アイ・イン・ザ・スカイ 世界一安全な戦場の作品情報・感想・評価

アイ・イン・ザ・スカイ 世界一安全な戦場2015年製作の映画)

Eye in the Sky

上映日:2016年12月23日

製作国:

上映時間:102分

3.9

あらすじ

ギリス、ロンドン。軍の諜報機関の将校キャサリン・パウエル大佐(ヘレン・ミレン)は、国防相のフランク・ベンソン中将(アーロン・ポール)と協力して、アメリカ軍の最新鋭のドローン偵察機を使い、英米合同テロリスト捕獲作戦を指揮している。 上空6000メートルを飛んでいる空の目であるリーパー無人航空機が、ケニア・ナイロビの隠れ家に潜んでいるアル・シャバブの凶悪なテロリストたちをつきとめる。その映像が、イ…

ギリス、ロンドン。軍の諜報機関の将校キャサリン・パウエル大佐(ヘレン・ミレン)は、国防相のフランク・ベンソン中将(アーロン・ポール)と協力して、アメリカ軍の最新鋭のドローン偵察機を使い、英米合同テロリスト捕獲作戦を指揮している。 上空6000メートルを飛んでいる空の目であるリーパー無人航空機が、ケニア・ナイロビの隠れ家に潜んでいるアル・シャバブの凶悪なテロリストたちをつきとめる。その映像が、イギリス、アメリカ、ケニアの司令官たちがいる会議室のスクリーンに映しだされるが、彼らが大規模な自爆テロを決行しようとしていることが発覚し、任務は殺害作戦へとエスカレートする。 アメリカ、ネバダ州。米軍基地では、新人のドローン・パイロットのスティーブ・ワッツ(アーロン・ポール)が、パウエル大佐からの指令を受け、強力なヘルファイアミサイルの発射準備に入る。だが、破壊準備に入ったその時、殺傷圏内にパン売りの幼い少女がいることがわかる。 予期せぬ民間人の巻き添え被害の可能性が生じたため、軍人や政治家たちの間で議論が勃発し、少女の命の行方がたらい回しにされる。キャサリンは、少女を犠牲にしてでもテロリスト殺害を優先しようとするが――。

「アイ・イン・ザ・スカイ 世界一安全な戦場」に投稿された感想・評価

Ryoko

Ryokoの感想・評価

4.0
示唆に富んでいる映画だと思う。
目の前で、といっても画面上ではあるけれど、生きている一人の人間を犠牲にするのか、見えないけれど多数の人間を犠牲にするのか。そしてこの重い決断の責任は負いたくないから、自分ではなくて上の者の決断に任せる、という無責任さ。
ボタン1つで簡単に人を殺してしまえる。
もちろん押した側には心的障害は残るだろうが、実際に一人の人間の人生とその家族のこれからが一気に変わってしまうという現実は彼らからすれば画面上のことでしかない。
画面の中の世界で実際に今までの全てが変わってしまった人がいたとしても、画面の外の世界では今まで通りの生活が続く。(きっと大臣はあの後も卓球を楽しんだのだろうし)
酷だなとは思うけれど、これがまるっきり架空の話ではないということもショッキング。
考えるべき点が散りばめられている作品だと思う。

一番最後のAlan Rickmanのセリフもかなり印象強かった。
heyhey

heyheyの感想・評価

4.0
技術が発展しているからこそ見えすぎてしまう。見えすぎていることによって民間人を巻き込む責任を伴う。それにより責任者同士で責任のなすり付け合いが起こる。

法的、政治的、軍事的と様々な観点で曖昧な回答。自分がこの人たちだったらと主観的にも客観的にも観ることができるこの映画。

“たった1人の少女”を守るのか“自爆テロによる被害者およそ80人”を守るのか。

80人が死ぬより1人の方が被害者は圧倒的に少なくて1人くらいなら巻き添えになっても仕方がないっていうのはおかしい。

でも答えは分からへん。
ayk

aykの感想・評価

3.6
まさかの亡きアラン・リックマンを拝めれるとは思わず涙ぐむ!ヘレンミレンさんマジ怖いっす…求めていたほどではなかったが緊迫感がある映画は好きです。世界一安全な戦場、本当に実際にある。
健多郎

健多郎の感想・評価

3.5
攻撃命令を下す為の議論をするはなし

要殺害対象のテロリストを殺す絶好の機会
いま爆撃すれば99%殺れる
ただし、爆撃地点間近にいる少女もタダでは済まない
現場から遥か遠く離れた所で攻撃の是非を議論し続ける者たち…

現代ならではの戦争映画ですね
戦争の是非、殺害の是非という部分ではなく、誰が最終決定を下すか、どこに責任を持たせるかといった議論も行われるのが面白い
しかもその攻撃を超遠隔操作のドローンで行うので、みんな絶対にテロリストから反撃されない
まさに邦題の通り「世界一安全な戦場」です

戦争に正解など無く、対テロ戦争であっても正義という訳では無いと思わせてくれる展開も好みでした
実際、世界のどこかではこういう事が日常的に起こってるんだよなあ…
ぱさお

ぱさおの感想・評価

3.9
2018.1.16 DVDレンタル
残酷すぎる!
Kazuhiko

Kazuhikoの感想・評価

3.8
記録..。
凄い疲れた…何たる重厚感…
90分ずっと緊張しっぱなしの傑作でした。
てか終盤の加速しまくる緊張感のお陰で初めは胡座かきながら観てたけど、気付いたら背筋ピーンの正座で観てました。


内容は至ってシンプル。

英国と米国が、長年追い続けた過激派テロリストが蔓延る民家へミサイルを撃ち込もうとする。しかしその民家の直ぐ隣にはパンを売る罪なき少女が……。少女の命を優先しテロリストをそのまま泳がせるか、それとも、これから起こるであろうテロで70〜80人の犠牲者が出るであろう事を加味し少女の命を諦めテロリストを抹殺するか! さぁどうする??

という内容。


今作、何が面白いかって上記の決断を迫られているのが、その現場から数万キロ離れた会議室内の人間であるということ。ミサイルを撃ち込むのは現場から遥か上空にあるドローン機でありボタン一つで遠隔から簡単にテロリストを吹っ飛ばせてしまう。
その簡単な行いに対し、各国権力者が頭を悩ませ、責任を擦りつけ、何とか今の状況から脱しようとする様が非常に面白い!
また前半のテロリストのアジトを突き止めていく過程も様々な小型偵察機が登場するなど不謹慎だけど楽しい。


前述した通り、終盤の緊張感は凄いです…まさかこんなにハラハラさせられるとは…。画面に映っていたヘレンミレンと同じ顔しながら、ドローンが映す画面に釘付けになってました。


これはほんと傑作です!
オススメ!!!
sayu

sayuの感想・評価

3.5
緊迫感あります。

今って、こんな戦争があるんですね。タイトルどおり「世界一安全な戦場」。昆虫型のドローンとか…ビックリ。オバマ政権時も多くのドローン攻撃が行われていたことを知りませんでした。有る意味、すごく合理的なんだろうけど、有る意味、すごく怖い。

とても臨場感のある映画なのに、シュミレーションゲームのような感覚に陥りました。

見終わって思うことは、この映画にどんな感想を持てば良いのか解らないってこと。

ただ一つ、これがフィクションで良かった。あの少女がフィクションで良かった。そう思った。実際にあの少女のような子が世界中にいるのだとしても、私が今日この映画で見たあの女の子がとりあえずはフィクションであって良かった。

そんな無意味な感情を持ってしまった。

2018.No7
>|