アイ・イン・ザ・スカイ 世界一安全な戦場の作品情報・感想・評価

  • Filmarksトップ
  • アイ・イン・ザ・スカイ 世界一安全な戦場の作品情報・感想・評価

アイ・イン・ザ・スカイ 世界一安全な戦場2015年製作の映画)

Eye in the Sky

上映日:2016年12月23日

製作国:

上映時間:102分

4.0

あらすじ

ギリス、ロンドン。軍の諜報機関の将校キャサリン・パウエル大佐(ヘレン・ミレン)は、国防相のフランク・ベンソン中将(アーロン・ポール)と協力して、アメリカ軍の最新鋭のドローン偵察機を使い、英米合同テロリスト捕獲作戦を指揮している。 上空6000メートルを飛んでいる空の目であるリーパー無人航空機が、ケニア・ナイロビの隠れ家に潜んでいるアル・シャバブの凶悪なテロリストたちをつきとめる。その映像が、イ…

ギリス、ロンドン。軍の諜報機関の将校キャサリン・パウエル大佐(ヘレン・ミレン)は、国防相のフランク・ベンソン中将(アーロン・ポール)と協力して、アメリカ軍の最新鋭のドローン偵察機を使い、英米合同テロリスト捕獲作戦を指揮している。 上空6000メートルを飛んでいる空の目であるリーパー無人航空機が、ケニア・ナイロビの隠れ家に潜んでいるアル・シャバブの凶悪なテロリストたちをつきとめる。その映像が、イギリス、アメリカ、ケニアの司令官たちがいる会議室のスクリーンに映しだされるが、彼らが大規模な自爆テロを決行しようとしていることが発覚し、任務は殺害作戦へとエスカレートする。 アメリカ、ネバダ州。米軍基地では、新人のドローン・パイロットのスティーブ・ワッツ(アーロン・ポール)が、パウエル大佐からの指令を受け、強力なヘルファイアミサイルの発射準備に入る。だが、破壊準備に入ったその時、殺傷圏内にパン売りの幼い少女がいることがわかる。 予期せぬ民間人の巻き添え被害の可能性が生じたため、軍人や政治家たちの間で議論が勃発し、少女の命の行方がたらい回しにされる。キャサリンは、少女を犠牲にしてでもテロリスト殺害を優先しようとするが――。

「アイ・イン・ザ・スカイ 世界一安全な戦場」に投稿された感想・評価

Ryoko

Ryokoの感想・評価

4.0
示唆に富んでいる映画だと思う。
目の前で、といっても画面上ではあるけれど、生きている一人の人間を犠牲にするのか、見えないけれど多数の人間を犠牲にするのか。そしてこの重い決断の責任は負いたくないから、自分ではなくて上の者の決断に任せる、という無責任さ。
ボタン1つで簡単に人を殺してしまえる。
もちろん押した側には心的障害は残るだろうが、実際に一人の人間の人生とその家族のこれからが一気に変わってしまうという現実は彼らからすれば画面上のことでしかない。
画面の中の世界で実際に今までの全てが変わってしまった人がいたとしても、画面の外の世界では今まで通りの生活が続く。(きっと大臣はあの後も卓球を楽しんだのだろうし)
酷だなとは思うけれど、これがまるっきり架空の話ではないということもショッキング。
考えるべき点が散りばめられている作品だと思う。

一番最後のAlan Rickmanのセリフもかなり印象強かった。
一発の弾が発射されるまでに
どれだけの議論と決心がなされてどういったシークエンスがあって
どのようや法が適用されて…ってのが描かれていたのが面白かった。
「ドローン・オブ・ウォー」が同じ題材で現場寄りならこっちは政治的・外交的な面を描いたもの…ってところかな。
ヘレンミレンが軍人やってるから見るかっていう動機で観たけど作品として割と満足。
綺麗事で終わらせないラストがシニカルで刺さる
shu

shuの感想・評価

4.0
全く明るい映画ではなく、主演級は誰も全く戦場には赴いてなく、ドローン戦という現在の戦争の話。基本的に主演級は1回も直接会う事なく、戦争映画にも関わらず会議のシーンが多い。最近で言うと「シンゴジラ」が感覚的に近い。「上の許可がないと攻撃できんし~」とか言ってる感じとか全く一緒。普通に緊迫してるシーンが多いし、考えさせられる映画。自分が知らんだけで実際にもこんな事態があるんやろな。役者的にはシリアスなヘレンミレンは初めてかもしれんし、アランリックマンの顔が出るのはこれが遺作やし、アーロンポールがいるし、外務大臣がバイオのアイザックス博士やし、現地工作員がキャプテンフィリップスの海賊やし、色々見所も多い。倫理観が問われる映画。
かれー

かれーの感想・評価

4.0
少しシンゴジラを感じました。どこの国も一緒ってことかな。首相の政治家スキルよ。
Koya

Koyaの感想・評価

4.0
目の前の1つ命を救うか、この先奪われるであろう多くの命を救うのか、こんなものの答えなど誰が分かるのであろうか。ただ劇中の人と同じように自分も気づけば命を数で考えていた。実感がないというのは恐ろしいものだ。
劇中の曲は緊迫感があって非常に良かった。シンゴジラを連想させる、役所間のゴタゴタも見ていて面白かった。
Kenchang

Kenchangの感想・評価

4.0
ケニアで指名手配中のテロリストの潜伏を確認し、いざドローンで爆撃という寸前で、現地の少女が目標付近でパンを売りはじめてしまい…

---

フォロワーさん達の評価が高くて気になっていて、遂に借りてきましたヽ(•̀ω•́ )ゝ

なるほど、納得です笑










【ネタバレ】

すんげい面白い!

戦争映画なのに、ほぼ密室劇です

たくさんの出演者がそれぞれの立場で、それぞれの場所で、それぞれの思惑と感情を持って動いているので、非常に広がりのあるサスペンスになっています

それなのに、みーんなの舞台がまーー遠いので不思議な感じです

そもそもこの距離の非現実感こそが怖いですし、嫌な感じです…

インターネットで物理的な距離がなくなり、血の匂いがしないディスプレイ越しのやり取りで人の生き死にの話し合いが進みます

これが今の戦争のリアルだとしたら、AIにまかせちゃえばいんじゃね?笑

犠牲者数の一番少ない方法を算出してもらってさ、そしたらほら劇中みたいに責任の所在気にしなくていんじゃね?笑

ほんでスカイネットの誕生、みたいな笑

いやでも殺し合いに倫理観持ち込んであーだこーだするんなら、マジAIでいいって(´・ω・`;)

少女を殺したのは誰なんでしょう?

トリガーを握ったパイロットでしょうか?

指示をした大佐でしょうか?

承認をした法務長官でしょうか?首相でしょうか?

煽ったホワイトハウスでしょうか?

フラフープで遊ぶ生前の少女の姿が、不毛なやり取りの上に下された正義の是非について、いつまでも余韻を残しました
Yagi

Yagiの感想・評価

4.0
・一発(結果的にはもう一発)のミサイル発射の是非を問う密室劇がメイン
・サンデルさんの電車の選択的な…
・ドローンパイロット二人の操縦室入室前後の気持ちの落差
・小鳥カメラとか虫カメラとか…
アフリカの某国、標的の自爆テロリストに爆撃すればその近くにいる民間人の少女も被害が及ぶ可能性あり。

遠くの上層部は任務遂行すべきか、少女が死ぬかのモラルで議論となる。よく状況がわかる分、判断する側も遂行する側も責任が伴う。

個人的超名作「ガーディアンズ・オブ・ギャレクシー2」でも敵がシューティングゲームのように無人機で攻撃を仕掛けてきたけど。あながちどこかで起きてる現実なのかもね。

それにしても「breaking bad」のアーロン・ポール。いつも良心の呵責に苦しんでて笑、とても好きな俳優です!
知らない世界とは言え、ここまでリアルなやり取りを見せられると何が正しくて悪いのか…
緊張感は◎後味は△
>|