• Filmarksトップ
  • アイ・イン・ザ・スカイ 世界一安全な戦場の感想・レビュー

アイ・イン・ザ・スカイ 世界一安全な戦場(2015年製作の映画)

Eye in the Sky

上映日:2016年12月23日

製作国:
  • イギリス
  • / 上映時間:102分
    監督
    ギャヴィン・フッド
    脚本
    ガイ・ヒバート
    キャスト
    ヘレン・ミレン
    アーロン・ポール
    アラン・リックマン
    バーカッド・アブディ
    ジェレミー・ノーサム
    イアン・グレン
    あらすじ
    ギリス、ロンドン。軍の諜報機関の将校キャサリン・パウエル大佐(ヘレン・ミレン)は、国防相のフランク・ベンソン中将(アーロン・ポール)と協力して、アメリカ軍の最新鋭のドローン偵察機を使い、英米合同テロリスト捕獲作戦を指揮している。 上空6000メートルを飛んでいる空の目であるリーパー無人航空機が、ケニア・ナイロビの隠れ家に潜んでいるアル・シャバブの凶悪なテロリストたちをつきとめる。その映像が、イギリス、アメリカ、ケニアの司令官たちがいる会議室のスクリーンに映しだされるが、彼らが大規模な自爆テロを決行しようとしていることが発覚し、任務は殺害作戦へとエスカレートする。 アメリカ、ネバダ州。米軍基地では、新人のドローン・パイロットのスティーブ・ワッツ(アーロン・ポール)が、パウエル大佐からの指令を受け、強力なヘルファイアミサイルの発射準備に入る。だが、破壊準備に入ったその時、殺傷圏内にパン売りの幼い少女がいることがわかる。 予期せぬ民間人の巻き添え被害の可能性が生じたため、軍人や政治家たちの間で議論が勃発し、少女の命の行方がたらい回しにされる。キャサリンは、少女を犠牲にしてでもテロリスト殺害を優先しようとするが――。

    「アイ・イン・ザ・スカイ 世界一安全な戦場」に投稿された感想・レビュー

    Ryoko
    Ryokoの感想・レビュー
    2017/01/13
    4.0
    示唆に富んでいる映画だと思う。
    目の前で、といっても画面上ではあるけれど、生きている一人の人間を犠牲にするのか、見えないけれど多数の人間を犠牲にするのか。そしてこの重い決断の責任は負いたくないから、自分ではなくて上の者の決断に任せる、という無責任さ。
    ボタン1つで簡単に人を殺してしまえる。
    もちろん押した側には心的障害は残るだろうが、実際に一人の人間の人生とその家族のこれからが一気に変わってしまうという現実は彼らからすれば画面上のことでしかない。
    画面の中の世界で実際に今までの全てが変わってしまった人がいたとしても、画面の外の世界では今まで通りの生活が続く。(きっと大臣はあの後も卓球を楽しんだのだろうし)
    酷だなとは思うけれど、これがまるっきり架空の話ではないということもショッキング。
    考えるべき点が散りばめられている作品だと思う。

    一番最後のAlan Rickmanのセリフもかなり印象強かった。
    恵雅樹MowHenry
    恵雅樹MowHenryの感想・レビュー
    1日
    4.3
    ●'17 4/1〜7&11〜14単館公開
    ※4/8〜10機器整備の為、休館
    ('16 12/23〜先行公開: TOHOシネマズシャンテ)
    (全国主要都市等: 17 1/14〜公開)
    配給: ファントム・フィルム
    提供: ファントム・フィルム/ハピネット
    ワイド(PANAVISION/シネスコ) DOLBY SURROUND 7.1
    4/13 19:30〜 メトロ劇場にて観賞
    DCP上映 LPCM
    パンフ未購入
    ※映写位置が悪い為、画面上及び左右に黒味有り、画面下が切れ気味。

    近い未来にテロに狙われる可能性のある人々を守る為に、一人の少女を見殺しにするか?
    一人の為に、大勢を危険な立場に追い込むか?という究極の選択を時間制限で決めなくてはいけない。
    状況がドンドン変化するので、かなりハラハラする。
    実際に攻撃のトリガーを引く兵士の葛藤なども分かりやすいくらいに伝わった。
    イギリスの政治家でおばちゃん代表みたいなご婦人の発言には納得するところは有ったものの、当人としては「ホントはそうではないことも重々承知だわ」感がとても良く伝わってきた。
    所謂、ドローンってあそこまで進化したのか?
    Shiren
    Shirenの感想・レビュー
    1日
    4.0
    ・アラン・リックマンの遺作で傑作の軍事サスペンス映画。本来なら昨年末公開の映画なのに当地方では4月公開。もうちょっと早めの公開をお願い致します。(泣)
    ・自爆テロを企てるテロリスト集団を殲滅すると罪の無い少女を確実に巻き込みますよ。あなたならどうする?という倫理学のトロッコ問題を題材にしたような映画。
    ・作戦を遂行するほぼ全員がスクリーンを観ながら判断しているので、映画を鑑賞しているこちら側とシンクロしているように錯覚してしまう。ドキドキ感がハンパ無い。
    ・政府の首脳陣が責任を取りたくなくて徹底的に最終的な判断を避けまくるのもイライラするが、それよりも少女と両親はテロ組織が制圧している地域に仕方なく居住はしているが、全然狂信的な考え方はしていませんよという設定がなんとも哀しく、鑑賞後にかなり色々な事を考えずにはいられない。
    ミヨシ
    ミヨシの感想・レビュー
    2日
    -
    スイッチを押す側と、それに巻き込まれる側、そのどちらの立場にもなり得ることに恐怖を感じる。
    shibamike
    shibamikeの感想・レビュー
    3日
    3.0
    こんなにハイテクなのか。
    natsuno
    natsunoの感想・レビュー
    3日
    5.0

    このレビューはネタバレを含みます

    大好きなコリンファースがプロデュースということで観たけど、事実を伝える映画として貴重な一作品だった

    1人の少女の命を諦めるか、自爆に巻き込まれるかもしれない街の80人を見過ごしにするか。
    英米軍の攻撃で民間人を犠牲にすれば国際社会の非難は避けられない、それならばテロリスト集団による自爆事件としてそのまま放ってプロパガンダに勝てる。そういう議論が出た時に、あぁもはや犠牲にされる命はカズでしかないんだと悲しくなった。そこで意思決定する人たちだけの責任ではないけれど。

    現代の戦争の複雑さと容易さ、凄まじい。関わる人誰もが決断を下したくないような戦争を続けなければいけない世界は、本当に異常
    けんさん
    けんさんの感想・レビュー
    4日
    3.8
    平成29年(2017年)4月22日(土)
    於:八丁座 弐
    評価:④
    *緊張感があり、なかなかでした。ただ、何故寝ているのか隣の鼾には参りました😵
    にこぺ
    にこぺの感想・レビュー
    2017/04/15
    -
    分かり易いサブタイトルくっつけてくれたわね〜(笑)
    去年逝ってしまったアラン・リックマンの遺作です。
    緊張の糸が張りっぱなしの102分。
     
    いやもう、その少女が最初に登場した時点で嫌な予感がするわけです。
    もちろんそういう映画を観に行ってるんだから当たり前なんですけど。
     
    作戦を練っているのは英国ロンドン。
    ヘレン・ミレンのパウエル大佐が率いるチームで、長年追っているテロリストを捕獲する作戦を展開中。
    監視の為にドローンを飛ばしているのはアメリカのネバダ。そして監視されているのはケニアのナイロビ。
    作戦を実行したいパウエル、でも承認がないと実行できない。
    作戦を見守る幹部たちでは判断つかず外務大臣やら首相やら、誰がどう判断するのか?その間にも状況は変わっていく。
    ロンドンとネバダと首相や外相の外遊先やらへ判断先が点々と移動するイライラを存分に楽しんだのでした。
    「キャプテン・フィリップス」で海賊役をやっていたバーカッド・アブディが
    相変わらずいい目の光を放って好印象。
    2017/1/19
    その甲虫型ドローン、欲しいわあ。
    リョウ
    リョウの感想・レビュー
    2017/04/15
    4.2
    しっかり中立の立場をとり描かれた映画。価値観の押し付けがなかったところが好感。映画館で観ないと魅力半減です。
    chikurin
    chikurinの感想・レビュー
    2017/04/11
    3.0
    ある意味、ヒーローものなんだよな。
    >|