローン攻撃偵察機’で上空から監視しながらケニアの首都ナイロビの隠れ家に隠れているテロリストを捕獲する作戦です。
それをイギリス・アメリカ・ケニアの各軍での合同作戦として実行中にドローンで目標のテロリストを発見したものの、今まさにこれから自爆テロを街で行うための準備をしているところを偶然発見。
“捕獲作戦”から自爆テロを未然に防ぐ為のテロリスト“殺害作戦”へ変更、そのテロリストの隠れ家へ上空のドローンからのミサイル攻撃を行おうとするも近くで無関係の少女がパンを売っていて攻撃の殺傷圏内に入っている。
このままミサイル攻撃をすればモニターに映る何も知らない無関係の少女を1人巻き添えにすることになる、しかし自爆テロが行われた場合80人を超える被害者がでると予想される。


現代の戦争が複雑になったことが分かる映画でした、その中で否応無く決断を迫られます。

無人ドローンで攻撃なんてゲーム感覚でお気楽なもんだねえ、なんてイメージとは違い、この映画を大雑把に言えばドローンで空中から一発のミサイルを撃つのに裏では国をまたいで大揉めに揉めているという話です。

その大揉めの会議の様子がなんだかテレビの討論番組みたいな感じがするのもちょっと面白かったですね、軍事に関係する人の意見は冷徹というか徹底してリアリズム(数字上の最小限の被害)だったり、綺麗な意見(まだ見ぬ80人よりも既にモニターに映るいたいけな1人の少女の方が大事)というのは確かに人情だけどそれを言うのは決まって責任から遠い立場の人だったり、そして決定を下す立場(責任を負う)の人はとにかく双方の意見の間を揺れる。
しかしテレビ番組なら平行線のまま終われますが、この場合は目の前の事態にかならず決断を下さなければなりません。


ラスト、この作戦に関わった人達の憔悴しきった顔を見たら、大変な時代になっていくんだなあと…思いました。

無人ドローンやネットワークの発達で作戦室や会議室と最前線がダイレクトに繋がるとこ何処が戦場なのかよく分からなくなってきますね、こうなると精神面で言えば銃弾こそ飛んでこなくとも軍人じゃない人がスーツで戦場に放り出させるようなものだと思います。

メンタルの訓練を受けた軍人ならともかく、いくら政府のお偉いさんと言っても普通の人間がこういう精神を擦り減らすような決断に何度も何度も耐えられるだろうか?
精神的負荷が大きい…ということでこの映画のような小規模な作戦の決断はAIに丸投げなんてことにそのうちなるのだろうかと思うと色々考えさせられます。

結果の是非はともかくとして、この映画の内容で言えば1つ言えるのは仮にもしも自爆テロ準備をドローンでの発見(未来を予測できてしまう)がなければ発生しなかった決断ですよね。
それって戦争に限らず我々の社会にも“見える化”が進んで行くと、重要な事まで自分で選べてしまう、つまり以前はしなくても良かったタイプの決断を迫られることが様々な面で出てくるような気がします。

それもそれで、しんどそうだなあ〜とぼんやり思いました。
A1Q

A1Qの感想・評価

3.6
英情報機関大佐がリーパーでナイロビのテロリストふっ飛ばそうとしたらパン売り少女出て来てお偉いさんと戦って2発ぶっこむオハナシ。

機関銃棄てて少々を運ぶ公称テロリスト。
『決して軍人に言ってはならない。彼が戦争の代償を知らないなどと』
A.リックマンを偲んで
超おすすめ4-5
おすすめ3.5-3.9
良作 3-3.4
以下 う〰️〰️🐭
>|