アイ・イン・ザ・スカイ 世界一安全な戦場の作品情報・感想・評価

アイ・イン・ザ・スカイ 世界一安全な戦場2015年製作の映画)

Eye in the Sky

上映日:2016年12月23日

製作国:

上映時間:102分

3.9

あらすじ

ギリス、ロンドン。軍の諜報機関の将校キャサリン・パウエル大佐(ヘレン・ミレン)は、国防相のフランク・ベンソン中将(アーロン・ポール)と協力して、アメリカ軍の最新鋭のドローン偵察機を使い、英米合同テロリスト捕獲作戦を指揮している。 上空6000メートルを飛んでいる空の目であるリーパー無人航空機が、ケニア・ナイロビの隠れ家に潜んでいるアル・シャバブの凶悪なテロリストたちをつきとめる。その映像が、イ…

ギリス、ロンドン。軍の諜報機関の将校キャサリン・パウエル大佐(ヘレン・ミレン)は、国防相のフランク・ベンソン中将(アーロン・ポール)と協力して、アメリカ軍の最新鋭のドローン偵察機を使い、英米合同テロリスト捕獲作戦を指揮している。 上空6000メートルを飛んでいる空の目であるリーパー無人航空機が、ケニア・ナイロビの隠れ家に潜んでいるアル・シャバブの凶悪なテロリストたちをつきとめる。その映像が、イギリス、アメリカ、ケニアの司令官たちがいる会議室のスクリーンに映しだされるが、彼らが大規模な自爆テロを決行しようとしていることが発覚し、任務は殺害作戦へとエスカレートする。 アメリカ、ネバダ州。米軍基地では、新人のドローン・パイロットのスティーブ・ワッツ(アーロン・ポール)が、パウエル大佐からの指令を受け、強力なヘルファイアミサイルの発射準備に入る。だが、破壊準備に入ったその時、殺傷圏内にパン売りの幼い少女がいることがわかる。 予期せぬ民間人の巻き添え被害の可能性が生じたため、軍人や政治家たちの間で議論が勃発し、少女の命の行方がたらい回しにされる。キャサリンは、少女を犠牲にしてでもテロリスト殺害を優先しようとするが――。

「アイ・イン・ザ・スカイ 世界一安全な戦場」に投稿された感想・評価

Ryoko

Ryokoの感想・評価

4.0
示唆に富んでいる映画だと思う。
目の前で、といっても画面上ではあるけれど、生きている一人の人間を犠牲にするのか、見えないけれど多数の人間を犠牲にするのか。そしてこの重い決断の責任は負いたくないから、自分ではなくて上の者の決断に任せる、という無責任さ。
ボタン1つで簡単に人を殺してしまえる。
もちろん押した側には心的障害は残るだろうが、実際に一人の人間の人生とその家族のこれからが一気に変わってしまうという現実は彼らからすれば画面上のことでしかない。
画面の中の世界で実際に今までの全てが変わってしまった人がいたとしても、画面の外の世界では今まで通りの生活が続く。(きっと大臣はあの後も卓球を楽しんだのだろうし)
酷だなとは思うけれど、これがまるっきり架空の話ではないということもショッキング。
考えるべき点が散りばめられている作品だと思う。

一番最後のAlan Rickmanのセリフもかなり印象強かった。
はる

はるの感想・評価

3.3
大きな動きがあるわけではなかったのに、緊迫感があった。
あすか

あすかの感想・評価

3.9
女の子の存在が、記号のように扱われるお話。パーセンテージがどうであれ免罪符にはならないはずなのに。安全な場所にいる人たちの偽善性が最後まで強調されてて滑稽だった。パンを売っているのが女の子じゃなかったらお話はどうなっていたのでしょう。
とはいえ現実で起こっていることはもっと冷酷非道だろうな。それを思うと本当にしんどい。
戦争は矛盾すべてに目をふさいで人殺しを正当化するものです。

お話の中に出ていた、誰が殺す主体になるのか、という議論はすごく納得できた。それが救いだった。感情だけで同じ土台に立っちゃだめ。

このレビューはネタバレを含みます

上に指示されるがままに本人の意志とは関係なく従う…のがこういった組織かと思ったけど、自分の意志考えを貫いて上司に意見する姿。
本当にそのとおり、立派だった。

眼の前の少女の命か、
予想でしかない失われるであろう80の命か…
またその80の中には少年少女も予測される

本当に難しいと思った。緊迫感の中で、誰もが責任を誰かに求め、いつまで経っても結論が出ない。刻一刻と事態は変わる。
それぞれの想いや願い。任務遂行の為の一人の命の価値。

戦争ものは怖くて見られず、安全という邦題で軽い気持ちで見た映画だったけど、見て、知って、考える機会を得た。
見てよかった。
コタケ

コタケの感想・評価

3.5
虫型ドローン強い
Kirocu

Kirocuの感想・評価

3.5
序盤は少々冗長だが、だんだん緊迫感が増してくる。
ひとつの事案で最後までいくのかと思って観てたけど、最後まで緊張が途切れずいい映画だった。
戦争自体がTVゲームみたいになって、人を殺す実感がなくなっていくのが怖い。
AiHorie

AiHorieの感想・評価

3.8
誇りを持たないとやっていけない仕事
>|