• Filmarksトップ
  • アイ・イン・ザ・スカイ 世界一安全な戦場の感想・レビュー

アイ・イン・ザ・スカイ 世界一安全な戦場(2015年製作の映画)

Eye in the Sky

上映日:2016年12月23日

製作国:
  • イギリス
  • / 上映時間:102分
    監督
    ギャヴィン・フッド
    脚本
    ガイ・ヒバート
    キャスト
    ヘレン・ミレン
    アーロン・ポール
    アラン・リックマン
    バーカッド・アブディ
    ジェレミー・ノーサム
    イアン・グレン
    あらすじ
    ギリス、ロンドン。軍の諜報機関の将校キャサリン・パウエル大佐(ヘレン・ミレン)は、国防相のフランク・ベンソン中将(アーロン・ポール)と協力して、アメリカ軍の最新鋭のドローン偵察機を使い、英米合同テロリスト捕獲作戦を指揮している。 上空6000メートルを飛んでいる空の目であるリーパー無人航空機が、ケニア・ナイロビの隠れ家に潜んでいるアル・シャバブの凶悪なテロリストたちをつきとめる。その映像が、イギリス、アメリカ、ケニアの司令官たちがいる会議室のスクリーンに映しだされるが、彼らが大規模な自爆テロを決行しようとしていることが発覚し、任務は殺害作戦へとエスカレートする。 アメリカ、ネバダ州。米軍基地では、新人のドローン・パイロットのスティーブ・ワッツ(アーロン・ポール)が、パウエル大佐からの指令を受け、強力なヘルファイアミサイルの発射準備に入る。だが、破壊準備に入ったその時、殺傷圏内にパン売りの幼い少女がいることがわかる。 予期せぬ民間人の巻き添え被害の可能性が生じたため、軍人や政治家たちの間で議論が勃発し、少女の命の行方がたらい回しにされる。キャサリンは、少女を犠牲にしてでもテロリスト殺害を優先しようとするが――。

    「アイ・イン・ザ・スカイ 世界一安全な戦場」に投稿された感想・レビュー

    Ryoko
    Ryokoの感想・レビュー
    2017/01/13
    4.0
    示唆に富んでいる映画だと思う。
    目の前で、といっても画面上ではあるけれど、生きている一人の人間を犠牲にするのか、見えないけれど多数の人間を犠牲にするのか。そしてこの重い決断の責任は負いたくないから、自分ではなくて上の者の決断に任せる、という無責任さ。
    ボタン1つで簡単に人を殺してしまえる。
    もちろん押した側には心的障害は残るだろうが、実際に一人の人間の人生とその家族のこれからが一気に変わってしまうという現実は彼らからすれば画面上のことでしかない。
    画面の中の世界で実際に今までの全てが変わってしまった人がいたとしても、画面の外の世界では今まで通りの生活が続く。(きっと大臣はあの後も卓球を楽しんだのだろうし)
    酷だなとは思うけれど、これがまるっきり架空の話ではないということもショッキング。
    考えるべき点が散りばめられている作品だと思う。

    一番最後のAlan Rickmanのセリフもかなり印象強かった。
    KMD
    KMDの感想・レビュー
    23時間
    3.4
    『予測80人の犠牲者か、確実な少女1人の犠牲か』ってやつ。比較的少女びいきな演出はどうなのか。虫カメラにはビビった。んでやっぱヘレン・ミレン凄い、メリル・ストリープにこの役は出来ない。バーカッド・アブディの顔が個性的過ぎて、ソマリアの海賊にしか見えないわ。さよならアラン・リックマン。
    猫
    の感想・レビュー
    2日
    3.3
    多分、こういう映画(ドローンを用いた攻撃)を初めて観た人達には
    凄い映画だと思えたと思います。 
    けれどその半年以上前に
    『ドローン・オブ・ウォー』を観ていた私には
    少し二番煎じ的な映画に思えたし、
    現場の個人個人の苦悩がそれほど伝わらず、消化不良でした。

    まずもって、あの役
    ヘレン・ミレンでなければいけなかったのか?と。
    とってももったいなかったです。
    彼女の役者としての凄さが、全く表現されていない。
    官僚のやりとりは『シン・ゴジラ』を思い出しました。
    確かにあの会議室でのシーンは
    いったい、誰が
    正しい?ことを言っているのか?
    あの場面で
    何が一番、適切なことなのか?
    保身や信念や責任や…
    なんだかんだが渦巻いて
    多少の見応えはありましたが…

    全体的には
    『ドローン・オブ・ウォー』の方が粗いけれど、イーサン・ホークの苦悩がよく見えた分、心に残りました。

    この映画
    自分にとっては
    (『ドローン・オブ・ウォー』+『シン・ゴジラ』+『ある戦争』)÷3
    かな…
     2017.01.15 TOHOシネマズ名古屋ベイシティにて鑑賞
    hk
    hkの感想・レビュー
    3日
    3.1
    2017/1/14
    記録
    克己
    克己の感想・レビュー
    5日
    4.1
    観ていると命の重さがよく分からなくなる作品。
    これを観るとマーベルやDCのヒーローが見境無く破壊しまくる作品が滑稽に感じる。
    もつ
    もつの感想・レビュー
    5日
    4.0
    いやぁ緊迫感すごい。
    ヘレン・ミレン見に行ってアラン・リックマンにも会えた。
    hiromen
    hiromenの感想・レビュー
    2017/05/15
    3.5
    緊張して怒り、呆れ、悲しい、いろんな気持ちになって観た
    「言ってることは間違ってないけど、何を目的とするかを見失う気持ち悪さ」は戦場に限らずよくある
    最後に、こんなことを続けていても連鎖するのではという想像もしてひんやりとした
    さや
    さやの感想・レビュー
    2017/05/14
    4.2
    苦しい
    TsutomuZ
    TsutomuZの感想・レビュー
    2017/05/14
    3.7
    視点の映画。
    観客を実行者、証言者そして共犯者にさせてしまう。
    これぞサスペンス、吊られたままで何もできない。
    ヒッチコックの裏窓と同じ手法。

    それぞれの立場から「邪魔」をするのも、視点の映画とも言えるのでは?

    パンを食する同じ釜の飯の娘の命が祖国を裏切った同胞よりも大事なのは、プロパガンダ、情報戦の時代だから。

    恥ずべき作戦と言うのなら、少女の命を弄ぶエンターテイメントを恥ずべきと言うべきか。

    会議は踊る シンゴジラ を連想しながら鑑賞。

    実行者も女性、犠牲者も女性というのが、現代。
    >|